【韓国】ソウル中央法務士会会長にノ・ヨンソン法務士

ソウル中央法務士会会長にノ・ヨンソン法務士
image_printPrint

ソウル中央法務士会会長にノ・ヨンソン法務士
ソウル中央法務士会会長にノ・ヨンソン法務士

[ 2013-04-29 ]
ソウル中央法務士会会長にノ・ヨンソン法務士

ノ・ヨンソン(71)法務士が第24代ソウル中央地方法務士会長に当選した。ノ・ヨンソン法務士は26日、ソウル小公洞ロッテホテル定期総会場で行われた会長選挙で全投票数808票のうち378票(46.8%)を得て新しい会長に選出された。ハ・ジェヨン(55)候補は346票(42.8%)、オム・トクス(67)候補は82票(10.1%)を得た。ノ当選者のランニングメイトであるキム・ウジョン(49)未来を開く法務士会運営委員長とキム·ジョンヒョン(62)法務士は、副会長に自動的に当選しました。今回の選挙は、会員1110人のうち808人が参加し72.8%の投票率を記録した。ノ当選者はソウル高裁の事務官を終え法務士を開業し、ソウル中央地方法務士会代議員と大韓法務士協会法制研究所の研究員、法務士研修院教授として活動した。彼は当選直後”声援に感謝する”と”すべてのメンバーのために最善を尽くして新しい歴史を書いていきたい”と所感を明らかにした。

チャン·ヘジン記者 core@lawtimes.co.kr

【出典】韓国/法律新聞
http://www.lawtimes.co.kr/LawNews/News/NewsContents.aspx?serial=74538&kind=AE&page=1

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す