【韓国】オンライン離婚・判決結果予測可能な時代すぐくる

image_printPrint

オンライン離婚・判決結果予測可能な時代すぐくる
‘4次産業革命の挑戦応戦’… 2016国際法律シンポジウム
シン・ジミン記者shinji@lawtimes.co.kr 入力:2016-10-20午後2:33:47

20161023_002752

人工知能(AI)の出現で代表される第4次産業革命は事件当事者が判決結果を予測できるようにして、法廷に行かなくて紛争を解決することができるようにするなど法律分野に大きい変化を持ってくるものと見られる。

大法院が18日ソウル、瑞草洞(ソチョドン)庁舎大会議室で開催した2016国際法律シンポジウム’4次産業革命の挑戦と応戦:司法の未来’に参加した世界大学者はAIが法曹界の地図をどのように変えておくのか、AIの出現がもたらす急激な社会および司法環境変化にどのように対応しなければならないのかなど未来戦略を集中議論した。

4次産業革命はAIとビッグデータなどで代表される新しい技術が人間の職業と労働、社会両極化など既存社会・経済秩序を完全に変える次世代産業革命を意味する。
アメリカの’レックス マキナ(Lex Machina)’は大規模データ処理技術をベースに訴訟の当事者はもちろん弁護士に判決予測を通した訴訟戦略樹立を助けるサービスを提供している。

2006年スタンフォード大ロースクールとこの大学コンピュータ工学課が共同で開発したプロジェクトをベースにベンチャー企業に成長した業者だ。

“AIが法律家の基本的業務
代替する時期遠からず”

レックス マキナは連邦裁判所判事別に関連事件の経験、平均所用時間、関連事件の勝・敗訴率および損害賠償金額の中間値(Median)等の比較表を提供するだけでなく主なローファーム別に関連事件経験と主な役割(原告代理人であったか、被告代理人であったか等)、勝訴率、合意率、勝訴額などの比較表を提供する。

このような基本資料に基づいて顧客の要件により例えば、特定法院の特定判事が特定事件で特定ローファームが代理した事件を受け持つ場合、各数値の予想値など無尽蔵な多様な組み合わせの比較表を作って直観的に把握できる図表等で提供する。

企業と弁護士はこのような情報を特定原告が従来の知的財産権関連訴訟で勝訴確率がどうだったのか、特定法官が似た事例をどんな方法で判決したのか、特定ローファームが関連分野事件で全般的にどんな勝・敗訴率を記録したのかなどを評価するのに利用することによって個別事件で訴訟や合意を進めることが合理的なのか可否を判断するのに使うことができる。

世界最初の紛争解決オンライン プラットホームである’セレクトバイザー’は使用者がプラットホームに接続して個人情報を入力して相手方と対話を通じて紛争解決に必要な内容を定めれば法律専門家の検討はもちろん法的拘束力がある合意等の決定や判決まで受けられるように提供している。

離婚事件1件を解決するのに1000ユーロ(私たちのお金125万ウォン)未満がかかり時間は3ヶ月程度がかかる。
1年前開発されたセレクトバイザーはオランダで商用化されたし、カナダ ブリティッシュコロンビア州と英国にも進出している。
現在までこのプラットホームを通じて離婚したカップルは600組に達して3000人が離婚訴訟を進行中だ。
だが、相変らず限界もある。

レックスマキナは独自の判断と予測よりは膨大な統計を分析して方向性を提示するのにさらに重点を置いていて、セレクトバイザーやはり技術に人間法律専門家のサービス提供が結びついた形態だ。
現在までは法律家を代えるより法律家業務の効率性を企てて新しい司法サービス接近フレームを創造したことに留まっているわけだ。

“司法府が感受性と洞察力を
備えた均衡者役割をしなければ”

しかし多くの専門家たちはAIが法律家の基本的な業務である分析と予測業務を代替できる時期が遠くなかったと展望している。
個別紛争結果の予測だけでなくローファームの運営とマーケティング、リクルーティング、内部資源分配などの問題も画期的に解決してくれるという評価まで出てくる。

4次産業革命概念を主に主張したクラウス シュバプ世界経済フォーラム会長はこのような変化が成功するには司法府と法の役割が重要だと強調した。
この日シンポジウムで基調演説したシュバプ会長は”企業はあまりにも速い速度で動いて国際法とグローバル社会の色々な理論はこれ以上これに耐えられることができなくなった”として”企業と政府、国民、司法府が協業を通じて関連原則を構築してこそ4次産業革命を成功裏に経験できるだろう”と強調した。

シンポジウムに参加したヤン・スンテ大法院長も4次産業革命とAI時代が追い立てる変化の中で司法府が感受性と洞察力を備えた均衡者役割をするべきでAIに任せることはできない固有の役割・分野が何であるか繰り返し悩まなければなければならないと強調した。

ヤン大法院長は”一部専門家たちは4次産業革命で最も多い衝撃を受ける分野の一つとして法曹界を挙げている”として”司法府は時代の流れを正確に読むことができる細心な感受性が要求されるという点で社会が変化する方向を予想することができるように洞察力を備えることが大変重要だ”と話した。

この日シンポジウムにはシュバプ会長をはじめとしてオレン エチオニアラン人工知能研究所長とフレデリック レドロ アメリカ ウィリアム・アンド・メアリー大ロースクール教授、レックス マキナの設立者であるジョシュア・ウォーカー博士、ペク・カンシン(47・司法研修院23期)国連カンボジア クメールルージュ戦犯裁判所(ECCC)裁判官など世界的大学者が参加して4次産業革命以後司法の未来を議論した。

【出典】韓国/法律新聞
https://www.lawtimes.co.kr/Legal-News/Legal-News-View?serial=103914&kind=AA

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す