【韓国】エスクロー供託・登記電子システム構築しなければ

image_printPrint

エスクロー供託・登記電子システム構築しなければ
ファン・ユンチャン法務士(蔚山(ウルサン)地方法務士会)
入力:2016-11-21 午後1:58:03

20161123_123145

[Ⅰ]はじめに

1.本建議は登記公信力向上と不動産安全取引の企図、電子登記申請制度および不動産安全取引総合支援システムの国民不動産生活定着に寄与、不実登記防止などのための資格者代理人の本人確認制度強化などのためのものである。

法院行政処と国土交通部は共同で不動産安全取引支援のための不動産安全取引総合支援電子システム(以下不動産支援システムという)を構築中にある。

不動産支援システムと現行の法制度で国民に安全な不動産取引を支援するには売主の取引代金授受権利と買主の登記権利を法院(インターネット登記所)が不実登記なしで保障する電子的制度的システムが必要だが不動産支援システムと現行の法制度にはそういうシステムがない。

2.電子政府法第9条、第10条、第16条、第18条などによれば①行政機関などの長は請願人が当該機関を訪問するということがなしで嘆願事項などを処理することができるように関係法令の改善、必要な施設およびシステムの構築など諸条件を用意しなければならなくて、②嘆願事項などを処理する時に当該請願人などの身元を確認する必要がある場合には大法院規則に定める方法でその身元を確認できて、③国民生活の安全保障のための電子政府サービスを開発して提供するべきで、④先端情報通信技術を活用して国民がいつでもどこででも活用できるユビキタス基盤の電子政府サービスを提供しなければなければならないと規定している。

3.したがって法院行政処長は第2項の電子政府法上の義務履行として「不動産取引情報、申請事件に対する裁判情報、滞納処分情報などが登記簿にリアルタイム電子公示⇒ 取引代金の支給および受領を電子供託による登記簿権利者の金融口座入金(以下電子バンキングという)を条件とする電子契約成立⇒ 契約と同時履行で電子登記(または、取引情報公示登録)申請⇒ 電子登記(または、取引情報公示登録)申請と連係連動される取引代金の電子供託および電子バンキング申請⇒ 登記官が供託官に電子登記(または、取引情報公示登録)申請に却下理由ないということをリアルタイム電子通知⇒ 供託官が登記官に供託代金の電子バンキング申請に不受理理由ないということをリアルタイム電子通知⇒ 登記官の電子登記校合とその連係連動の電子供託受理⇒ 供託受理システムと登記校合システムの連係連動で供託代金が登記簿権利者金融口座で電子バンキング⇒ 本人スマートフォン連係の取引経過のSMSアラート」などが次々と進行されるエスクロー供託・登記の電子システム(以下「エスクロ供託・登記電子システム」と言う)を構築して国民に登記と取引代金授受が同時履行される電子サービスと不実登記防止と不動産安全取引を支援する便益を提供することを建議する。

4.国民が電子不動産取引で「エスクロー供託・登記電子システム」を活用して不動産事故なく登記権利を安心取得できるユビキタス基盤の電子政府サービスを提供されるようにするために本建議をする。

[Ⅱ]目 的

1.電子政府法第9条、第10条、第16条、第18条、第19条などの規定により不動産取引支援システムのワークスペース(以下不動産ワークスペースという)と連係連動される「エスクロー供託・登記電子システム」を構築するようにして電子不動産取引でいつでもどこででも誰でも活用できるユビキタス基盤の「エスクロー供託・登記電子システム」の電子政府サービスを国民に提供して国民が不実登記のない登記権利を取得することができるようにすることにある。

2.登記簿に「取引公示部」を新設して不動産取引情報、申請事件などに対する法院の決定情報、滞納処分情報などをリアルタイム公示されるようにして国民の不動産安全取引支援と第三者の被害を防止することに目的がある。

3.紅彩情報を「エスクロー供託・登記電子システム」の本人認証手段として電子登録する規則を制定して①不動産詐欺などの不動産事故を防止して不実登記を防止して電子登記の公信力を強化して、②資格者代理人名義の貸与・盗用などで発生する不実登記の防止および非資格者電子申請などの不実登記発生原因を遮断して、③国民の電子不動産取引生活において不実登記のない不動産安全取引および登記財産権の安心取得寄与に目的がある。

4.不動産安全取引サービス政策で議論されている金融界のエスクロー手数料、権原保険料、不実登記被害補償財源用登記手数料などの国民の登記費用負担を解消することに目的がある。

[Ⅲ]建議案の説明

1.本建議は第[Ⅰ].3項の「エスクロー供託・登記電子システム」が、第[Ⅰ].3項で説明した進行順序で連係連動されるようにする供託および登記の電子システムの改善構築を建議するというものである。

2.本建議は登記簿の丙区に不動産取引情報公示用の「取引公示部」を新設して「取引公示部」に不動産取引情報、申請情報に対する裁判情報、滞納処分情報などがリアルタイム公示されるようにする供託・登記の電子システムの構築を建議するというものである。

3.本建議は電子供託および電子登記申請者(登記簿権利者、買受け/賃借りなどの契約者、資格者代理人など)の紅彩情報を法院出頭方式の電子登録をするようにしてその紅彩情報を「エスクロー供託・登記電子システム」の本人認証手段で使うようにすることによって国民に取引代金の安全授受および登記権利安全取得の電子政府サービスを提供するというものである。

4.本建議は資格者代理人の電子申請代理の場合に国民の紅彩情報なしに代理人だけの紅彩情報で電子供託および電子登記申請をするようにすることで-国民には該当機関訪問なく嘆願処理の便益を提供されるようにして-資格者には資格付与に対する社会的責任を強化して-代理人名義の利用・貸与・盗用などによる電子申請を不可能なようにして、-非資格者の電子申請など不実登記発生の原因を基本的に遮断するというものである。

5.本建議は資格者代理人の登記申請代理の場合、その代理人が不動産取引現場で不動産ワークスペース連動の「エスクロー供託・登記電子システム」を利用して、当事者双方の面前で買主には不実登記がない安全な登記簿上の権利を取得させて登記簿権利者には取引代金が権利者の金融口座に安全にバンキングなるようにするなどにより国民に不実登記と取引代金詐取のない安全な電子不動産取引の便益を提供することができるようにするというものである。

[Ⅳ]建議案の内容

登記・供託の電算システムが連動されるように電子システムを下記のように構築することを建議する。

1.登記簿に[丙区]の[取引公示部]新設の建議
登記簿に[丙区]の[取引公示部]を新設して不動産取引のリアルタイム情報、申請情報に対する裁判のリアルタイム情報、滞納処分のリアルタイム情報など不動産取引に必要な事前情報に関する事項を公示する。

2.登記・供託の電算システム改善構築の建議
登記・供託の電算システムを次のとおり改善構築する。
①電子登記および電子供託の電算システムが連係連動されるように登記・供託の電算システムを改善構築する。
②登記・供託の電子システムが不動産ワークスペース システムと連係連動されるように電算システムを改善構築する。
③「エスクロー供託・登記電子システム」が第[Ⅰ].3項で説明した進行順序で連係連動されるように供託および登記の電子(電算)システムを構築する。
④取引公示登録、登記完了などの事実をSMSアラート システムによって権利者本人のスマートフォンにリアルタイム自動転送されるようにする。

3.紅彩情報など生体情報を「エスクロー電子供託・登記システム」の電子本人認証手段として登録することを建議。
①電子不動産取引において代金を電子供託手続によって支払と受領をしたり「エスクロー供託・登記電子システム」を活用しようとする者または資格者代理人は法院に出頭して公務員の面前で紅彩などの生体情報を本人認証手段として電子登録して(ただ、資格者代理人の申請代理の場合、本人法院登録を省略して代理人確認の紅彩情報を申請書の添付情報として添付する)電子供託手続に使うように供託規則および電算システムを改正および改善することを建議する。
②資格者代理人の生体情報登録の場合、法院は資格者代理人のノートブック、タブレットPC、携帯電話などモバイル機器に生体情報確認のアプリを設置して資格者代理人のインターネット登記所の接続および電子供託手続にそのモバイル機器の生体情報を使うように供託規則および電算システムを改正および改善することを建議する。

【出典】韓国/法律新聞
https://www.lawtimes.co.kr/Legal-Opinion/Legal-Opinion-View?serial=105892&kind=BA04

こちらの記事もどうぞ:

    None Found

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す