【韓国】4次産業革命委員会、民間委員20人委嘱…産業・ベンチャー現職から行政・科学教授まで多様

image_printPrint

4次産業革命委員会、民間委員20人委嘱…産業・ベンチャー現職から行政・科学教授まで多様
キム・ボムス記者
入力:2017.09.25 17:29 |修正:2017.09.25 17:38

4次産業革命委員会はチャン・ビョンギュ委員長を含んだ民間委員20人を全部委嘱完了して第1期委員会が活動に乗り出すと25日明らかにした。

今回の委員会構成には4次産業革命と関連した科学技術、産業、社会など分野別専門性を持つ革新的な民間専門家たちが大挙参加した。

4次産業革命委員会は9月26日ソウル、光化門(クァンファムン)でチャン・ビョンギュ委員長、民間委員、科学技術情報通信部長官、科学技術補佐官など政府委員が参加した中で委員会銘文掲示式典と委員懇談会開催を始まりに公式活動を開始する予定だ。

4次産業革命委員会は政府委員5人、チャン・ビョンギュ委員長を含んだ民間委員20人で構成される。
政府委員5人はユ・ヨンミン科学技術正統部長官、ペク・ウンギュ産業部長官、キム・ヨンジュ雇用労働部長官、チェ・スギュ中小ベンチャー企業部次官、ムン・ミオク科学技術補佐官幹事が引き受ける。

民間委員は産業界、ベンチャー業界、行政・科学教授や研究員など多様な領域で委嘱された。
チャン・ビョンギュ委員長はゲーム会社ブルーホール理事会議長で、20年間インターネット、検索エンジン、ゲーム業者を創業して経歴を積み重ねた情報技術(IT)専門家だ。
産業界ではコ・ジン韓国無線インターネット産業連合会長、キム・フンス現代自動車コネクティビティ室長、ムン・ヨンシク 共有社会ネットワーク共に生きる理事長、パク・チャンヒSKTコミュニケーション プラットホーム本部長、イ・ギョンイル ソルトルックス代表、チュ・ヒョンチョル ソウル産業振興院代表理事などが参加する。

ベンチャー業界ではペク・スンウク ルニト代表とイム・ジョンウク スタートアップアライアンス センター長が委嘱された。

学界ではカンミン梨花(イファ)女子大行政学科教授、ノ・キュソン鮮文(ソンムン)大経営学科教授、パク・ジョンオ全南(チョンナム)大機械工学部教授、ペク・ソンヒ ソウル大生命科学部教授、ソ・ウンギョン全北(チョンブク)大半導体科学技術学科教授、イ・テシク釜山(プサン)大経済学部教授、イ・ヒジョ高麗(コリョ)大通信工学部教授、イム・チュンソン延世(ヨンセ)大情報産業工学と教授、ハン・ジェグォン漢陽大産学協力重点教授などが含まれた。

研究員ではカン・スヨン航空宇宙研究院専任研究員とイ・ジェヨン国土研究院スマートグリーン都市研究センター長がある。

1期委員長を引き受けたチャン・ビョンギュ委員長は“政権が変わって新しい変化の波が起きていて、現場経験を持つ若い見解を持って新しい変化に少しでも役に立てると良いだろう”と話した。

【出典】韓国/朝鮮Biz
http://biz.chosun.com/site/data/html_dir/2017/09/25/2017092502245.html

こちらの記事もどうぞ:

    None Found

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す