【韓国】民事事件執行文インターネットで発行

image_printPrint

民事事件執行文インターネットで発行
イ・セヒョン記者shlee@lawtimes.co.kr 入力:2017-12-07午後4:56:05

今後民事事件執行文と送達証明、確定証明を家や職場でインターネットで簡単に発給を受けることができるようになる。

20171208_102931

大法院はこの間制限的に施行した諸証明インターネット申請および無料発行サービスを4日から拡大施行すると明らかにした。

法院は昨年11月から電子訴訟ホームページを通じて送達証明、確定証明、受付証明に対するインターネット申請および無料発行サービスを施行してきた。

しかし電算公証にともなう自動発行システムだけ構築されていたので諸証明発行担当者が中間で内容を確認しなければならない申請はサービス対象に含まれなくて直接法院を訪問して発給を受けなければならなかった。

法院はシステム整備作業を経て民事本案事件のインターネット諸証明発行サービスに担当者が申請内容を確認して証明書を発行できる手動発行システムを追加した。
これに伴い、執行文と送達証明、確定証明中インターネット発行にならなかった申請に対するインターネット申請と発行が可能になった。

発給担当者の審査を経て一度送達証明と確定証明が発行されれば以後同じ申請に対しては別途の承認なしで繰り返して再出力が可能だ。

また、電子訴訟で進めなかった事件も事件が終局された後電子訴訟同意をすればインターネットで諸証明書類の発給を受けることができる。
法院はまた、法務士業界の要請により法務士も電子訴訟会員加入を通じてインターネット諸証明手動発行システムを活用することができるようにシステムを改善した。

大法院関係者は”システム改善を通じて諸証明発行期間が短縮されて法院を訪問するのにかかる時間と努力も節減されると期待される”として”継続的な補完と高度化作業を経て国民が司法サービスを気楽に利用することができるように努力する”と話した。

【出典】韓国/法律新聞
https://www.lawtimes.co.kr/Legal-News/Legal-News-View?serial=123444&kind=AA01

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す