【韓国】‘電子登記’関連金融機関取り締まり青瓦台に要請

image_printPrint

‘電子登記’関連金融機関取り締まり青瓦台に要請
強い記者strong@lawtimes.co.kr 入力:2018-01-22午後3:47:09

20180122_204544

法務士業界が金融圏の電子登記システム利用方式が不動産登記の安全性と登記関連法律市場生態系を威嚇していて政府次元の取り締まりと制度改善が急がれるという意見を大統領府に出した。

ノ・ヨンソン大韓法務士協会長は12日地方会長団と共に大統領府を訪問してハ・スンチャン大統領社会革新首席秘書官に会ってこのような憂慮を表明して’金融機関電子登記の問題点および改善方案提案書’を伝達した。

法務士協会は提案書で”銀行が入札で超低価格ダンピング価格を提示する特定法務法人に登記事件を集める方式で電子登記システムを利用している”として”入札された少数法務法人が全国金融機関登記業務を独占して6800人余り法務士の生存と現在2万人余りである事務員の働き口が脅威を受けている”と指摘した。

引き続き”事件を奪われた全国法務士事務室は電子登記が本格化した2015年から2年にかけてすでに事務員ネットの中の一つを送り出した実情”としながら”銀行圏が電子登記をより一層拡大する計画なので法律市場雇用生態系破壊は加速化するだろう”と憂慮した。

また”先進国は不動産取り引きを電子的に処理しても専門資格者の不動産権利分析など法律サービスを必ず経るようにして安全性を担保する”として”(専門資格者を排除して対面を通した本人確認なしで)公認証明書だけを基盤で電子登記を大量に申請できるようにした現行システムは取り引き安全性にも問題がある”と批判した。

それと共に”電子登記システムを通じて銀行設定登記が一部法務法人にずっと集中するならば廃業危機に置かれる法務士が増えて資格者代理人に賦課された当事者の本人確認の役割などは粗雑にする”として”金融監督機関を通じて銀行の電子登記業務形態を点検して、国民に被害が発生しない方向で制度を改善しなければならない”と強調した。

法務士協会自体の調査によれば全国法務士事務員数は2015年以前2万7000人余りに達したが2017年下半期には2万人余りに減った。

法務士業界は市中銀行が法務士を通じて登記所を訪問して処理した根抵当登記設定業務などを電子申請を利用して処理して特定法務法人に業務を委任して超低価格定額報酬制などを施行するとすぐに不実登記などを憂慮して対策を議論してきた。

一方電子登記積弊清算法務士委員会委員長を受け持っているチェ・ヨンスン(ソウル中央会)法務士など法務士1100人余りは去る16日電子登記根拠規定である不動産登記法第24条1項2号などの違憲確認を求める憲法訴訟(2018헌마49)を出した。

チェ法務士などは”不動産登記法第24条1項2号とこの法の委任を受けた不動産登記規則および大法院登記例規などは登記法の根幹である出席提出主義を無視して法務士の職業選択の自由と平等権などを侵害している”と主張した。

引き続き”現行金融圏の電子登記形態は法務士の生存権と国民の財産権の安全を無防備状態に追い出している”として”電子登記制度を出席提出主義の趣旨と電子登記の電子的特性を合わせる方向で再設計しなければならない”と指摘した。

【出典】韓国/法律新聞
https://www.lawtimes.co.kr/Legal-News/Legal-News-View?serial=139516&kind=AE04

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す