【韓国】公証もオンライン時代… 20日から’画像公証’施行

image_printPrint

公証もオンライン時代… 20日から’画像公証’施行
イ・ジョンヒョン記者jhlee@lawtimes.co.kr 入力:2018-06-18午前10:12:57

来る20日からいつどこでもインターネット画像通話で公証を受けることができる’画像公証’制度が施行される。
公証人事務室をわずらわしく訪ねて行く必要がない’オンライン公証時代’が開かれることだ。
法務部は画像公証制度の具体的内容を入れた公証人法施行令改正案が20日から施行されると明らかにした。

20180618_114435

画像公証は公証事務所を直接訪問しないでオンラインで公証人を対面して電子公証を受けることができる制度だ。
公証依頼人が法務部電子公証システム ホームページ(http://enotary.moj.go.kr)に接続してウェプカメラ(Web-Cam)または、スマートフォンを利用した画像通話で公証人を対面して公証を受ければ良い。

モバイル アプリケーション’便利な公証制度’を通じても利用することができる。
現行公証人法には画像を通じて遠隔で公証を受けることができるという規定がなくて電子公証システムを利用する場合にも必ず一度は公証事務所に出席して公証人を直接対面しなければならない不便さがあった。

新しい制度によれば公証人は電子公証システムを通じて認証文を作成して電子署名をした後に公証文書を登録する。
依頼人はEメール等を通して電子公証ファイルを発給を受ける。

画像公証は対面過程全体が録音・録画されて保存されるので今後に関連紛争が発生した時にも確実な証拠資料として活用することができる。
法務部は画像公証の信頼度を高めるために政府機関、最初の身分証真偽確認システムを利用するなど画像公証利用時複数の本人確認手順を踏むようにした。

【出典】韓国/法律新聞
https://www.lawtimes.co.kr/Legal-News/Legal-News-View?serial=143986&kind=AD

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す