【韓国】回生法院開院合わせて’法務士回生・破産法研究会’発足する

image_printPrint

回生法院開院合わせて’法務士回生・破産法研究会’発足する
2017年第2回在京地域法務士会長団懇談会
パク・スヨン記者sypark@lawtimes.co.kr 入力:2017-02-23午後4:20:18

20170223_231806

在京地域地方法務士会会長が来月ソウル回生法院開院に合わせて法務士で構成された’回生・破産法研究会’を作って関連法律サービスの専門性を高めることにした。

在京地域法務士会長団は21日方背洞(パンベドン)、ソウル中央地方法務士会館で懇談会を持ってこのように決めた。

在京会長団会議はソウル中央地方法務士会(会長イ・ナムチョル),ソウル東部地方法務士会(会長チョ・テイク),ソウル南部地方法務士会(会長キム・ヘジュ),ソウル北部地方法務士会(会長コ・ヨンファン),ソウル西部地方法務士会(会長イ・ジンス),京畿(キョンギ)北部地方法務士会(会長キム・ヒソン)会長の協議体で、毎月1回会議を開いて法務士業界の重要懸案を議論する。

この日会議では在京地域法務士で構成される’回生・破産法研究会’発足案件が主な議題に上がった。

会長団は研究会を通じて回生・破産分野△研究およびセミナー開催△関連論文などが収録された資料集発刊△制度改善案議論などの事業を推進することにした。

イ・ナムチョル ソウル中央地方法務士会長は”研究会活動により回生と破産分野で法務士の役割を強化して回生・破産制度の発展に積極的に寄与する”と話した。

【出典】韓国/法律新聞
https://www.lawtimes.co.kr/Legal-News/Legal-News-View?serial=108279&kind=AE

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す