【韓国】大韓法務士協会、主な施策研究・執行担当専門委員任命

image_printPrint

大韓法務士協会、主な施策研究・執行担当専門委員任命
パク・スヨン記者sypark@lawtimes.co.kr 入力:2016-11-03午後4:47:09

20161103_165226

大韓法務士協会(協会長ノ・ヨンソン)は1日協会を助けて主な政策を研究して執行する専門委員4人を1日任命した。

‘企画・広報分野’にキム・テヨン(53・法務士試験11回)法務士、’電算分野’にチェ・ジェフン(41・試験12回)法務士、’公益・会員権益分野’にキム・トンソン(63)法務士、’共済・教育分野’にクォン・ジュンファ(62)法務士などだ。

専門委員は今後協会の主な懸案に対して速かに対応することができるように執行部を補佐することになる。
専門委員制度は去る6月開催された第54回定期総会で会則第29条の4項新設を通じて導入された。

これに伴い、協会は去る8月全国会員たちを対象に専門委員を公開募集した後2016会計年度第4回会長会で専門委員推薦委員会を構成して志願者13人を審査して4人を最終候補者を選定した。
引き続き先月25日理事会在籍人員48人中46名義の書面決議書を受けて専門委員任命が確定した。

【出典】韓国/法律新聞
https://www.lawtimes.co.kr/Legal-News/Legal-News-View?serial=105428&kind=AG

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す