【韓国】2013年第1回登記法フォーラム開催案内(大韓法務士協会法制研究所・韓国登記法学会共同法学セミナー)

2013年第1回登記法フォーラム開催案内(大韓法務士協会法制研究所・韓国登記法学会共同法学セミナー)
image_printPrint

2013年第1回登記法フォーラム開催案内(大韓法務士協会法制研究所・韓国登記法学会共同法学セミナー)
2013年第1回登記法フォーラム開催案内(大韓法務士協会法制研究所・韓国登記法学会共同法学セミナー)

お知らせ
2013年第1回登記法フォーラム開催案内(大韓法務士協会法制研究所・韓国登記法学会共同法学セミナー)
2013.4.10

-韓国登記法学会・大韓法務士協会法制研究所共同法学セミナー-
2013年第1回登記法フォーラム開催

1.開催日時および場所
(1) 2013年4月19日(金)14:00~18:00 (登録13:30 ~ )
(2)法務士会館法務士研修院(地下1階)

2.発表主題およびセミナー時間表

時間         主題および発表者    備考

13:30 ~ 14:00   登録および資料配付

14:00 ~ 14:20   開会式
開会辞:キム・ヨンヒョン会長(韓国登記法学会)
:アン・カプチュン所長(大韓法務士協会法制研究所)
祝辞:イム・ジェヒョン協会長(大韓法務士協会)
:ソジュクケン理事長(韓国登記法学会)
討論司会:オ・シヨン教授(崇実(スンシル)大法学科、法務法人トンソナップ弁護士)

14:20 ~ 15:10
第1主題:不動産登記法第80条共同抵当の代位登記に対する検討
主題発表:チェ・ミョング教授(釜山経済大学校法学科)
指定討論:キム・チャニョン弁護士(ソウル地方弁護士会、法務法人セガン)

15:10 ~ 16:00
第2主題:遺贈にともなう登記手続きの問題点と改善法案
主題発表:チョヨン教授(裁判所公務員教育院)
指定討論:キム・イルス法務士(大韓法務士協会法制研究委員)

16:00 ~ 16:30    Coffee Break

16:30 ~ 17:20
第3主題:動産・債権担保制度の動向と登記実務上のいくつかの問題点
主題発表:キム・ヒョソク法務士(韓国登記法学会会員)
指定討論:キム・チャング教授(啓明(ケミョン)大学校法学科)

17:20 ~ 18:00    総合討論および閉会

【出典】大韓法務士協会ホームページ
http://www.kjaa.or.kr/home/sub.asp?m_id=3&s_id=2&gubun=gong&div=VIEW&Number=1186

(参考)
不動産登記法
第80条(共同抵当の代位登記)
① 登記官が「民法」第368条第2項後段の代位登記をするときには第48条で規定した事項の他に次の各号の事項を記録しなければならない。
1.売却不動産(所有権以外の権利が抵当権の目的であるときにはその権利をいう)
2.売却代金
3.先順位抵当権者が弁済受けた金額
② 第1項の登記には第75条を準用する。

第75条(抵当権の登記事項)
① 登記官が抵当権設定の登記をするときには第48条で規定した事項の他に次の各号の事項を記録しなければならない。ただし、第3号から第8号までは登記原因にその約定がある場合にのみ記録する。
1.債権額
2.債務者の氏名または名称と住所または事務所所在地
3.弁済期
4.利子およびその発生期・支給時期
5.元本または利子の支給場所
6.債務不履行による損害賠償に関する約定
7.「民法」第358条ただし書の約定
8.債権の条件
② 登記官は第1項の抵当権の内容が根抵当権の場合には第48条で規定した事項の他に次の各号の事項を記録しなければならない。ただし、第3号および第4号は登記原因にその約定がある場合にのみ記録する。
1.債権の最高額
2.債務者の氏名または名称と住所または事務所所在地
3.「民法」第358条ただし書の約定
4.存続期間

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す