【韓国】法の誕生~消滅まで…カレンダーで簡単に見る

法の誕生~消滅まで…カレンダーで簡単に見る
image_printPrint

法の誕生~消滅まで…カレンダーで簡単に見る
法の誕生~消滅まで…カレンダーで簡単に見る

[ 2013-05-03]
法の誕生~消滅まで…カレンダーで簡単に見る
法制処、法の生涯カレンダーサービス

法制処が法の発効と失効時点を知らせる’法の生涯カレンダー’サービスを実施する。
法制処(処長チェジョンブ)は29日新しく公布·施行される法令と時限的法令などをカレンダーを通じてひと目で把握できるようにする’法の生涯カレンダー’サービスを提供すると明らかにした。生涯カレンダーは誕生と消滅を知らせるという意味だ。

このサービスは国家法令情報センター(www.law.go.kr)を通じて利用することができる。 細部条項と付則の施行である、有効期間をいちいち探してみなくても簡単に確認できて一般国民はもちろん法を主に扱う法律家と法曹人、立法者に助けになるものと見られる。

例えば’地方分権促進に関する特別法’は2008年2月29日全部改正されて公布後3ヶ月が経過した日から施行されて5年間その効力を持つと規定されている。したがって実際この法の効力が終わる日を分かるためには煩わしさを押し切って付則にある施行日と有効期間を計算しなければならない。だが、法令カレンダーを利用すれば今年5月29日まで効力を持つことでカレンダーに表示されるのでいちいち付則を見て計算する苦労を減らすことが出来る。

法制処関係者は”法令は公布された後相当な期間がすぎて施行されたり一定期間が過ぎれば効力を失う場合もあるのに注意を注がなければその施行時期や失効時期をのがして不正の損害をこうむる場合がある”として”法生涯カレンダーサービスは公務員はもちろん国民も法令の公布·施行·廃止時点をひと目で把握できるようにすることによって法執行の予測の可能性と安全性を高めるのに寄与するだろう”と話した。

チャ・ジユン記者charge@lawtimes.co.kr

【出典】韓国/法律新聞
http://www.lawtimes.co.kr/LawNews/News/NewsContents.aspx?serial=74635&kind=AF&page=1

下記の画像は5月1日の法令情報です。

2013.5.1の法令情報
2013.5.1の法令情報

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す