【韓国】不安定な日本のロースクール…統廃合本格的に推進

不安定な日本のロースクール...統廃合本格的に推進
image_printPrint

不安定な日本のロースクール...統廃合本格的に推進
不安定な日本のロースクール…統廃合本格的に推進

[ 2013-04-11 ]
不安定な日本のロースクール…統廃合本格的に推進
日、法務省法曹養成制度検討会議の提案
実質合格率25.1%、ロースクールの志願者急減により
法曹人口3000人排出目標廃棄

日本政府は、司法試験合格者と法科大学院(ロースクール)の志願者急減により競争力が低下するロースクールを統廃合する案を本格的に進めている。今回の措置は、先月、日本政府が年間法曹3000人排出目標を事実上廃止したのに引き続き導入9年目を迎えた日本のロースクールが不安定である。9日、現地メディアによると、法務省は、ロースクール制度の改革のために設置された法曹養成制度検討会議では、司法試験合格率が低下し、教育の質が低いロースクールには、政府支援金の削減、裁判官と検察官の教員派遣停止などにより統廃合を誘導する必要があると提案した。

日本は法学教育正常化を通じた法曹を養成するため、韓国より5年早い2004年にロースクール制度を導入したが、70校以上のロースクールが乱立し、ロースクール卒業生の司法試験合格率が、昨年には25.1%まで下がって悩みの種となっている。ここに法律市場の不況まで重なり、ロースクールの志願者が激減して危機を迎えている。日本の弁護士の約11%は、財政難で弁護士会費を払えず弁護士登録を放棄している。オフィスを見つけられず、自宅で一人で独立して依頼人を探している”ソクドク弁護士(卽独弁護士)’まで登場した。法律事務所に就職して給料を受け取る弁護士を”イソベン’、イソベンより1つ下に法律事務所に就職はしたが、給料を受けていないクライアントも直接探している弁護士をノキベン(家の軒下を借りるだけ、という意味)”と呼ばれノキベンよりも困難を経験する弁護士まで生じている。

このため、大学自ら統廃合したり、閉鎖するロースクールもできた。昨年には、有名大学の明治学院大が2013年からロースクール新入生募集を停止することを決定した。2011年には姫路獨協大学が新入生募集を停止し、桐蔭横浜大と大宮大ロースクールを統合した。2012年ロースクール志願者は1万8446人で、ロースクール発足当時の4分の1に過ぎなかった。 一方、ロースクールの本山である米国でも今年9月に新学期を控え、36年ぶりに志願者数最低を記録し、不安定寄せている。名門ノースウェスタン大ロースクールは、志願者の減少に庭を縮小するまでにした。

オンラインニュースチーム

【出典】韓国/法律新聞
http://www.lawtimes.co.kr/LawNews/News/NewsContents.aspx?serial=74086&kind=AK&page=1

<管理者注>
原文の写真の下に記載されているキャプション
「写真=2013年から新入生募集を中断することに決めた日本、明治学院大学」

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す