【韓国】”合理的価格で良質の法律サービス…法務士にも弁護士資格付与しなければ”

image_printPrint

“合理的価格で良質の法律サービス…法務士にも弁護士資格付与しなければ”
“回生・破産直接扱っている法務士に’申請代理権’付与しなければ”指摘も
法務士協会・ペク・ヘリョン議員、国民の司法接近権・法務士発展的方向摸索公聴会
パク・スヨン記者sypark@lawtimes.co.kr 入力:2017-04-13午後4:24:21

20170415_012430

国民に合理的な価格で良質の法律サービスを提供するためには法務士にも弁護士資格を付与して選択権を与えなければならないという主張が提起された。
品質と価格面で自然な競争を誘導して法律サービスの質が向上することができるということだ。

また、回生・破産事件を直接扱っている法務士に’申請代理権’を明らかに付与する立法も推進して依頼人が各段階別に委任をしなければならない煩わしさもなくして法務士からワンストップ サービスを受けられるようにしなければならないという主張も出てきた。

大韓法務士協会(協会長ノ・ヨンソン)は12日ソウル、汝矣島(ヨイド)国会議員会館第1セミナー室でペク・ヘリョン(50・司法研修院29期)共に民主党議員と共に’国民の司法接近権と法務士の発展的方向摸索のための公聴会’を開催してこのような問題を議論した。

この日公聴会はチェ・ヨンスン漢陽大ロースクール教授の司会で、ユン・ドンホ国民大法大教授と大韓法務士協会法制研究委員であるチェ・ヒョンジン法務士が主題発表に出た。

ユン教授は”弁護士なしで私一人で訴訟をする国民の中で大多数は法務士に助けを受けている”として”法廷でも法務士の助力を受けることになるならば国民に実質的な助けになることになること”と主張した。
引き続き”相談は法務士に受けて訴訟代理は弁護士にするようにするのは費用を二重で負担させること”と指摘した。

ユン教授は”法務士と弁理士、税理士、関税士、労務士など既存の専門資格社に弁護士資格を付与しても、当初自身の専門領域でない領域ならば弁護士に比べてその実力が脆弱にならざるをえなくて既存弁護士の業務領域に及ぼす影響は大きくないこと”としながら”ただし法務士は100年以上国民の最も近いところで法律専門家として助力を提供してきたので弁護士資格を付与するのに異見がないが、他の専門資格者は職域の特性などによりどんな条件により弁護士資格を付与するかは議論が必要だろう”と強調した。

引き続き”他専門資格者が弁護士資格を与えられる場合には総量規制のためにその職域の新規排出は中断されなければならない”と付け加えた。

この日公聴会では国民の司法接近権を幅広く保障するために法務士に回生・破産事件の申請代理権を明らかに認める立法が必要だという主張も提起された。

現行法上法務士は依頼人から回生または、破産申請を委任されて申立書を作成・提出する業務を遂行しているが、弁護士とは違い’申請代理権’が別にないので法院の補正命令が出てくれば再び債務者から補正書作成と提出に関する委任を新しく受けなければならない。

ところで手続きが進行されて新しい法律的争点がふくらむ訴訟とは違って、回生・破産事件では申立書受付後の手続き大部分が債務者と家族の財産関係、債務額の使い道、最近貸し出しの有無などを釈明したり債務元利金を修正するなど法院の補正要求により申立書の内容を補充・補完することに過ぎないので毎度また再び委任手順を踏むようにするのは法律サービス需要者である国民をわずらわしくする不必要な手続きというものだ。

チェ法務士は主題発表で”回生・破産申請を法務士に委任した依頼人(債務者)が以後補正手続きなどでまた他の法務士や他の人に関連業務を委任する場合は殆どない”として”結局同じ人が引き続き法律サービスを提供しているが不必要に毎度委任状を出すようにする現行制度はかえって不便さを招いている”と指摘した。

引き続き”国民を実質的に助力できる法務士に回生・破産事件に対する申請代理権を付与するならば国民により一層安全で便利な法律サービスを提供できるだろう”と強調した。

彼はその他にも”法務士に△司法補佐官業務である非訟事件と執行事件の申請代理権△民事小額事件の訴訟代理権を法務士に付与しなければならない”と主張した。

ノ協会長は”法務士は過去120年の間国民の日常底辺で黙黙と自らの役割をしてきた”として”これからは法務士に適当な法的地位と役割が与えられなければならないだろう”と話した。

イ・ナムチョル ソウル中央地方法務士会長も”立法を通じて法務士業界がより一層国民に良質の法律サービスを提供するのに先に立てるように今後推進される法務士法改正作業では現在の法務士の役割を強化するのに後押しされることを期待する”とした。

【出典】韓国/法律新聞
https://www.lawtimes.co.kr/Legal-News/Legal-News-View?serial=109375&kind=AE&key=

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す