【韓国】不動産競売落札値格下限では現行より20%低くなる-’民事執行法’改正案

不動産競売落札値格下限では現行より20%低くなる-'民事執行法'改正案
image_printPrint

不動産競売落札値格下限では現行より20%低くなる-'民事執行法'改正案
不動産競売落札値格下限では現行より20%低くなる-’民事執行法’改正案

[ 2013-05-03]
不動産競売落札価額下限では現行より20%低くなる
共有者に優先落札資格付与も1回に制限
法務部、民事執行法改正案立法予告

不動産競売の時落札価額の下限である最低売却価格が今より20%低くなる展望だ。共有者に優先落札資格を付与する共有者優先買収権行事も1回に制限される。

法務部は3日不動産競売の迅速性を高めるためにこのような内容の’民事執行法’改正案を用意して立法予告した。

改正案によれば売却期日での法定落札下限値である最低売却価格の基準を現行鑑定評価額で’鑑定評価額の20%を引いた金額’に低くした。最低売却価格を低くすれば1回売却期日から買収希望者の積極的な競売参加を誘導して競売の迅速性を向上できることと法務部は期待している。

最近4年間不動産競売手続きで1回売却期日の落札率は2009年14.7%、2010年17.1%、2011年19.9%、昨年12.8%で平均15%程度水準に留まった。低い落札率は競売手続きを長期化して債務者の利子負担を増加させて債権者の迅速な資金回収を困らせるという指摘があった。また、競売実務上一度入札流れになれば次の売却期日まで3~5週ほどがかかって遅延利子と追加執行費用が発生する問題もあった。

最低売却価格を20%低くしたことは実務上競売が入札流れとなれば次に会最低売却価格を20%減軽していて、一般的に最終売却街が感情評価額の70%程度で決定されている点などが考慮された。

チャン・ヨンソプ法務部法務審議官は”改正案が施行されれば1回売却期である落札率が約50%まで上がって、競売に所要する時間やはり1ヶ月ほど短縮されることができると予想される”として”債務者は年20%ほどの遅延利子など経済的負担が軽減されて、債権者はより迅速な債権回収が可能になるだろう”と話した。

改正案はこの他にも無制限許容している共有者優先買収権の行使回数を1回に制限して、共有者が買収申告後保証金を納付しなかった場合、優先買収権を行使したことと見なすようにした。

共有者優先買収権は共有者が最高価買収新高値格と同じ価格で債務者保有持分を買収するという申告をすれば、他の人の最高価買収申告にもかかわらず、共有者が優先して売却許可を受けることになる権利だ。だが、共有者が債務者と組んでわざわざ競売を遅延させて債権者の強制執行を逃れる便法手段で悪用されているという指摘もあった。

法務部は改正案に対して各界の意見を取りまとめて、部署協議を経て来る8月国会に提出する予定だ。

チャ・ジユン記者charge@lawtimes.co.kr

【出典】韓国/法律新聞
http://www.lawtimes.co.kr/LawNews/News/NewsContents.aspx?serial=74707&kind=AD&page=1

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す