【韓国】個人破産管財人の選定基準など制定

個人破産管財人の選定基準など制定
image_printPrint

個人破産管財人の選定基準など制定
個人破産管財人の選定基準など制定

[ 2013-04-08 ]
個人破産管財人の選定基準など制定
昌原(チャンウォン)地裁

昌原地裁は、来月1日から新しい個人破産手続きを導入することにしたと明らかにした。
これまで例外的に選ばれてきた破産管財人を原則として選任することにした。また、△破産管財人に30万ウォン以下の報酬支払い△破産宣告と財産·所得調査の簡易化△破産宣告後の財産所得と免責不許可を集中的に調査する内容などを盛り込んでいる。

昌原地裁は、このために個人破産管財人の選定や監督基準を制定して、1日から施行に入った。この基準に基づいて管内の弁護士から管財人団を選抜している。選抜された破産管財人は、毎年末の定期評定を受ける。基準点を満たしていなければ、リストから除外する予定である。昌原地裁は”破産管財人の業務忠実性を担保しようとする”と明らかにした。

【出典】韓国/法律新聞
http://www.lawtimes.co.kr/LawNews/News/NewsContents.aspx?serial=73969&kind=LOC

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す