【韓国】建物・土地引渡請求、公証制度利用可能

建物・土地引渡請求、公証制度利用可能
image_printPrint
建物・土地引渡請求、公証制度利用可能
建物・土地引渡請求、公証制度利用可能

[ 2013-05-06]
建物・土地引渡請求、公証制度利用可能
11月から公証人の前で偽り宣誓すれば300万ウォン以下過怠金
改正公証人法国会通過

来る11月からは建物や土地の引渡請求を求める場合にも公証制度を利用することができる。契約清算に合意する時既存の提訴前和解制も代わりに1時間ほどの簡単な執行証書作成を通じて対等な関係で今後紛争を容易に予防することができる。また、公証人の前で偽り宣誓をする場合には過怠金を払うことになる。

改正公証人法が先月30日国会を通過した。 改正法は公布日から6ヶ月が経過すれば施行されるので今年11月中旬頃から施行に入ると展望される。

改正法は金銭や手形など一定の数量の支給を目的とする場合にだけ利用できた執行証書の活用範囲を拡大して建物や土地などの引渡を求める場合にも執行証書を利用することができるようにした。

執行証書は公正証書中債務者の強制執行承諾により執行権原になる証書をいう。公正証書を作成すれば判決文なくとも強制執行ができる。

現在は不動産に対する公正証書を作成できないので賃貸借契約を締結する時訴訟を予防するために主に’提訴前和解’を利用している。 だが、この場合通常2~3ヶ月もかかるだけでなく強行法規に違反して賃借人に不利な内容が契約に含まれていても賃借人は準再審手続きによらなくては簡単に無効を主張できないという点などが問題と指摘されてきた(法律新聞2010年5月20日付1面).

また、裁判所が当事者間の契約を確認する公証的役割をすることで一般事件の処理が遅れるという点も問題だ。去る2010年ソウル中央地方法院に受け取られた提訴前和解事件1万1010件中で物など引渡し請求事件は8722件で80%を占めた。この中でも特に建物明度請求が77%で最も高い比重を占めた。

今回の改正法は賃借建物返還に関する執行証書に対しては賃貸借終了で賃借建物を返還する前6ヶ月以内にだけ作成できるようにした。長期賃貸借の場合、賃借人の地位が不安定で賃貸人の一方的要求により執行証書が作成される憂慮を最小化するためだ。賃貸人が償還する保証金など金円返還も一緒に成されるように執行証書に該当内容を必ず含むようにした。

これと共に経済的·社会的弱者を保護するために執行文付与段階で裁判所の許可を受けるようにして執行証書での慎重性を高めた。また、提訴前和解とは違い債務者が執行が終わる前に請求の訴えなどを提起して執行権原の執行力を排除できるようにした。法務部関係者は”今回の改正法は建物引渡など概して定形化された行為を執行証書での対象範囲に含ませて公証の自らの機能を生かすものの社会的弱者保護のために作成できる期間を制限して裁判所統制を強化する方式で改善した”として”公証の領域が拡大すれば提訴前和解制度利用が徐々に減少するものと見られる”と話した。

改正公証人法は公証人の前で偽り宣誓をして文書に宣誓認証を受けた場合、300万ウォン以下の過怠金を賦課することができるようにする規定も新設した。現在は偽り宣誓に対する何の制裁がなくて確認書の真実性が保障されなくて宣誓認証として効用価値が高くなかった。偽り宣誓をしたが法廷で誤りを是正すれば過怠金を減軽または、免除受けることができる。法務部関係者は”宣誓認証の実効性が高まる場合、行政機関、捜査機関、裁判所に提出するための良質の証明·疎明資料として活用されることができて迅速な手続き進行が可能になりえる”と話した。

キム・ジンファン大韓公証人協会長は”我が国は全般的に訴訟がとても多くて日本に比べて告訴は120倍、民事訴訟も3倍程度にもなる”として”事前に紛争を終息させる役割をする公証制度をさらに活性化しなければならない”と強調した。

チャン・ヘジン記者core@lawtimes.co.kr

【出典】韓国/法律新聞
http://www.lawtimes.co.kr/LawNews/News/NewsContents.aspx?serial=74706&kind=AD&page=1

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す