【韓国】見過ごすことはできない電子登記の現状況

image_printPrint

見過ごすことはできない電子登記の現状況
李天教法務士(京畿(キョンギ)北部会) 入力:2018-01-18 午前10:42:11

20180119_210014

今の不動産電子登記の現況を見れば、わずか何箇所の大型法務法人が第1金融圏などと契約して電子登記市場を独占して全国の第1金融圏電子登記を独占しているという。

それならわずか何人かで全国的に毎日その途方もない数の登記事件を申請して、いちいち登記申請委任状などは実際に誰が作成して受けていて、誰が公認証明書を受けているのだろうか?該当法務法人弁護士などは検討どころかその多くの事件を自分名義で申請しながらもその事実自体も知らずにいそうだという考えにもなる。

このような姿は結果的に弁護士と法務士から名義の貸与を受けて登記事件数万件余りを一気に処理する登記市場ブローカーの問題と何が違うものであろうか?

ところで最近このように何箇所かの業者が登記業務を独占する構造が可能な背景には、このような弊害が発生しないようにしなければならない大法院においてかえって特定金融機関に’SIGファイル形態の申請方法’というものを可能にしているためだとの指摘が提起されている。

そして見るので多分一般国民はこの電子登記をほとんど利用しないでほとんどの金融機関が利用しているものと見られる。
それなら国民の税金で用意された電子登記システムと電子登記申請にともなう恩恵が、結果的には大法院の本来趣旨とは違うように特定金融機関の利益のために利用されている結果になってしまった面があることだ。

個人的意見だが、これはもしかしたら電子登記申請が正常に稼動するための色々な前提条件と状況(資格者本人の直接業務遂行と本人の登記意思確認、ブローカーや名義貸与禁止など)が全く担保されなかった状況で、このようなシステムを無理に一部金融機関に許容して見たら、その小さい許容と恩恵だけでも結局は登記利害当事者の一方である金融機関ではこれを自分たちの利益を最大限実現する方法で活用することになって、そのような間に電子登記市場は崩壊になって登記関連専門資格者は立つ場所もなくなっていて、結局これらの利益を実現するのに大法院の最先端電子登記システムが動いている結果になっていると見られる。

すると万一、皆にこのような’SIGファイル形態の申請方法’を許容すればどうなろうか?これを正常に受け入れて稼動するための色々な前提条件と状況が用意されなかった今の状況では今のように全国の第1金融圏電子登記が一気に処理が終わらなくなることで、進んで誰も責任を負うことはできない途方もない事態が発生する可能性があるものと見られる。

したがってこのような状況で一部金融機関にだけ一種の恩恵(?)を与えるのは相当な問題でありうる。
事実多くの積弊を覗いて見れば積弊当事者には多くの便利と恩恵と利益を提供するものだ。
しかしそれは特典で反則であり、それによって誠実に生きていく多くの人々に絶望感と被害を与えるものだ。

しかし決して大法院がこのような姿のためにこの間国民の税金を使って電子登記申請制度を導入してシステムを構築してきたことではないだろう。
今でも電子登記市場が歪曲されないように、そして登記制度の色々な原則らと専門資格者制度の存立を揺さぶるようにすることが発生しないように、この電子登記運営で発生しうる否定的な問題状況をこれ以上放置してはいけないだろう。

李天教法務士(京畿(キョンギ)北部会)

【出典】韓国/法律新聞
https://www.lawtimes.co.kr/Legal-Opinion/Legal-Opinion-View?serial=139468&kind=

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す