【韓国】[創刊66周年企画]法務士業界、‘本職による本人確認義務化’

image_printPrint

[創刊66周年企画]法務士業界、‘本職による本人確認義務化’
登記市場安定性強化…良質の法律サービス提供
パク・スヨン記者sypark@lawtimes.co.kr 入力:2016-12-01午前9:02:42

20161201_123923

A法務士は依頼人Bさんが相続登記をしてくれとしながら持ってきた除籍謄本を見ておかしな気配を感じた。
Bさんの除籍謄本が正常な除籍謄本と違ったためだ。

A法務士は除籍謄本が偽造された書類であることもあるという考えから住民センターで原本を確認したし、原本にはBさんでない他の人が相続人と記載された事実を確認した。
A法務士は警察にこのような事実を申告したしBさんは結局首筋をつかまれた。

相続登記は相続人が身分関係を証明する書類を持ってきて登記を依頼するので本人でない者が偽造された書類を通じて登記を試みる可能性がある。
A法務士はBさんが真の権利者(本人)なのかどうかを几帳面に確認して不祥事を未然に防いだのだ。

来年1月1日から法務士が依頼人を必ず会って当事者本人の登記意思などを直接確認して登記業務を処理するようにする’本職による本人確認制度’が施行されるにつれ法務士業界も忙しくなっている。
本職による本人確認制度は法務士法に規定されていたが一部法務士は依頼人と通話だけして事務長や事務職員などが依頼人に会うようにして実務でよく守られなかった。

だが、本職による本人確認がすべての法務士に義務化されれば法務士が直接登記をしようとする当事者から真の意思を確認しなければならない。
したがって業界業務方式などに大きい影響を与えると予想されて法務士の関心が集中している。

先立って大韓法務士協会(協会長ノ・ヨンソン)は去る6月開かれた第54回定期総会で本職による本人確認義務を大幅強化する内容の会則改正案を議決した。
現行法務士法第25条は’法務士が事件を委任されれば住民登録証・印鑑証明書など法令により作成された証明書の提出や提示、その他にこれに対し準ずる確実な方法で委任者が本人やその代理人であることを確認しなければならなくて、その確認手法と内容などを事件簿に書かなければならない’と規定して本職による本人確認義務を明示している。
だが、実務でよく守られなくて本人確認制度が形骸化されているという指摘が提起された。

これに対し法務士協会は会則を改正して本人確認義務を義務化して法務士の注意を喚起させることにした。
ただし改正会則を直ちに施行すれば法務士が業務処理に困難を経験することがおきるため準備期間を経た後来年から施行することにして残りの期間の間全会員たちを相手にアンケート調査をする一方全国18個の地方会会長が集まった会長会などで関連事案に対して議論して具体的な運営方案を用意してきた。

法務士業界はこのような制度が施行されれば登記市場が混濁しているようになることを防ぐことができると期待している。
法務士協会関係者は”国民により良質の法律サービスを提供するために法務士自ら努力しようという意思を見せるもの”としながら合わせて”一部非正常的に運営された法務士や弁護士事務室の正常化を試みる契機になると期待される”と話した。

瑞草洞(ソチョドン)のある法務士は”制度が義務化される前だが今でも直接現場に出て行って依頼人の印鑑証明書と身分証等を通して本人なのかどうかを確認して印鑑証明書と身分証発行日まで几帳面に確認する”として”法務士という役割と責任感を持って本職が登記意思などを詳細に尋ねて問い詰めるのでこの過程で適当な詐欺師は全部取り除くことができると見る”とした。

他の法務士も”制度が施行されれば名義だけ貸して実務は全くしない資格者を根絶することができる契機になること”としながら”各種登記事故を予防するために今後法務士だけでなく弁護士にも義務が賦課されるように不動産登記法を改正する方案まで拡大するように願う”と強調した。

経歴11年目のある法務士も”本人確認義務が与えられれば専門資格者の役割の形骸化を防いで登記安全性も強化することができる”として”これが結局国民の被害を最小化する方法”と指摘した。
だが、制度義務化に対する憂慮の声もある。

ある法務士は”本職による本人確認をすべての法務士に義務化しようとする意図と趣旨には共感するがこれが本当によく守られることができようかと思う疑問を感じたりもする”として”守らない者はどのように摘発してどのように制裁するのかを真剣に悩む必要がある”と話した。

彼は”法務士協会の会則だと事実上義務であるが、これを法務士に強制できることなのか、でなければ強力な勧告事項程度で終わらなければならないのかに対する意見の差異もある”とした。

【出典】韓国/法律新聞
https://www.lawtimes.co.kr/Legal-News/Legal-News-View?serial=105775&kind=AE

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す