【韓国】AI時代、不動産取り引きが変わる

image_printPrint

AI時代、不動産取り引きが変わる
記事入力2018-03-06 10:06

-エラー減って直取引活発…非専門的な仲介社は遅れをとること

20180307_095909

[ハンギョンビジネス=チェ・グァンソク法務法人得亞弁護士]最近筆者は不動産直取引をする依頼人業者とともに人工知能(AI)を研究する大企業系列会社とミーティングを持ったことがある。
該当大企業系列会社は開発中であるAIを通じて不動産登記簿謄本など関連資料を基に賃貸借契約書など不動産取り引き契約書を自動で作成するのはもちろん取り引き関連法令と判決分析を通じて不動産取り引きに必要な権利分析まで可能なように研究中だった。

某法務法人所属弁護士もこの会社技術陣と共にしていた。
不動産直取引を運営する依頼人会社とのミーティングでは研究中であるAIが短い時間に多くの取り引きデータを習得することができるようにする話が行き交った。

◆AI導入で直取引増えるよう
グーグルのアルファGOのようにAIは人よりはるかにち密で正確な分析能力と計算能力を基に膨大な売り物情報で顧客が願う売り物に対する検索を容易にすることができる。
資料がぼう大だったり検索条件が難しくてもはるかにはやくて正確に売り物情報を検索して出すだろう。

驚くべき事実はこのような単純なデータ検索を越えていわゆる専門家の領域という取り引き契約書作成と権利分析まで念頭に置いて相当な程度の開発が進行中という点だった。
不動産取り引き専門家の領域にもAIがとても近く来ているということを皮膚で実感できる席であった。

この間の人の手と頭で疲れさすかというと思ってきた取り引き契約が実際には機械的に、言い換えればパターン化した定形的な作業で難なく可能だった。
概して取り引き契約書の特定欄は関連文書の特定の部分を基に作成される一定のパターンがあるのにそのパターンは一般の人たちが考えることぐらいそんなに複雑なことではなくてあえて高度化されたAIではなくても可能になり得るためだ。

その上人が関連文書の特定の部分を契約書にいちいち記載する過程で発生しうるエラーがAIを活用すれば大きく減るだろう。
アメリカの権原保険業系などでは契約書作成自動化過程を通じて関連資料を基に自動的に契約書を作成するツールが数年前からすでに実務で広く活用されている。

それならこういうAIサービスが普遍化すれば私たちの不動産取り引きにどのような変化が起きようか。
まず今までとは違い取り引き当事者の間の直取引が活発になることは明らかだ。

仲介士なしでAIの助けを受けて簡単に望む売り物を検索して取り引き契約書を作成して簡単な権利分析までできるならばあえて報酬が多くかかる公認仲介士サービスを利用する必要がないためだ。
このような直取引活性化は直取引売り物増加につながってこれを通じて再び直取引がさらに活性化する好循環構造につながって今までとは違い直取引が不動産取り引き市場の明確な大勢として位置を確立する可能性が高い。

結局単純に売り物情報を有しているということだけで経営されていた仲介業従事者は立つ場所を失うことになることだ。
売り物情報以外にAIが提供できないその他の何か、例えば投資価値分析、相手方との交渉力、複雑な法律、税務問題の分析など総合的であるサービスが可能になってこそ生存することができる。

次には直取引定着にともなう新しい付加サービスが活性化すると予想される。
直取引を通じて節約された仲介報酬を安全で品質高い取り引き契約に必要なその他他のサービス支給に使う余力が発生する可能性がある。

契約の特性にともなう正確な契約書作成、法律的な権利分析や税務コンサルティング、建築相談、商圏分析、財務コンサルティングなどが代表的だ。
その結果消費者は以前に比べさらに少ない負担で質的にさらに立派なサービスを受けることができるようになる。

◆公認仲介士、新しいパラダイム準備しなければ
最後に、仲介サービスは大きく萎縮することが明白だ。
直取引活性化で仲介件数自体が少なくなるためだ。

だが、皮肉にも仲介業系はAIを活用することに成らざるを得ない。
効率的で経済的なAIを導入するのは生存の次元であるためだ。

関連公簿発行、取り引き契約書草案作成などの業務で補助人材を使うことよりAIを活用することが正確性や費用面でさらに有益なこともある。
結局変化に適応できない仲介業者は完全に淘汰されるだろうが競争力がある仲介業者はAI導入を積極的に受け入れてより一層競争力を備えて貧益貧 富益富現象が予想される。

仲介報酬の差別化現象も明確になるだろう。
今まではほとんどすべての仲介業者が法定報酬の
限度までほとんど一律的に仲介報酬を受けてきた。

個別仲介業者で提供される仲介サービスにほとんど差がなかったし仲介業者間仲介報酬に関し暗黙的に談合してきたためだ。
法定仲介報酬以下で受けたり一方当事者にだけ仲介報酬を受けた仲介業者は他の多くの仲介業者から取り引きでいじめにあうなど有形無形の圧力を受けてきた。
そのために最高限度と設定された金額が一般的な報酬水準になってきた。

だがAI導入で仲介件数が少なくなって競争が激しくなって仲介報酬も差別化される可能性が高い。
このようにAI導入は不動産取り引きと関連した直間接の関連業界と雇用市場に広範囲な影響を及ぼす可能性が高い。

このために市場の変化を正確に予測して過去の枠組みに執着しない柔軟な思考でAIと共存できる知恵を集めなければならない。
特に不動産取り引き専門家グループは今よりさらに専門化されて高度化された知識と豊富な経験で洞察力を備えることができなければ淘汰される可能性が高いという点でAI問題により一層警戒心を持つ必要がある。

それにもかかわらず、一部専門家集団は不動産取り引き情報を独占するために職域間、同じ業種従事者の間茶碗戦いを繋いでいきつつある。
関連書類に記載された特定の部分を抽出して取り引き契約書に移して書く程度を何かすごい能力のように勘違いして安住していることさえする。

不動産取り引き契約や諮問を特定専門家集団が独占できるということは非常に安易な考えだ。
情報開放とAI導入という枠組みで見ようとするならこのような試みは初めから不可能なだけでなくあざ笑いを買うほかはないだろう。

新しいパラダイムに似合った能動的で創造的な思考が切実に必要な時点だ。

【出典】韓国/ネイバーニュース
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=004&oid=050&aid=0000047071

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す