【韓国】『不動産登記原因行為の公証制度義務化に よる社会的費用と便益に関する法経済学的 分析研究』

"アジア法制度研究会"
image_printPrint

2011年度法務部
研究サービス課題報告書
『不動産登記原因行為の公証制度義務化による社会的費用と便益に関する法経済学的分析研究』

—–

-本文より-

不動産物権変動に関連した改正議論があるたびに登記の公信力および登記原因証書の公証義務化制度の導入に対する議論は毎度繰り返して提起された。この報告書では共にペアで登場する二種類の主題のうちに登記原因証書の公証に焦点を合わせてそれが義務化される場合の社会的便益および費用を法経済学的に分析してみた。そのような議論に入るのに先立ち必須的に我が国の現実と不動産物権変動に関連した諸条件に関する事項を調べてみる作業が先行しなければならなかった。

—–

国家制度のすべてを費用便益の比較理論のみによって割り切って良いかどうかと言う根本問題もあるところだと思いますが、本報告書は登記原因証書の公証義務化制度の導入に対する詳細な検討がされています。

参考として仮訳を行いましたので、提供します。

‘不動産登記原因行為の公証制度義務化’による社会的コスト(全文仮訳)20171019

なお、原文は
http://www.prism.go.kr/homepage/entire/retrieveEntireDetail.do;jsessionid=22AEA37514DECEB1B1938479E6608320.node02?cond_research_name=&cond_research_start_date=&cond_research_end_date=&research_id=1270000-201100044&pageIndex=943&leftMenuLevel=160

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す