【韓国】日、広島司法書士会と学術交流

image_printPrint

日、広島司法書士会と学術交流
大邱(テグ)・慶北(キョンブク)法務士会
入力:2017-11-07午後5:53:21

20171108_112720

大邱(テグ)慶北(キョンブク)地方法務士会(会長チェ・ソンス)は先月26~28日2泊3日日程でチェ会長をはじめとする所属法務士11人が日本、広島司法書士会(会長髙尾昌二)を訪問して学術交流会を開いて友情を確かめた。

訪問団は26日松井一實広島市長を儀礼訪問して広島平和公園を訪ねて原爆犠牲者慰霊碑に献花した。

27日には広島司法書士会館で両会会員30人が参加した中で第3回学術交流会を開いた。

チョン・ジェウ法務士が’法務士本人確認制度の導入と現在の状況’を、小地原良樹成年後見センター支部長が’日本の成年後見制度利用促進法の成立と今後の対処’をそれぞれ発表した。
法務士会関係者は”今回の交流会は両会間の友好関係を強固にしてお互いの経験と知識を共有する意味深い時間だった”と話した。

【出典】韓国/法律新聞
https://www.lawtimes.co.kr/Legal-News/Legal-News-View?serial=122585&kind=AE&key=

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す