1

【韓国】法務法人ハンギョル、’不動産法律AIセンター’開所

法務法人ハンギョル、’不動産法律AIセンター’開所
不動産登記権利分析ソリューション高度化
ホン・スジョン記者soojung@lawtimes.co.kr 入力:2021-02-10午後2:26:07

法務法人ハンギョル一層(代表弁護士ソン・トゥファン)は8日’不動産法律AIセンター(センター長カン・テホン)’を発足してソウル、鍾路区(チョンノグ)教保(キョボ)ビルディングで開所式を開催した。

アン・シク(57・司法研修院29期)ハンギョル代表弁護士は”不動産法律AIセンターを開所することによってハンギョルの法律AIアジェンダである’法律サービスの大衆化’により集中できる安定した人的・物的インフラを構築することになった”と話した。

ハンギョルは2019年9月SKと提携して開発した’不動産登記権利分析ソリューション サービス’を発売した。これに伴い、不動産プラットホームなどに約20万件の不動産登記権利分析報告書を提供してきた。

‘不動産登記権利分析ソリューション’は登記簿上の権利関係を分析して誤って記載された登記エラーを捜し出す機能を備えていて、民間と公共分野で皆で活用されることができるサービスだ。

カン センター長は”不動産法律AIセンターが高度化された不動産登記権利分析ソリューションを用意して、登記手続きに必要とされる資源を大幅に短縮させる次世代電子登記システムを開発して国民の便益を増大させるだろう”と話した。

一方、ハンギョルは不動産法律AIセンター発足に合わせて、韓国住宅金融公社監査室長と金融アカデミー所長等を歴任したイ・ウォンベク専務を迎え入れた。
ハンギョル関係者は”イ専務は豊富な実務経験とネットワークを基にセンターの専門性強化のために立派な力量を発揮するだろう”と話した。

【出典】韓国/法律新聞
https://www.lawtimes.co.kr/Legal-News/Legal-News-View?serial=167950&kind=AN01




【韓国】’コロナ19’と’人工知能’は法廷をどのように変えるか?

‘コロナ19’と’人工知能’は法廷をどのように変えるか?
真実TV キム・ソンミン(icarus@ifm.kr) 
作成日:2020-05-22,修正日:2020-05-22

[法サゼッション]’ニューノーマルと裁判’ -オム・ユンサン 法務法人ドリーム弁護士

[京仁(キョンイン)放送=キム・ソンミン記者]
■放送:京仁(キョンイン)放送ラジオ<キム・ソンミンのサゼッショントピック>
■進行:キム・ソンミンPD
■インタビュー:オム・ユンサン 法務法人ドリーム弁護士
◆キム・ソンミン:’法で見るサゼッション’時間です。
法務法人ドリームのオム・ユンサン弁護士が来られています。
今日はどのような話を交わしましょうか?

◇オム・ユンサン:コロナ19以後非対面サービスが人気です。
最近電話で診療や処方等をする遠隔医療許容の有無が議論になっているんですが。法曹界もコロナ19以後非対面サービスに対する関心が高まっています。今日はこのような非対面サービスと関連して遠隔映像裁判、電子訴訟、人工知能等が今後法曹界にどのような影響を及ぼすことになるかに対して調べてみる時間を持ってみるようにします。

◆キム・ソンミン:コロナ19は人々の日常はもちろん産業現場にも大きい変化をもたらしましたよ。
法曹界も伝染病予防と拡散を防いで国民の司法サービスへのアクセス権を保障して各種紛争も解決しなければなりません。この過程で情報通信技術(ICT)を活用したアンタクト(Untact)システムが脚光を浴びているというお言葉ですね。それでは代表的な事例を説明してくださいますか?

◇オム・ユンサン:国際仲裁業務を例にあげることができます。国際仲裁業務が従来では仲裁人と事件代理人が飛行機に乗って仲裁国へ渡って直接向かい合って主張する方式でなされていましたが。最近はコロナ19で国家間移動まで難しくなったじゃないですか? そうしたら国際仲裁業務が麻痺する事態を防ぐためにパネル全員が各国にある自身の事務室でノートブック等の電子機器を利用して審理に参加する‘画像仲裁(Virtual arbitration)’が試みられています。この前、大韓商事仲裁院国際仲裁センターが開催した初めての画像仲裁模擬審理(Mock hearing)には全世界30余か国の専門家たちが接続するほど国際的関心を集めたし、各国仲裁機関から問い合わせもあふれているといいます。アンタクト方式は伝染病感染の憂慮がなくて便利なだけでなく費用まで画期的に減らすことができます。IT強国である我が国はすでに十分な関連インフラが用意されているという点も強みです。すでに主なローファームではテレビ会議と遠隔ウェッブセミナーである‘ウェビナ’を活発に活用していて、ロースクールもリアルタイム オンライン講義を継続しています。伝染病事態が終息してもコロナ19のような強力な伝播力を持つ伝染病がさらに頻繁に出現するという観測のために以前と同じ日常に戻ることは難しいと考えられます。したがって新しい時代にふさわしい‘アンタクトニューノーマル’を用意しなければなければならないと考えます。

◆キム・ソンミン:我が国はすでに遠隔映像裁判に関する法律があると聞いていますよ。大法院は4月7日に弁論準備手続きを‘映像裁判’で進行できる明確な法的根拠を用意する内容の民事訴訟規則改正案を立法予告しましたが。このような遠隔映像裁判に対して説明お願いします。

◇オム・ユンサン:1995年に制定された遠隔映像裁判に関する特例法は裁判官・当事者・証人等の裁判関係人が交通の不便等で法廷に直接出席しにくい場合に動画および音声を同時に送信・受信する装置が完備した他の遠隔地の法廷に出席して裁判を進めるために作られた法律です。そしてこの法律上遠隔映像裁判の適用範囲はすべての事件ではなく、小額事件審判法の適用を受ける民事事件と和解・督促および調停に関する事件、20万ウォン以下の罰金または拘留や過料に処する即決事件等の市・郡法院の管轄事件に限定しています。最近、大法院は災難等の状況でも国民の裁判を受ける権利を保障することができるように遠隔映像裁判方式で弁論準備期日を開くための要件および手続き等を定めるために民事訴訟規則一部改正規則案を立法予告しましたが。主要内容は裁判長等が期日他で当事者と一定の協議をする場合、インターネット画像装置を利用することができるようにして、裁判長等がすべての当事者の同意を得てインターネット画像装置を利用して弁論準備期日を開けるようにするものです。

◆キム・ソンミン:現在までは遠隔映像裁判を受けることができるのも一定の事件に限って認められて、大法院が立法予告した事項も弁論期日に関することでなく弁論準備期日に対する事項ですね。ところで最近ソウル回生法院は所属判事会議を通じて遠隔映像裁判活用開始を決めたし、一部裁判期日を除いた多くの期日に映像裁判がなされる展望と言ったのですよ。これに対しても説明お願いします。

◇オム・ユンサン:回生法院が遠隔映像裁判進行方針を出したことは今回が初めてですが。ソウル回生法院は先月中旬、法院内に映像裁判尋問室二か所を作ったし、今月までに4個の映像裁判尋問室を追加で完工して一部の裁判期日を除いた多くの期日に映像裁判を活用するといいます。映像裁判活用が決定された以後、現在まで破産の宣告、利害関係人尋問、代表者尋問等の合計3回の映像裁判が進行されました。回生法院関係者は“関係者集会等の多数の利害当事者が参加する期日では映像裁判活用が不可能なこと”としながらも“このような状況を除くならば映像裁判をできるだけ広く適用しようと思う”と話しました。

◆キム・ソンミン:多様な期日に映像裁判を活用するという回生法院の今回の方針は他の法院の先の勧告と適用範囲が違うようですが?

◇オム・ユンサン:コロナ19拡散傾向が大きかった去る3月にソウル高等法院は弁論準備手続きに限り映像裁判を活用しなさいと所属民事裁判部に勧告したし、ソウル中央地方法院もまた民事裁判の弁論準備手続きに映像裁判方式を使うことを勧告したことがあります。ソウル高裁とソウル中央地方法院では刑事裁判を除いた民事裁判の一部過程にだけ映像裁判が活用可能な反面、回生法院では裁判過程の大部分に活用されることができるようになりました。

◆キム・ソンミン:現在すべての産業がIT技術の発展と足並みをそろえて非対面サービスで領域を拡張させている状況で法律市場もこのような変化に足並みをそろえる必要があり、すでに電子訴訟もなされていますが、現在の法律市場の準備はどの程度かですか?

◇オム・ユンサン:現在、法律業務市場のうち特に訴訟の業務分野の場合、ほとんどのクライアントが知人の紹介や広告のためのブログ、ホームページ等で情報を得てオフライン形態の弁護士事務室を訪問して対面相談を進めて委任契約を締結してはじめて弁護士が訴訟の業務手続きを進める典型的な‘対面サービス’形態を維持しています。2018年司法年鑑によれば毎年法院受付事件中約5%程度だけが弁護士の助けを受けて手続きを進行していて、約95%は弁護士の助けを受けることなく当事者が直接進めるいわゆる‘私一人で訴訟’をしていることと出ています。2010年4月に初めて施行された‘電子訴訟’は国民がより容易で早く訴訟を進行できるシステムで実際の民事訴訟の大部分で利用されています。このような電子訴訟はあえて法院を直接訪ねて行ったり文書を出力して紙文書を受け付けたりしなくても電子で訴状および書面を受付できて利用することができ本当に便利な方式です。ところで、一般国民の場合、使用方法や訴訟の手続き全般を理解して電子訴訟システムを活用することは事実上難しいです。結局、電子訴訟使用者の大部分が弁護士という点でまだ非対面サービスに対する対応が遅い方だと申し上げることができます。

◆キム・ソンミン:ところで‘私一人で訴訟’比率が95%にもなる主な理由は何でしょうか?

◇オム・ユンサン:法律業務の消費者と供給者が会える時間的・場所的限界、消費者と供給者の間の訴訟費用に対するギャップがとても大きい状況に起因すると考えられます。需要者である国民の立場では日常で必要な法律業務を受けようと思う需要は常に存在してきたが、適正な価格の弁護士法律業務がアクセス可能でなくて、あえて法的助けを求めないであきらめてしまう場合が相当多かったです。消費者は最大限安い料金で法律業務を提供されることを望む反面、供給者は一定の金額以上を受けることを望んでその中間領域帯の法律業務は不法的に事務長が処理したり、類似職域における地下市場で埋められている実情です。

◆キム・ソンミン:現在の弁護士数が相当多くなって弁護士費用にも変化がおきなかったんですか?

◇オム・ユンサン:供給者である弁護士の立場でも弁護士数が現在ほとんど3万人に肉迫するにつれ需要供給の法則上受託料価格の下落圧迫を受けるが、事務室賃貸料と事務職員人件費など所要費用を考慮すれば法律市場での1件当り受任金額に対してマジノ線[仮訳者注:最後の防衛戦]が存在する状況です。このような状況で需要と供給原則で価格競争力を備えるための代表的な方法が非対面サービスと考えられて、デジタル環境に最適化された非対面サービスの拡大は法律市場の業務環境改善だけでなく報酬の面で停滞している法律業務市場における新しい突破口になると見られます。

◆キム・ソンミン:大法院が次世代電子訴訟システム構築に突入したというんですが。デジタル法院実現に向けビッグデータ分析基盤システムを構築してクラウド インフラを電撃導入して、分散した裁判事務データベース(DB)を統合して圏域DBインフラも構築するといいます。これに対して説明お願いします。

◇オム・ユンサン:韓国裁判事務・電子訴訟システムは1999年以後大きい変化がなかったのです。これによってシステム複雑度が深刻で老朽化と非標準で新技術等を受け入れることができないという限界に直面しました。次世代電子訴訟システム構築事業は最新ICT技術導入を通じて司法アクセス性を拡大するためで、別名スマート法院4.0プロジェクトと呼ばれていますよ。法院行政処計画によれば2024年サービス開始を目標に約2500億ウォンが投入されるといいます。このために次世代電子訴訟推進団を設けたし、今年本格的なシステム転換に着手します。
現在の裁判事務・電子訴訟システムは95個のシステムが散発的に開発・運営されていますが、システム間の数百個に及ぶ呼び出し関係が存在して頻繁な障害が発生して原因解決も難しいです。法院電子訴訟ホームページでサーバー過負荷防止のために提出ファイル容量を10メガバイトに制限していて、これによって多くの訴訟関係人の民願が提起されている実情です。このような問題点を解決するためにまずクラウド基盤インフラに切り替えて電子訴訟サービス障害を最小化するといいます。大容量電子文書の高速流通を通じて使用者便宜性を最大化して、老朽化した裁判事務システムシステムも全部改善するといいます。

◆キム・ソンミン:特に現在の電子訴訟時に書類提出することが複雑だというんですが。このような部分も改善されますか?また、モバイル電子訴訟サービスも導入しますって?

◇オム・ユンサン:そうです。
現在の機関訪問発行またはインターネット発行後スキャンして提出する電子訴訟登録方式を司法情報共有センターを通じて電子的訴訟書類連係を可能にする方針といいます。事業が完了すれば国民は現在12個に分けられた司法情報チャネルを単一化した‘司法統合民願ポータル’を通じて法院を訪問せずとも各種書類をオンラインで発給を受けることができるようになるといいます。モバイル電子訴訟サービスも商用化する計画ですが。今後モバイル サービスは訴状、各種申請書など文書提出と諸証明発行が可能なようにサービスを拡大してインターネット電子訴訟と同じ機能を提供するようにプラットホーム高度化作業を推進するといいます。

◆キム・ソンミン:このような変化によって今後裁判を受ける国民の便宜と裁判の透明性が高まる契機になりそうですね。

◇オム・ユンサン:人工知能(AI)を活用したチャットボットが24時間訴訟手続きから事件進行状況を案内する‘知能型私一人で訴訟’も導入されて、判決文など情報公開拡大のための‘司法情報公開ポータル’ではキーワードいくつかで判決文を手軽に検索できて国民の便宜と裁判の透明性が大幅に高まると期待されます。また、法廷出席が難しい訴訟関係人のための映像裁判も拡大するというので私たちの法律環境の急激な変化が予想されます。

◆キム・ソンミン:このような次世代電子訴訟システム高度化のために大法院は人工知能(AI)、ビッグデータなど最先端未来技術を大挙採択するというんですが。裁判官の業務処理方式にも変化がおきますね?

◇オム・ユンサン:ビッグデータ基盤AIシステムを導入するなど各種業務処理を知能化・自動化して裁判官等の司法府構成員の業務負担と事件処理期間も減らしていく予定といいます。AIが訴訟記録を分析した後に争点を抽出して、判決文作成段階では類似の事件判決推薦から判決文形式草稿まで提供する方式で裁判官が事件審理と判決にだけ集中することができるようにするということです。AIは訴状の欠陥を自動でチェックして住所補正段階を司法情報共有センターを通した情報連係に変える機能まですることになるといいます。現在、住所補正命令だけで年間64万件程度発令されていますが、このようになれば時間と費用浪費を大幅に減らすことができると期待されます。ともかくも‘非対面サービス要求’という司法環境の変化によって法曹界にも広範囲な変化が予想されますが、この変化がひたすら国民に向かっているよう願います。

◆キム・ソンミン:本日はお話しありがとうございます。ここまでオム・ユンサン弁護士でした。

キム・ソンミンicarus@ifm.kr

【出典】韓国/京仁(キョンイン)放送
http://www.ifm.kr/news/279969




【韓国】人工知能を使った契約締結時の消費者保護

人工知能を使った契約締結時の消費者保護
キム・ジンウ教授(韓国外大ロースクール) 入力:2020-01-02午後2:07:11

I.はじめに
使用者のために一定作業を自律的に遂行できて第三者に対し使用者に代わって周辺環境と相互作用することができる一定範囲の知能を持つコンピュータプログラムをよく’知能型エージェント(intelligent agent)’というがその本質は人工知能だ。

人工知能はビッグデータを基にディープラーニング・マシンラーニング形態で学習能力を持つという点で伝統的なアルゴリズムと決定的に異なる。人工知能は取り引きと関連して人間より実用的に意思決定ができるので今後その使用がより一層増加するだろう。

本文は人工知能を使って事業者と消費者の間に契約(B2C契約)が締結される時に発生する二種類の主要問題である約款の編入および情報提供義務について調べる。

Ⅱ.約款の編入
1.意思表示の帰属
知能と自律性がない自動システムは決まったアルゴリズムに盲目的に従うのでその表示は常に使用者の表示だとしなければならない。すると自律的判断をする人工知能は自身の表示をすると見るだろうか?

人工知能を使った契約締結では人工知能が表示の内容を自律的に定めて契約相手方も選択する。しかし現行法上人工知能は法人格がないので代理法理を適用することはできない。人工知能に対し法人格が付与されるならば(‘電子人’制度)代理法理の適用を通じて意思表示の帰属問題を処理することができる。

そういう立法があるまで人工知能使用者は自身の行動半径を広げるために人工知能を使ったものであるから人工知能の表示は使用者に帰属すると立論するほかはないだろう。

2.人工知能を使った契約における約款編入問題
当事者の間に直接的なコミュニケーションが成り立つインターネットを通した一般的な契約締結では良く目につくリンクを通じて事業者のウェブサイトにある約款および重要条項に対する説明文を消費者がダウンロードできる方式で約款の明示・写本交付・説明義務が履行されることがある。

しかし人工知能を使った契約締結は非対面取り引きであり契約当事者の間に直接的なコミュニケーションが成り立たない。また、消費者が人工知能を使う場合には事業者が約款法第3条第2項の要件である’契約を締結する時に顧客に約款の内容を明確に明らかにして重要内容を説明すること’が不可能だ。

すると人工知能を使った契約締結は約款の編入なしで成り立つと見るべきか?これは否定されなければならないだろう。一方で事業者は約款編入による契約締結に対する正当な利益を持って他の一方で人工知能を使った契約締結でも消費者保護の必要性が相変らず存在するためだ。

3.消費者側が人工知能を使う場合
消費者側が契約締結にアレック社(Alexa)のような人工知能スピーカーを使う場合、約款の編入要件はどのようにみたされるか?人工知能を使った契約締結で消費者は契約締結に直接関与しないで関与しようとすることもない。

そういう状況で約款の明示・写本交付・説明義務の履行のために事業者が契約締結時に消費者に追加で接触するように要求することはできない。約款法が上の義務を規定したことは消費者の約款内容に対する認知の可能性を保障して契約の締結の有無を決めるのに助けになるためだ。

したがって消費者は遅くとも契約を締結する時までは約款内容に対する認知の可能性を持たなければならない。しかし契約締結に人工知能が使われればこれが不可能だ。消費者はせいぜい契約締結後で約款の内容が分かるので事業者は’契約を締結する時に’消費者に約款の内容を明らかにしなければならないという約款法第3条第2項を遵守できなくなる。

だが、人工知能が約款の内容を把握することのできない危険はその使用者である消費者が負担しなければならない。消費者が約款を読まなかったり皮相的だけで読んでも約款が契約に編入されるような脈絡でだ。

人工知能が使われた契約締結では人工知能が約款と約款の重要内容に対する説明文をダウンロードして保存できると消費者の認知の可能性が肯定されて同時に明示・写本交付・説明義務が全部履行されて約款の契約への編入に関する同意もあると見なければならない。

Ⅲ.情報提供義務
1.消費者が人工知能を使う場合の情報提供の相手方
現行法上人工知能の行為は全部その使用者である消費者に帰属しなければならないので事業者は消費者はもちろん消費者の人工知能に対し情報を提供しても関係ないだろう。

2.情報提供義務違反の効果
人工知能を使って財貨やサービスを販売する事業者は通信販売業者に該当するので契約締結前に多様な’取り引き条件’に関する情報と事業者の’身元’に対する情報を消費者に提供しなければならない。しかし消費者が人工知能を使う契約で事業者の契約締結前情報提供義務の履行は容易ではない。

例えばアレック社による注文手続きは消費者が代金支給を確認する程度で簡略に形成されていて電子商取引法が要求する情報提供義務を履行できない。アレック社にはディスプレイがなくて情報を視覚的に表示することもできない。

それによりアマゾン(Amazon)は情報提供義務違反に対する電子商取引法にともなう行政処分や刑事的制裁(第31条以下、第43条、第45条)を受ける危険に直面している。

情報提供義務を不履行しても私法的にはすでに成立した契約の有効性に影響を及ぼさないけれど消費者撤回権の起算に影響を与える(電子商取引法第17条第2項)。結局事業者の見解で情報提供義務不履行の民事法的効果は撤回権の行使期間を事実上延長してすでに成立した通信販売を危険にすることがある。

3.情報提供義務の具体的履行
消費者が取り引きにアレック社を使う場合、アマゾンは消費者と直接接触しないで消費者のアレック社と接触することになる。問題はこの場合に事業者が契約締結前情報提供義務をどのように履行できるかという点だ。また、事業者が具体的にいつまでに情報提供義務を履行しなければならないかも疑問だ。

消費者は意思決定に対する疲労から抜け出そうと契約締結を彼の人工知能に任せて人工知能は単に契約の成功の有無だけを消費者に知らせる。したがって事業者が契約締結前に消費者に情報を提供するのは事実上ほとんど不可能だ。

しかし情報提供義務の不履行に対しては制裁が伴うことがある。そういう制裁は事業者の義務履行を不可能にした側は消費者という点を考えれば不合理だ。するとこのような不合理を解決できる方案は何か?

人工知能を使う消費者は事業者が提供する情報の認知をあきらめたものということができる。消費者の認知欠如を彼の負担にするのかでなければ事業者の負担にするのかは誰がこれに対する原因を提供したかにより区別されなければならない。

ここで重要な意味を持つのは技術発展状況、人工知能の普及程度および義務的情報の標準化とそれの普及程度だ。すなわち人工知能が比較的珍しく使われて技術的標準が不足した場合、人工知能が技術的に法律が要求する情報を完全には理解できないという点を計算に入れなければならない。消費者の情報認知の可能性の欠如は消費者の危険領域に属する。

事業者は少なくとも現在では消費者の使う人工知能が自然語になったテキストを解釈できないということを計算に入れる必要がない。それなら情報が消費者の人工知能に提供されてダウンロードを通じて保存されることができるならば情報提供義務の履行に充分だというだろう。

しかし人工知能が広く普及されて法律上の義務に対する標準が開発された場合には状況が変わる。人工知能が通信販売で普遍的に使われる場合、事業者は法律上の情報を人工知能が処理できる形式で提供しなければならない。そうでない事業者は情報提供義務を不履行したことになる。

Ⅳ.要約および展望
(1)約款の契約編入:消費者は原則的に彼の人工知能に約款および重要内容に関する説明文がダウンロードおよび保存の可能性と共に提供された時に約款の内容に対する認知の可能性を持つ。消費者の人工知能が約款を理解できなかったり一部だけ理解できる危険は消費者が負担する。

(2)情報提供義務:消費者が彼の業務処理のために人工知能を使う場合、情報が消費者の人工知能に提供されてダウンロードを通じて保存されることができるならば情報提供義務の履行に充分だというだろう。

(3)展望:契約締結のための人工知能の使用は人間の意思との接点がとても小さくて伝統的法律行為ではないし意思表示理論はまもなく限界に至るだろう。それにより人工知能を使った契約締結が安定した法的基礎の上に可能にする新しい規範の確立に対する要請が大きくなるだろう。この時、人工知能に対する法人格付与可否が核心の争点になるだろう。

キム・ジンウ教授(韓国外大ロースクール)

【出典】韓国/法律新聞
https://www.lawtimes.co.kr/Legal-Info/Legal-Info-View?serial=158346%MCEPASTEBIN%




【韓国】司法分野に人工知能導入の可能性など検討して

司法政策研究員、’AIと法そして人間’シンポジウム
ソン・ヒョンス記者 boysoo@lawtimes.co.kr 入力:2019-12-18午後6:00:09

司法政策研究員(院長カン・ヒョンジュン)が中央(チュンアン)大人文コンテンツ研究所(所長イ・チャンギュ)、韓国人工知能法学会(会長イ・サンヨン)、AI政策フォーラムと共に18日瑞草洞(ソチョドン)、ソウル法院総合庁舎1階大講堂で’AIと法そして人間’をテーマとしてシンポジウムを開いた。

この日シンポジウムは司法分野の人工知能導入現況と発展の可能性を調べて、人間と司法が人工知能と調和するように発展できる方向を模索した後に人工知能時代に再び人間を見て回る機会を用意しようと用意された。

‘司法、AIに会う’をテーマに進行された1セッションでユ・ビョンギュ(55・22期)サムスンSDS専務は”企業の契約書検討および管理過程で単純反復的な業務を減らして効率性を高める必要があって、人工知能技術を基盤とした業務支援ソリューションを通じて単純業務を自動化して意思決定を支援することによって効率的な業務遂行を可能にすることができる”と明らかにした。

続いて進行された’人間、AIに手を差し出す’セッション発表者のうち1人で出たチョン・キョファイン(47・28期)韓国マイクロソフト代表弁護士は”人工知能技術が成長して革新を主導している”として人工知能による顔認識技術などを紹介した。また責任ある人工知能のための原則として公正と信頼、安全、プライバシー、セキュリティー、包容、透明などの責務を提示した。

マーク コケルボグ(Mark Coeckelbergh)オーストリア ウイーン大学校教授は”人工知能による道徳的・法的責任の主体は技術になれなくて人間になるべきなのにその主体が誰なのか不明で人工知能のアルゴリズムが不透明な問題がある”として人間の監督、技術的安定性、データ管理、透明性、差別禁止、公正性などの人工知能倫理指針を提示した。

司法政策研究員関係者は”人工知能時代到来による人間と人工知能との関係性確立および人工知能と人間との融和の可能性などに対する深い討論の場を用意した”として”今回のシンポジウムが人工知能領域に対する硬い理論的土台形成および相互交流の踏み台になることを願う”と話した。

【出典】韓国/法律新聞
https://www.lawtimes.co.kr/Legal-News/Legal-News-View?serial=158182&kind=AA01




【韓国】”人工知能判事、民主的正当性次元で問題になることがあって”

キム・ジュングォン中央(チュンアン)大ロースクール教授司法政策研シンポジウムで発表
(ソウル=ニュース1)ソ・ミソン記者| 2019-12-18 18:17送稿| 2019-12-18 18:20最終修正

(大法院提供) (c)ニュース1

人工知能(AI)判事が導入されて国家権力をAIが行使する場合、民主的正当性次元で問題になることがあるという意見が出てきた。

キム・ジュングォン中央(チュンアン)大法学専門大学院教授は18日ソウル、瑞草洞(ソチョドン)、ソウル法院総合庁舎清心ホールで開かれた’AIと法そして人間’シンポジウムでテーマ発表を通じてこのように明らかにした。

キム教授は”民主主義と法治国家原理は民主的正当性を持った自然人による支配を土台とする”として”国家権力行使におけるAI導入は特に人的民主的正当性次元で問題になることができる”と指摘した。

彼は”機械がAIによって自ら向上することができる時点までどのような専門家システムも人間の統制なしで出現することはできない”として”インプットとアウトプットを統制できる専門家を常に必要とすることで、情報知識を具備したさらに有能な法曹人が要求される”と見た。

続けて”盲目的技術信奉で法曹職業の終末を叫ぶのは全く妥当ではない”として”現在の限界を認識してAIプログラムを効果的に活用しなければならないだろう”と言及した。それと共に”AI立法とAI裁判、AI行政に関する動きの裏面には既成国家作用メカニズムに対する深刻な不信がある”と診断した。

司法分野でAIを活用するには倫理的使用指針が用意されなければならないという提言も出てきた。エストニアのKai Harmand法務部次官(判事)は450個余りの機関と150個余りの公共機関が使うエストニアの国家情報交換プラットホームであるエックスロード(X-road)を紹介して、司法分野では検索・翻訳・記録・諮問領域でAIを活用できるとしながらこのように話した。

オーストリアのマルク コケルボグ(Mark Coeckelbergh)ウイーン大学校教授は”AIによる道徳的・法的責任主体は技術にはなれなくて人間がならなければならないが、主体が不明でAIアルゴリズムが不透明な問題がある”と指摘してAI倫理指針を提示した。具体的に人間の監督と技術的安定性、データ管理、透明性、差別禁止、公正性だ。

オックスフォード ディップ テック紛争解決研究所リジエン(Ji En Lee)研究員は証拠分析と自動記録を通じて判事業務を支援する中国の’206’システム、交通事故事件のためのシンガポールのシミュレーション プログラム、犯罪者危険評価道具であるアメリカのコンパス(COMPAS)を紹介した。

続けて”法律分野にAIを適用するとき生じることがある倫理的問題を解決するには工程、透明、説明の可能性、基本権尊重、データ正確性とセキュリティー、協力と包容、利用者による統制など要素を考慮してAIを開発しなければならないだろう”と話した。

発表に先立ちカン・ヒョンジュン司法政策研究院長は開会辞で”すでに電算化されて蓄積された法律文書および情報がAIによって活用されるならば法曹人業務にも大きい変化が来ること”としながら”情報技術(IT)強国である韓国はAI領域でも先んじる底力がある”と明らかにした。

チョ・ジェヨン法院行政処長は祝辞で法院が推進する次世代電子訴訟システム構築事業に言及して”蓄積された既存電子訴訟文書など情報をビッグデータ形態でAI技術に活用できるだろう”と説明した。

今回のシンポジウムは司法政策研究員が中央(チュンアン)大人文コンテンツ研究所、韓国人工知能法学会、AI政策フォーラムと共同で大韓弁護士協会と韓国研究財団、教育部後援を受けて開催した。

smith@news1.kr

【出典】韓国/ニュース1
http://news1.kr/articles/?3796633




【韓国】(AI企画)司法府にAI活用推進、来年から法律AI普及本格化

最終修正:2019-12-18 14:51:27

チョ・ジェヨン法院行政処長が18日午前ソウル、瑞草区(ソチョグ)、ソウル法院総合庁舎大講堂で開かれたAIと法そして人間シンポジウムで祝辞をしている。 /聯合ニュース

法院が人工知能(AI)を活用した次世代電子訴訟システム構築を推進して司法府にAI技術が活用される展望だ。AI企業らも最近法律AIを活用したサービスを次から次へリリースしたし、企業にAI法律システム供給も本格推進している。これに伴い、国内でも来年に法律AI商用化がより一層加速化すると展望される。

去る8月末、人工知能(AI)と弁護士間の法律諮問対決で開催された’アルファロー腕自慢大会’でもAIが人の2倍程度点数を出して圧倒的な勝利をおさめた。AIが人に勝ったという事実はこれ以上驚くほどの便りではないが、この日の対決ではAI-一般人チームが人弁護士同士が構成したチームに勝って大きな話題となった。

このように国内でも法律AIは商用化段階に入りインテルシリコン研究所・SK C&C・ヘルプミーなど法律AI開発企業が最近AIを活用して一般人対象サービスを提供し始めた。また、現在いくつかの企業らがこれら企業のAI法律システムをテスト中なので来年に製品普及が本格化すると予想される。

◆国内法律AI技術、どこまできたか

▲去る8月末開催された’第1回アルファロー腕自慢大会’はアジアで最初に開催された法律AIと人弁護士の対決で人弁護士9個のチームとAI-弁護士2チーム、AI-一般人1チームなど合計12個のチームが労働契約書諮問を巡り競演を行った。 /司法政策研究員

‘第1回アルファロー自慢大会’はアジアで最初に開催された法律AIと人弁護士の対決で人弁護士9チームとAI-弁護士2チーム、AI-一般人1チームなど合計12個のチームが労働契約書諮問を巡り競演を行った。最終報告作成は人だけができてAIと人の協業で進行された。

AI-弁護士チームが1、2位を占めたのに続きAIと法を知らない物理学専攻一般人が3位を占めたことはAIの契約書分析がそれだけ卓越したものであることを見せる。1位は150点満点に120点を記録したが、AI-一般人チームは107点を受けて13点差に終わった。反面4位を占めた人弁護士チームは61点で46点も差がついた。
20分がかかる賃金計算をAIが6秒後にやり遂げたのが話題になった。

この日対決を行ったAIは国内法律AI代表企業家インテルシリコン研究所が開発した契約書分析法律AIである’アルファロー(Alpha-Law)’だ。インテルシリコン研究所関係者は”AIエキスポ[仮訳者注:2019.7.17~2019.7.19までソウルで開催された博覧会。]のとき初めて公開して1か月後アルファロー腕自慢大会を行って話題になったが、現在いくつかの企業らとテストベッド形態で製品を供給する方案を推進中なので来年に商用化が決定されるもの”としながら”アルファローは弁護士法など話題があって商用化を用心深く接近した”と説明した。

インテレコン研究所はまた、法令・判例検索システムである’ユレックス’と法律Q&Aシステムである’法律メカ’開発を完了して、一般人対象に今年からサービスを始めた。ユレックスのAIエンジンは数百万件の法令、判例情報を学習して日常自然語検索に最適化された法律と判例情報を提供する。法律メカは自然語処理技術を適用して日常用語で質問しても似ていたり関連した返事を提供する。また、利用者の質問を分析して関連問題に返事を提供してきた弁護士を推薦する機能も備えた。

SK C&Cは法律AI分野でステーション3喫茶店[仮訳者注:「喫茶店」は不動産情報アプリの名称。]、法務法人ハンギョルと共に不動産AI分析システムである’アヴリルランド’を共同開発と、最近3社が共同で’不動産AI分析サービス’をオープンした。このサービスはAIが喫茶店に登録された売物件の登記簿謄本と建築物台帳などの権利関係を自動で分析して当該売物件の取引安全等級を確認できるように無料でサービスを提供する。AI分析が不動産売物件の取引安全等級を▲安全▲良好▲安全装置必要など三段階で区分してくれる。

法律AIスタートアップであるヘルプミーは専門弁護士と開発者が力を集めてAIを活用した法人登記自動化総合管理システムを開発、法律書類自動化サービスを提供している。’法人登記ヘルプミー’サービスを去る2016年12月リリースした後、利用者が2万5000顧客を突破した。このサービスは既に複雑な手続きを簡素化させて法人登記に所要する時間だけでなく費用も法務士費用対比30%以上低くした。特に過怠金予防サービスも提供して会社運営過程のうちに発生可能な過怠金問題を事前に解決してくれる。

◆司法府業務にもAI活用推進、今後法律AI展望は

大法院・法院行政処などが司法府業務にAI活用を推進してAI法律が弁護士支援業務を越えて司法府業務を補助する役割まで拡大した。

チョ・ジェヨン法院行政処長は18日司法政策研究院周会で開催された’AIと法、そして人間’カンファレンスで”法院は次世代電子訴訟システム構築事業を推進している”として”次世代電子訴訟は司法情報公開を拡大して国民中心司法サービスを強化して裁判事務に知能型事件管理プラットホームを導入することを目標に進めている”と明らかにした。

次世代電子訴訟では蓄積された既存電子訴訟文書など情報をビッグデータとしてAI技術に活用する。また、知能型統合検索サービスには使用者の質問意図を把握してそれに合う検索結果を提供して、訴訟資料内容を分析して該当事件の類似の判決文を自動で推薦する機能を適用する計画だ。

業界専門家たちは、今は法律AIが検索や分析サービスを提供するのに重点を置いているけれど、今後には特定法執行を予想する予測機能がより一層強化されると展望した。

データ分析サービス企業家アメリカ フィスカルノートのチムファン最高経営者(CEO)は’AIと法、そして人間’カンファレンスで”今後法執行機関にあって確率を予測する方式でAI技術が発展するもの”としながら”株式市場でも市場変化により利益がどのように変わるのか予測する技術が開発されているが、法律もこのように進行されるだろう”と話した。

また、法律AIが活性化するためにはごく少数で提供される判例などデータ公開が先行しなければならないという指摘が多い。インテルシリコン研究所関係者は”現在の下級式判例を全体の1~2%だけ公開されるだけで公開がほとんどならなくなっていて、データ学習が重要なAIを開発するのに限界がある”として”司法年鑑資料に見れば1年に1800万件の事件が起きて600万件の訴訟が発行するのに多くの情報が公開されなければならない”と明らかにした。

チェ・ユンジョン記者( echo@metroseoul.co.kr)
Copyright (c)メトロ新聞& metroseoul.co.kr

【出典】韓国/メトロ新聞
http://www.metroseoul.co.kr/news/newsview?newscd=2019121800153




【韓国】”人工知能が’ジェンダー固定観念’再生産する憂慮ある”

社団法人オル’ジェンダーと法研究所’・梨花女子大ジェンダー法学研究所
‘産業パラダイムの転換とジェンダー’シンポジウム

ホン・ジヘ客員記者(弁護士)入力:2019-12-09 午後5:50:40

既存データに性差別的要素がある場合、機械学習(Machine Learning、マシンラーニング)を通じてこれを学習する人工知能(AI)がジェンダー固定観念を拡大・再生産することがおきるという主張が出てきた。

社団法人オル’ジェンダーと法研究所(代表チョン・スアン)’と梨花女子大ジェンダー法学研究所(所長ユニス キム)は7日ソウル、西大門区梨花女子大法学館で’産業パラダイムの転換とジェンダー’をテーマにシンポジウムを開いた。

この日ハン・エラ(47・司法研修院27期)成均館大ロースクール教授が’人工知能とジェンダー差別および改善課題’をテーマに発表した。

ハン教授は”ある企業が2014年から人工知能で新入社員を選抜するアルゴリズムを開発して10年間蓄積された志願者資料で学習をさせた”として”この人工知能は’Women’s’などジェンダーを暗示する単語が入った志願者を好まないなど差別問題を露出し、結局当該企業はアルゴリズム開発をあきらめた”と説明した。

続いて”人工知能音声やヒューマノイド ロボットにもジェンダーが投射されるのに人々は人工知能音声がジェンダー固定観念と一致する場合、さらに安らかに思う”としながら”マシンラーニングによって人工知能は当該ジェンダーに似合う表現をさらに多く使うことになって、これはジェンダー偏向を強化する”と指摘した。

討論に参加したチョン・キョファ(47・28期)韓国マイクロソフト弁護士は”無意識的偏見は意図的差別でない一人一人が世の中を見るレンズにより持つようになる偏見”としながら”人工知能デザインおよびデータ収集過程でこのような事項が意図しなく反映される素地が大きい”と話した。

この日この他にもカン・イス尚志大文化コンテンツ学科教授が’4次産業革命と性平等の問題’を、パク・ウンジョン仁済大法学科教授が’プラットホームと家事労働者、労働法的保護を中心に’をテーマとしてそれぞれ発表した。

ホン・ジヘ客員記者(弁護士・wannabdke@gmail.com)

【出典】韓国/法律新聞
https://www.lawtimes.co.kr/Legal-News/Legal-News-View?serial=157924&kind=AE




【韓国】労働法とリーガルテック、どこまできたか… ‘ターミネーター’憂慮は取越苦労

登録:2019-11-15 16:22:14 修正:2019-11-15 16:25:57
[2019年12月号vol.0]

去る8月人工知能と現職弁護士が労働契約書分析および法律諮問を巡り競争を行った。アジア初で進行されたAI対弁護士対決は法曹界の世間の注目を集めるのに充分だった。

弁護士でだけ構成された9チームとAIとチームになった弁護士2チーム、そして完全な非専門家である一般人とAIでなされた1チームが与えられた労働契約書を分析して間違いおよび脱落事項、違法要素を探して代案を提示した。

結果はAIチームの圧勝だった。3位を占めた一般人-AIチーム点数が弁護士でだけ構成された4位チームより61点も高かった。満点は150点だった。

弁護士らと対決に乗り出したAIはインテルシリコン研究所が開発した労働法専門人工知能弁護士’アルファロー’であった。去る2016年イ・セドル9段と囲碁対決を広げた’アルファ碁’を文字って付けられた名前だが、本来はCIA(Contract Intelligent Analyzer)、言葉どおり契約書分析を専門にするAIだ。

CIAがその多くの法律契約中労働契約書を対決課題で選定した理由は何だろうか。アルファローを開発したインテルシリコン研究所は”労働契約書は一生一回以上は作成する最も必須の契約書”として”多くの人々が締結する契約に役に立つことができるという公益的目的が最初の理由”と説明した。

これは去る2017年サービスを始めた法務部のAI法律秘書’ポビ(対話形生活法律知識サービス)’が労働分野法律と判例を一番最初にリリースした理由とも同じだ。 また他の大きい理由は労働契約書が持つロジック性だ。労働契約書に書かれる労働時間、最低賃金などは労働基準法に繊細に規律されている。当事者間協議を中心に自由に締結するその他の契約書と最も大きい差を見せる点だ。労働基準法強行規定は法条項の解釈よりは規定遵守可否判断が重要だが、このようなデータ分析とエラー検索および修正は人工知能が卓越した分野だ。

■労働法進出したAI、どこまできたか

現在の労働法市場でAI技術は検討機能を中心に活性化している。11月発売予定の労働契約書作成支援アプリケーション’人事パット’は労働契約書作成時に法違反の有無を即刻に教えるAI自動検討機能を搭載した。8年以上人事労務実務経験を積んだ公認労務士のノウハウにAI技術を組み合わせてはやくて正確に労働契約書を検討・作成する。AI活用で契約書不良作成リスクを顕著に減らした。

国内大型ローファーム大陸アジア洲は昨年2月インテルシリコン研究所と法律人工知能システム導入協約式を持った。大陸アジア洲が導入したAIは’ユレックス(U-LEX)’で関連法令と判例を速い速度で探す知能型法令・判例検索システムだ。

現代経済研究院が去る2016年発表した’リーガルテック産業現況と示唆する点’報告書によれば通常弁護士は事件受任法令と判例、論文、量刑基準などを検索するのに約20%の時間を入れることが明らかになった。短くて何日、長くて数か月をかけなければならなかった事前リサーチ業務をユレックスがわずか20~30秒後で解決することによって検索費用を大きく減らした。ユレックスを開発したインテルシリコン研究所はもう一歩踏み出して法的’諮問’機能まで備えたAIをリリースした。先立って現職弁護士と対決を広げたアルファローだ。

アルファローでは労働契約書を入力すれば一種の諮問結果を出すシステムだ。労働契約書内の法違反要素を検索するのに終わらないで、必須条項のうち脱落したものはないのか、脱落したとすればその脱落条項がどんな法的意味を持つかを説明する。また、契約当事者の年齢・性別・労働形態はもちろん企業規模に伴う特性まで考慮して解説を付け加える。人工知能が単純リサーチ業務補助から’諮問’までその領域を拡大して法曹界の抵抗も強まる局面だ。

■リーガルテック労働法専門資格者市場蚕食か

先進リーガルテック企業が労働法市場に力点を置いて研究・開発して労働法専門資格社市場が蚕食されることがおきるという憂慮が広がっている。’第1回アルファロー腕自慢大会’に参加したある弁護士は”確かに機械が上手に出来る分野があり、その分野ではこれ以上競争することが無意味なほどだと感じた”と話した。 該当弁護士は”労働契約書検討などは人が一つ一つ検収することよりコンピュータを活用することがはるかに効率的”としながら”一部分野は今後近い期間内に代替される可能性もある”と展望した。

昨年日本野村総合研究所は英国オックスフォード大学と共同調査を通じて2030年頃日本の社会保険労務士業務の79%が自動化されると予想した。私たちの法務士、行政士と類似の司法書士と行政書士の業務はそれぞれ78%、93%が自動化されると見通した。国内専門資格者業務領域と多少差があるが、人工知能の発達が労働法を専門にする資格者に’危険’と認識されることがおきるという事実を確認した結果であった。実際のアルファロー腕自慢大会の便りを報道した記者たちに一部専門資格者の抗議電話があったことが分かった。

これに対してインテルシリコン関係者は”人工知能は人間に代える自律的知能を持つ’ターミネーター’でない”として”人間の業務的判断を助ける効率的で役立つシステム”と強調した。彼は”リーガルテックが最も活発に使われるアメリカだけ見ても自律的に判断する独自システムというよりは人間の業務を革新的に支援する助力者システムへ行く状況”と説明した。

■人工知能、効率的道具であることは’確実’ …業務蚕食は’遠かった’

労働法実務者もAIが効率的な道具として作用できるということに同意した。チョン・ジェウク大韓弁護士協会教育理事(法務法人チュ・ウォン)は”まだ足取り水準だが、今後にはAI技術が非効率的な業務を効率化して、業務プロセスを単純化する側面では多いに役に立つだろう”と話した。

彼は”AIを威嚇と考える人も、チャンスだと考える人も多い”として”技術発達、時代の流れを防止できないならばどのように受け入れることが望ましいのか、特に弁護士法など既存制度と調和するように進行されるか悩みと検討が必要だ”と強調した。人工知能の弁護士業務蚕食に対しては懐疑的な見解を見せた。

チョン弁護士は”あらかじめ組んでおいた枠組み中でAIが定形化された労働契約書を検討するのは早くて一応助けになることができるが、実労働事件は定形化されていない”として”労働現場は正解がぴったり当てはまる所がない”と説明した。

例えば解雇と関連して’正当な事由’を判断するべきなのにこれは事業所の条件、労働者の地位および担当職務の内容、不正行為の動機と経緯、過去勤務態度など総合的な考慮が必要だ。このような複雑・曖昧性をAIが機械的に判断することは容易ではない。結局法的判断や意思決定は人がしなければならない。

チョン弁護士は”AIが適切な判例を検索するのに役に立つことができるが、争訟事件処理にはこのような曖昧性のために弁護士に代えることができると判断されない”として”AIが定形化された労働契約書をよく分析できるといってもそこで派生する紛争を解決することは容易ではないだろう”と展望した。

韓国公認労務士会ホン・スギョン副会長はAIの労働法市場流入が情報民主化に肯定的に寄与すると展望した。ホン副会長は”情報が権力になることがおきる社会で法律業務を専門資格者が独占するならば権力関係が発生する可能性がある”として”情報民主化の側面でAI導入は必要だと考える”と明らかにした。彼は”AIを通じて国民がより一層簡単に労働法関連情報を享有できるならば良いこと”と期待した。公認労務士の業務領域蚕食憂慮に対しては”技術発達による既存市場の変化はどの分野でも起きることができる当然のこと”としながら”憂慮でない挑戦しなければならない課題”と釘をさした。

ホン副会長は”AI活用を通じて大企業人事担当者、中小・零細企業事業主など各顧客の需要に合わせて提供されるサービスの質が分かれること”としながら”既存でも労働関連知識情報は公益的サービスという認識が強かったが、AI活用が活発になれば無料サービスと有料サービスが区分されて、労務士も有料サービスに集中できるだろう”と展望した。

■弁護士法109条に道ふさがれた’リーガルテック’

ホン副会長の指摘のように技術発展により新しい技術が導入されるのは’当然のこと’でありどの分野でも発生する可能性がある。人工知能を活用したリーガルテックも世界的にその領域と規模を拡大していきつつある。ただし我が国は法の規制とデータ不足で道が混んでいる実情だ。

私たちの弁護士法は非弁護士の法律事務を厳格に制限している。第34条第5項で’弁護士ではない者は弁護士でなければできない業務を通じて報酬やその他の利益の分配を受けてはならない’と規定していて、第109条では法違反に対する処罰まで明示している。人工知能が提供する法律サービスが’非弁護士による法律事務取り扱い’に該当できることだ。私たちの裁判所は通常弁護士を助けて法律事務を取り扱う弁護士事務室事務職員であっても’弁護士の指揮・監督’なしに独自に法律事務を取り扱えば違法だと判断している。したがって弁護士の指揮・監督なしでAI法律業務を提供すれば違法に該当することができる。

イ・ビョンギュ明智(ミョンジ)大法学科教授は’人工知能(AI)法律サービスに対する弁護士法第109条第1号適用の有無に関する考察’論文で”現行法上人工知能法律サービスはそのサービス内容が法律事務に該当する場合▲弁護士が直接開発・運営しても▲開発者が弁護士ではない場合、これを弁護士(ローファーム)に提供して弁護士を通じてサービスをしても▲でなければ無償でサービスを提供してはじめて弁護士法上の問題を回避できることになる”と説明した。

この教授は該当論文を通じて”法律サービスに関するこのような弁護士法上の法的規制を理由に直接顧客を対象にしたB2C事業はできなくて、弁護士(ローファーム)を相手にしたB2B事業だけを営まなければならないこと、このような点で弁護士法第109条第1号は人工知能の法律市場進出に対する強力な進入障壁として作用しているわけ”と指摘した。

人工知能法律サービス拡大のためには該当法律改正が必須だ。だが、弁護士業界の反発で改正案発議さえ難しい現実だ。昨年共に民主党チョン・ソンホ議員がリーガルテック産業発展を目的に弁護士と非弁護士間の同業禁止および利益分配禁止規定を緩和する立法を推進したが発議さえなることができなかったことがある。

もう一つの障害として指定されることがデータベース不足だ。リーガルテック企業の大部分は’マシン ラーニング’技術を適用している。正確性を高める核心は’データ学習’だ。膨大な量のデータを学習してこそさらに正確な返事を出すことができるものだ。だが、私たちの法院が下級審判決文を極一部だけ公開するなどの理由で法律情報確保自体が難しいと見ると学習できるデータも少なくなる他はない。インテルシコン研究所関係者は”学習データが多いほど正確度が高まるが、アルファローが学習した契約書は700件程度しかならない。自主的に変形を加えて全体的に学習された契約データが1,000個の程度だ。5万,10万個のデータが必要だが非常に不足する”と話した。

■政府・公共機関が突破口となろうか

民間領域でAI法律業務が停滞した中で政府がリーガルテック活用に拍車を加えている。大法院は来る2020年から個人回生・破産裁判に’AI裁判研究官’導入推進意思を明らかにしたし、法院行政処は最近’司法府での人工知能(AI)活用方案’研究サービスに着手した。当該研究を通じて主文および請求趣旨、判断理由など判決文の実質的記載事項まで人工知能が作成するようにするのか活用方案を模索する計画だ。雇用労働部も人工知能法律サービスに関心を見せている。去るアルファロー腕自慢大会以後雇用労働部担当者がインテルシリコン研究所と業務ミーティングを持つ事実が確認された。

雇用労働部関係者は”新聞報道を通じてAI労働契約書分析システムに接してどのように活用できるのか資料収集次元で訪問した”として”現在はどのように活用できるのか、活用するならば実務的にどんな方向が良いのか検討中だ”と明らかにした。雇用労働部接触に研究所も喜色を見せた。インテルシリコン研究所関係者は”法律規制でサービス商用化が難しいならば、国民法律業務支援次元で雇用労働部と協力する方法も肯定的に見ている”と明らかにした。さらに業務協力を通じて学習データを確保する可能性も開かれる。研究所関係者は”勤労監督官が法違反事業所でコピーしてくる契約書が5万個程度あるという。この中の個人および事業所の敏感な情報を削除したデータを提供受けて学習すれば、私たちは技術正確性を高めることができて雇用労働部はより一層正確な法律業務を提供できることになる”として”政府の前向きな態度が必要だ”と話した。

一方政府が前向きに出るといっても相変らず弁護士法違反素地は残る。チョン・ジェウク弁護士は”政府機関や企業が各種システムを活用して機関内問題解決のために使うならば大きな問題はないが、このようなシステムを活用して他人を対象に自主的な法律諮問や訴訟支援など法律事務をするならば現行弁護士法違反になる素地が高い”と明らかにした。

イム・コウン記者goi@elabor.co.kr 

【出典】韓国/労働法律
http://www.worklaw.co.kr/view/view.asp?accessSite=Naver&accessMethod=Search&accessMenu=News&in_cate=104&in_cate2=1011&gopage=1&bi_pidx=30027




【韓国】弁護士越えて裁判官まで…法曹界AI導入の風

発行日:2019.11.03
法院行政処、判決作成など司法府業務にAI活用打診

弁護士を越えて裁判官業務にまで法曹界に人工知能(AI)風が激しい。

最近AIと弁護士が法律諮問対決を広げた。
‘アルファロー腕自慢大会’で弁護士とAIで構成された混合チームが人間弁護士チームに勝った。すでに法律解釈にAI実用性は立証された。弁護士を始まりに裁判官までAI支援範囲が広くなる。

法院行政処は裁判充実化のために司法府業務にAI活用を打診する。法院行政処は’司法府AI活用方案’研究サービスに着手した。法院行政処は裁判官増員、裁判補助人材拡充、司法補佐官制度拡大など問題をAIで改善する計画だ。

<ソウル、瑞草洞(ソチョドン)大法院. 電子新聞DB>

裁判進行と判決作成等の業務でAIを裁判補助道具で活用する形態だ。裁判官業務負担は減って裁判の質は高まると期待される。今後法院特化システム開発につながることができる。個人情報保護等の問題で裁判資料は外部に公開されない。司法府がAIを活用するには関連データを集めて分析する基盤が必要だ。

大法院も次世代電子訴訟システムを推進している。知能型裁判官業務支援事業でビッグデータとAI技術活用が含まれた。裁判所保有データを基に司法情報ビッグデータプラットホームを構築する。知能型事件処理支援、争点分析、裁判サービスなど段階別AI技術を活用する方案も用意する。

法院行政処は△AIを活用した裁判官業務支援方案設計△下級審判決書・裁判資料等の司法府内のビッグデータ活用方案用意△AIが遂行する業務検証方案用意△AI責任と限界設定を主な課題に設定した。研究結果により政策推進の有無と活用範囲を確定する計画だ。

司法政策研究員関係者は3日“AI技術を司法府業務支援・補助の役割で検討している”としながら“来年上半期中に研究結果を導き出し、実際の司法府内AI適用の有無を決めるだろう”と伝えた。

司法府でAI活用が決定されれば法曹界のAI活用はより一層拡大すると展望される。アメリカ等の先導国ではリーガルテック活用が日常化されている。 イーベイとウォルマートはAIを活用、オンライン法律紛争問題を解決する。費用は削減して時間も節約する。

アルファロー腕自慢大会に参加して契約書自動分析器を公開したインテルシリコン研究所イム・ヨンイク代表は“アメリカはすでに検事や弁護士がAIを業務に利用して、中国も最近’206’というAI裁判コンパニオンを法廷で使っている”としながら“国内もAIは判事や検事、弁護士を代えるのではなく助力する技術という共感が形成されて多様な法律分野でAI導入を積極的に検討している”と紹介した。

国内でもリーガルテックスタート業が次から次へ生じているところに企業でも法律AIサービスを発売するなど活性化する兆しを見せている。昨年法務法人ハンギョルと不動産AI分析サービス’エイブリル ランド’を開発・発売したSK(株)C&Cは最近喫茶店[仮訳者注:「喫茶店」は、韓国内初のオープン型の不動産プラットフォーム。]に法律AIサービスを供給した。

SK(株)C&C関係者は“不動産登記簿が定形化されなくて法律解釈提供や諮問可能な領域だと判断してAIを組み合わせた”としながら“法律AIで必要な法条項をはやくて正確に確認して判例データ分析でオーダーメード型法律諮問も可能だ”と説明した。

パク・ジョンジン記者truth@etnews.com

【出典】韓国/電子新聞ETニュース
http://www.etnews.com/20191101000224




【韓国】”AI、弁護士助ける一等法律秘書として”

第1回法律人工知能カンファレンスおよびアルファロー競技大会開催
“AIと弁護士協業は新しい融合領域…リーガルテック活性化方案模索しなければ”

強い記者strong@lawtimes.co.kr 入力:2019-08-30午後4:55:53

韓国で初めて開催された法律人工知能(Legal AI)競技大会で弁護士とAIが協業した’混合チーム’が優勝して法曹界がうきうきしている。
大会参加者は”制限された時間内で正確な結果を導き出すのにAIが優秀な法律秘書の役割をした”と分析した。

専門家たちは”AIを恐れの対象でない法律サービス質を高める道具として眺めなければならない時”としながら”人間と機械が各自の能力をよく生かして、AIが人間の限界を十分に補完するならば法律サービスの質が大幅に向上するだろう”と展望した。

1~3等全部AI混合チーム…大会場’衝撃’ = 29日瑞草洞(ソチョドン)ソウル地方弁護士会館では人間-AI間法律協業知能(Collaborative Intelligence)の現状を計るための’アルファロー競技大会(Alpha Law Competition)’が国内で初めて開催された。

この大会は韓国人工知能法学会(会長イ・サンヨン)と司法政策研究員(院長カン・ヒョンジュン)が共同主催した’第1回法律人工知能カンファレンス’のスペシャル行事で、法律新聞が後援した。

腕自慢大会では法律専門家である弁護士と法律人工知能(Legal AI)が’混合チーム’を構成して弁護士でだけ構成された’人チーム’と法律諮問能力を競った。

弁護士とAIで構成された’混合チーム’ 2個チーム、弁護士資格証がない一般人とAIで構成された別の他の類型の’混合チーム’ 1個チーム、弁護士でだけ構成された’人チーム’ 9個チームなど全12チームが出場した。

弁護士と一般人は全部インテルシリコンメタ研究所で開発した法律読解人工知能システム’C.I.A.(Contract Intelligent Analyzer、知能型契約書分析器)と一そろいになった。

大会では人とAIが協業したチームが圧倒的な優位を見せた。
AIとチームを組んだキム・ヒョンウ(39・司法研修院39期)法務法人地平弁護士が優勝を、キム・ハンギュ(44・41期)弁護士が準優勝を、物理学を専攻した一般人参加者シン・アヒョン氏が3位を占めた。

AI混合チームと弁護士だけで構成されたチームの点数は2倍以上差が広がった。
優勝者であるキム弁護士は満点150点中120点、人チームのうち最も優れた力量を見せた4位チームは61点で二倍程違いが生じた。
AIと協業した1位と2位の差はただ2点で、微細な差を見せた。

非法律家であるシンさんは107点を受けて、AIとチームを組んだ弁護士よりは点数が落ちたが弁護士だけで構成されたチームよりは優秀な成果を出して注目された。

優勝をおさめたキム・ヒョンウ弁護士は”AIの速い速度と正確な法律分析の助けをたくさん受けた。弁護士業務相当部分が労働集約的なのに、各種調査と先例収集に強みを持つAIの補助を受ければ時間が短縮されて争点をのがすことも減ること”としながら”未来にはAIと弁護士間競争でなく(AIなど)技術をよく活用する弁護士とそうでなくて淘汰される弁護士間競争になるだろう”と展望した。

“AIとの協業、迅速・正確な法律サービスに強み” = AIとの協業は迅速で正確な法律サービスを提供するのに強みとして作用した。
膨大なテキスト分析と複雑な計算を早く進めて時間を短縮することができるためだ。
専門家たちは”人とAIの協業という新しい融合領域に対する注目度が高まらなければならない”としてAIを運用・統制する方法専門家の役割も強調した。

参加者は60分間提示された労働契約書3件を分析して△法律と判例上法的に誤った内容に対する指摘△よりましな契約書構成のための法的意見△脱落した内容を補完するための指針などを作成して提出した。

法令と根拠、核心キーワードなどを追加するほど加点を受けた。
審査は△正確な読解△迅速な分析△適正な構成および表現などを測定するのに焦点が合わされたし、90分間余り進行された。

例えば労働契約書上契約期間の有効性や適正な最低賃金算定の有無を診断する時、AIは色々な条項と法律を比較して複雑な計算を速かに完了して分析報告書作成時間を大幅に前倒しした。
ある参加者は”20分がかかる賃金計算をAIは6秒でした”として”役立つ秘書として機能した”と伝えた。

また他の参加者は”契約書を認識したAIが自身が判断した情報と診断を提供するが、弁護士として見る時60%水準の基礎的な情報であった”として”合っているか間違いかという判断は弁護士が直接しなければならなかった。
弁護士は繰り返し遂行しなければならない単純業務で助けを受けて細かい判断に集中できるものと見られる”と話した。

AIとチームを組んだある弁護士は”(問題で出題された)年少者の夜間労働に対してはAIが法令上正確な年数を計算して適正な助言を提供したが、一部の部分ではパートナーであるAIの診断に同意できなくて反対の結果報告書を作成した”と説明した。

イ・ミョンスク(56・19期)審査委員長は”スマートフォンが私たちの生活を画期的に変えたようにAIも法曹界に大きい変化をもたらすもの”としながら”人工知能と人間の対決でない、活用と協業の可能性を模索する新しい挑戦としよう”と話した。

“リーガルテック活性化・副作用緩和方案模索しなければ”=一般市民に簡単に接近できる法律サービスの領域を拡大して、法律専門家たちは技術および環境変化に歩調をそろえて新しい融合法律サービスをたくさん開発しなければならないという指摘も出た。

大会で使われたAIを開発したイム・ヨンイク(49・41期)インテレコン代表弁護士は”過去には訴訟にまきこまれてはじめて司法システムを探したが、最近では紛争の可能性とリスクをあらかじめ点検する予防司法にパラダイムが移動している”として”ある程度の法律イシューに対しては市民個人が自身のイシューを点検して自らアドバイスできるガイドラインとしも機能することができる”と説明した。

同じ場所で進行された本行事である第1回法律人工知能カンファレンスでキム・ビョンピル(40・38期)カイスト教授は’Legal AIとは何か’をテーマとして発表してリーガルAIの原理と作動方式を詳しく説明した。

カン・ヒョンジュン(76・司法試験6回)司法政策研究院長は祝辞で”法律業務電算化が膨大な情報蓄積を可能にしたし、蓄積された法律情報は人工知能活用のドアを開けた”として”法曹人の業務にも大きい変化がくるだろう。法律人工知能領域に対する硬い理論的土台と相互交流の踏み台が用意されることを願う”と話した。

キム・ヘヨン共に民主党議員は”今日は(イ・ジェヨン サムスン電子副会長に対する大法院宣告など)国家的に重要なイシューが多い日なのに、大韓民国未来のためにはこの大会が最も重要な瞬間”としながら”政府と与党を代表してきたし、法律AIが人類社会に有益な結果を持ってくることができる方法と政策を作るように最善を尽くす”と話した。

続いた深層討論でハン・エラ(47・27期)成均館(ソンギュングァン)大ロースクール教授は”弁護士の業務を厳格に規定した弁護士法の影響でリーガルテック領域で現実的必要性と現行規定間の衝突がたくさん発生して、情報提供と法律相談間の曖昧性などグレーゾーンに対する糾明も必要になる”として”リーガルテック領域が大きくなるにつれ個人情報収集関連争点なども起きると見られて関連議論が活性化しなければならない”とした。

コ・ファンギョン(47・31期)法務法人広場弁護士は”リーガルテックに対する漠然とした恐怖感に一部弁護士が持続的に反発している”として”法院判決など良質のビッグデータがAI高度化の核心で、自律走行自動車で運転者がAIを最終的にコントロールするようにリーガルテックも専門家とAIの協業が必要だ”と診断した。

カン・ハン/ホン・スジョン記者strong・soojung@

【出典】韓国/法律新聞
https://www.lawtimes.co.kr/Legal-News/Legal-News-View?serial=155445&kind=AE