【韓国】引越しシーズン過度な法務士手数料被害急増…賢明な対策は?

image_printPrint

引越しシーズン過度な法務士手数料被害急増…賢明な対策は?
入力2017-10-18 10:51修正2017-10-18 13:10

不動産取引量が大きく増加する秋の引越しシーズンが帰ってきた。

大多数の不動産の買主は取り引きした公認仲介士と関連した法務士に所有権移転の登記を委任しているが、登記のための実費以外にも手数料が過多策定されて全て買主が負担しなければならない場合が多い。

例えば、売買価格10億のアパート[仮訳者注:アパートは日本で言う「マンション」のこと。]登記手数料の場合、90~100万ウォン台で形成されているが、この中で40~50万ウォンのリベートが入っている。
法務士会の資料によれば昨年釜山(プサン)だけで不法リベート規模が100億ウォンを超過すると推定されている。

一部法務士はリベートで支払った金額を保全するために国民住宅債権割引費用を膨らませたり手数料を過多徴収することによって消費者に被害をもたらせている。
[仮訳者注:国民住宅債権割引費用:政府が国民住宅事業に必要な資金を調達するために発行する債権をいう。不動産を購入したり、購入(所有)するとき不動産担保で金融機関で貸し出しを受けるときに国民住宅債権を買いとらなければならない。国民住宅債権は買いとる債権の価格が高くてまた利率も高くないために普通所有しないで購入後すぐに割引して売ることになるのであるがこの時に発生する費用を国民住宅債権割引費用という。]

20171031_113752

これに対して安くて安全に登記をしようと考える消費者の需要を反映した多様なサービスが発売されている。

その中でも’セルプ登記’アプリはオフライン見積もり対比最大50%安い金額に所有権移転登記を終わらせることができて人気を呼んでいる。

簡単な情報入力だけでもリアルタイムで見積もりを確認でき、法律代理人が残金現場に直接出席して所有権移転登記関連すべての業務を安全に遂行する。
2016年発売されたこのアプリは累積売買貸金(代金)8,000億ウォンを突破して消費者選好度1位を達成する程消費者に大きい呼応を得ている。

このように不動産登記市場で消費者に便宜性と費用削減効果を提供できるサービスが一日も早く定着してこそ、また他の被害者を未然に防止できる最善の方法だと専門家たちは話している。

【出典】韓国/チュンド日報
http://www.joongdo.co.kr/main/view.php?key=20171018001049214

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す