【韓国】”刑事裁判で刑事和解制度の導入する”

"刑事裁判で刑事和解制度の導入する"
image_printPrint

"刑事裁判で刑事和解制度の導入する"
“刑事裁判で刑事和解制度の導入する”

[ 2013-05-02 ]
“刑事裁判で刑事和解制度の導入する”
イ・ギョンホ判事’回復的司法フォーラム’で主張
被害者、独立した民事訴訟なしで被害保障受けて
加害者に謝罪を受ける過程で心理的な傷を癒す
加害者も再犯率を低くして量刑上の利益を得る

20130502_111133

刑事裁判にも調停手順を導入して、被害者と被告人が対面して和解と補償の機会を持つようにする必要がある主張が提起された。イ・ギョンホ(37·司法研修院32期)判事は去る30日仁川地方裁判所富川支院(支院長チョンジュンヨン)この富川市役所で開いた”回復的司法富川地域合同フォーラム”でこのように主張した。

フォーラムには、富川支院だけでなく、仁川地検富川支庁(支庁長ファンインギュ)、富川市(市長キム·マンス)、富川教育支援庁(教育長ユソンマン)など富川地域社会の関係者が参加した。回復的司法の議論の裁判所、検察、地方自治体、教育界が共同で参加したのは今回が初めてだ。

回復的司法とは、犯罪者は犯罪被害者の損害を賠償して謝罪することで共同体に復帰する道を開いて、被害者は、被害を回復し、加害者と和解する機会を与える司法手続をいう。この判断は”回復的司法を介して被害者は別の民事訴訟がなくても被害を補償を受けることができ、加害者に謝罪を受ける過程で、心理的な傷を癒すことことができる”とし、”加害者も被害者との対話を通じて、反省して再犯率を下げ、合意と損害賠償の機会で量刑上の利益を得るという長所がある”と述べた。

現在の裁判所は、刑事事件の加害者が被害者の物質的被害と慰謝料などを補償する賠償命令制度と被告人と被害者の間に民事上の争いに合意した場合、公判調書に記録を残して民事紛争を解決する民事上の争いについての刑事訴訟手続における和解などを運営している。しかし、この裁判官は、このような制度がそれなりの純粋機能がありますが、回復的司法を正しく実装するには、不足している点があると指摘した。

イ判事は”賠償命令制度は、加害者自ら被害者と和解したのではなく、裁判所の命令で強制されたものであり、民事上の争いの刑事訴訟手続における和解は、2006年から2009年まで、全国の裁判所で95件しか処理されないなど、実務ではほとんど使用されていない”と指摘した。回復的司法を実現するためには、加害者と被害者が直接·間接的に対面して会話することができるプログラムを作成しなければならないのにまだ刑事裁判では、そのような形の和解の制度がない。

イ判事は、自白事件、被告人と被害者が同意した場合、親告罪と反意思不罰罪などで合意結果が量刑に影響を与える可能性がある場合は、裁判所が調停に回付して刑事和解制度を経なければならないと主張した。調停に回付された事件は、裁判長とは別の和解機関が担当し、当事者間で和解が成立した場合、裁判所は、損害回復するかどうかを考慮して、被告人に判決をする。イ判事は、”犯罪の暴走は、葛藤に対する自浄能力の欠如が原因であるため、紛争を根本的に減らす役割のためにも回復的司法が必要だ”と話した。チョン・ジュンヨン(46.20期)富川支院長は”刑事和解制度が実務での成功可能であることを検証するために富川支院で和解制度を試験的に運営する計画”と明らかにした。

シンソヨウン記者 ssy@lawtimes.co.kr

【出典】韓国/法律新聞
http://www.lawtimes.co.kr/LawNews/News/NewsContents.aspx?serial=74645&kind=AA&page=1

<注記>
親告罪とは、犯罪の被害者その他の法律の定める者の告訴·告発がなければ公訴することができない罪である。
半意思不罰罪とは、被害者が加害者の処罰を望まないという意思を表示すると処罰されない犯罪。半意思不罰罪(反意思不罚罪)、または解除条件附犯罪とも呼ばれている。被害者の意思とは関係なく、訴追することはできるが、その後、被害者が処罰を望まないという意思を表示したり、処罰意思表示を撤回した場合には、公訴棄却の判決を宣告しなければならない(刑事訴訟法327条6項)。一度告訴をキャンセルすると、再度訴えることができない(232条3項)とされているようです。

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す