【韓国】”司法府、4次産業革命時代利害関係調整悩まなければ”

image_printPrint

“司法府、4次産業革命時代利害関係調整悩まなければ”
司法政策研究員、’4次産業革命と司法の課題’シンポジウム
イ・スンギュ記者soonlee@lawtimes.co.kr 入力:2017-05-24午後5:47:25

20170526_100216

司法政策研究院(院長ホ・ムニョク)は24日瑞草洞(ソチョドン)裁判所総合庁舎1階大講堂でソウル大公益産業法センター(センター長イ・ウォンウ)と韓国知識財産協会(会長オ・ジョンフン)共同で’4次産業革命と司法の課題’を主題としてシンポジウムを開催した。

今回のシンポジウムは4次産業革命に司法府が進取的に対応するために開催したもので自律走行自動車、フィンテック、医療・バイオ産業界の国内最高専門家たちを招請して4次産業革命のビジョンと進行状況、現場のジレンマを聞いて皆一緒に解決方案を模索した。

この日ヤン・スンテ大法院長とコ・ヨンハン法院行政処長、チェ・ワンジュ ソウル高等法院長、カン・ヒョンジュ ソウル中央地方法院院長、カン・ミング法院図書館長、イ・ギョンチュン、フェセン法院長、ノ・テアク ソウル北部地方法院院長と首席部長判事など法院関係者以外にもクォン・オゴン韓国法学院長、イ・チャンヒ ソウル地方弁護士会会長、チェ・ソンジュン前放送通信委員会委員長、チョン・ウィソン現代自動車副会長、イ・ヨンド法律新聞社社長、キム・チャヘ消費者市民会会長、映画俳優チョン・ボソクとKBS ‘名犬万里’製作チームなど各界各層の人々が参加した。

特に大学生と研究員、企業家、公務員などシンポジウムの事前登録者が500人に達して行事場所400席が満席を成し遂げた。
シンポジウム内容はフェイスブックを通じてリアルタイムで中継された。

ホ院長は祝辞で”4次産業革命で呼ばれる社会変化は社会の葛藤と紛争を法的に解決しようとする司法制度にも甚大な影響を及ぼすと予想される”として”私たちの法制度ないし司法制度が産業革命に障害物でなく促進剤になることが好ましい”と話した。

コ処長は”司法府は時代の変化に合わせて絶えず発展していくという意味の與時俱進の姿勢で4次産業革命に能動的に対処しようと多様な努力を傾けている”として”民間分野の最高専門家たちが参加する’司法情報化発展委員会’を発足して中長期青写真を用意した”とした。

引き続き”司法府は昨年10月4次産業革命概念を世界で初めて主に主張したクラウス シュバプ世界経済フォーラム会長とアラン人工知能研究所長などが参加した中で国際法律シンポジウムを開催した”として”技術革新時代に先制的に対応して他の公共機関はもちろん技術革新時代に備える民間分野の知恵と努力を習うために最善を尽くす”と強調した。

キム・サンホン ネイバー前代表理事は’人工知能とネイバー、そして司法的課題’を主題にした基調講演で”人工知能の導入は必然的”としながら”政府は人材および研究に対する投資を後押しして国会、司法府とともに規制整備に積極的に出なければならない”と注文した。

それと共に”データの保護と利用に対する社会的合意、アルゴリズム公開範囲および使用者の知る権利関連規制などの樹立が必要だ”と”法院は衝突する利害関係をどのように調整しなければならないのか悩まなければならないだろう”と話した。

一方クォン・モンシク現代自動車副会長は’Future Mobility Vision’を、イオン佳泉医大キル病院副院長は’ドクターAIワトソンの診療適用と4次産業革命’を主題として基調講演をした。

【出典】韓国/法律新聞
https://www.lawtimes.co.kr/Legal-News/Legal-News-View?serial=118300&kind=AA

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す