【韓国】新韓銀、大対韓法務士協会と外国人投資企業支援関連業務協約

image_printPrint

新韓銀、大対韓法務士協会と外国人投資企業支援関連業務協約
リュ・ヨンサン記者入力:2017.07.19 16:57:01

20170720_011746
写真説明 チェ・ビョンファ新韓銀行副銀行長(左側)とノ・ヨンサン大韓法務士協会会長が業務協約締結後記念撮影をしている。

新韓銀行は大韓法務士協会とともにソウル、中区(チュング)所在新韓銀行本店で外国人投資企業支援のための業務協約を締結したと19日明らかにした。

今回の業務協約を通じて新韓銀行と大韓法務士協会は外国人直接投資関連情報を共有して国内投資を望む外国顧客に関連法律相談と金融相談を共に提供する予定だ。

これで新韓銀行は20ヶ国150個のグローバルネットワークとKOTRA、経済自由区域庁の業務協約プラットホームなど既存インフラに加えて総合的な金融・法律相談サービスを提供できることになった。

新韓銀行関係者は”6700人余りの法務士が所属している法務士協会との協約を通じて国内投資を望む外国投資企業に総合的である金融・法律相談サービスを進めることができるようになった”と話した。
[デジタルニュース局 リュ・ヨンサン記者]

【出典】韓国/毎日経済& mk.co.kr
http://news.mk.co.kr/newsRead.php?year=2017&no=485519

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す