【韓国】“不動産電子契約システム関連特典疑惑ある”

image_printPrint

“不動産電子契約システム関連特典疑惑ある”
法務士など1452人監査院に公益監査請求
ソン・ヒョンス記者boysoo@lawtimes.co.kr 入力:2016-08-04午後4:02:03

20160805_235135

国土交通部がモデル事業中である不動産電子契約システムの活性化のために業務協約を結んだ法務法人に特典を提供したという疑惑を法務士業界が提起して出た。
だが、国土部は業務協約を希望する法人は誰でも該当事業に参加できるとし特典はなかったと対抗している。

‘国土交通部電子契約システム改善法務士対策委員会(委員長キム・ウジョン)’は国土部がA法務法人と電子契約システム活性化のための業務協約を締結する過程で独占的な地位を提供して前官僚待遇特典があったとし法務士など1,452人名義で’国土交通部電子契約システム関連特典・前官僚待遇疑惑’に対する公益監査請求書を先月28日監査院に提出した。

腐敗防止および国民権益委員会の設置と運営に関する法律第72条は19才以上の国民は公共機関の事務処理が法令違反または腐敗行為によって公益を顕著に害する場合、大統領令に定める一定の数(300人)以上の国民の連署により監査院に監査を請求することができるように規定している。

これらは監査請求書で”国土部は業務協約を結んだA法務法人を通じるだけで登記手数料割引を受けることができると各種言論に広報をしている”として”特定私企業の独占的地位を保障して市場をかく乱させて電子契約システムを通した電子登記過程で特定業者が競争優位に立てられる端緒を提供しているのは事実上特典に違わない”と主張した。
また”A法務法人は電子契約システム担当部署である国土部不動産産業課出身の前職公務員が所属している”として”これは政府の官僚マフィア清算努力に真っ向から反する”とした。

国土部は去る6月不動産電子契約システム活性化のためにA法務法人、韓国貿易情報通信などと業務協約を締結した。
不動産電子契約システムを通じて契約を締結した者がA法務法人を通じて電子登記を申請すれば登記手数料を30%割引する内容も含まれた。

だが、国土部は特典ではないとしながらこれらの主張を一蹴した。
国土部関係者は”国土部は不動産電子契約システムを活性化するために色々な方案を悩んだしその結果電子契約システムを利用した国民の登記手数料を割引する方法を用意した”として”色々な機関と議論をしたが協議過程で困難を経験してA法務法人と業務協約を結んだだけ特定業者に独占的な特典を与えたのではない”と釈明した。

また”A法務法人を始め先月29日にはB法務法人など3個のローファームと法務代理人業務協約を追加で締結した”として”法務代理人の幅を拡大するために参加を希望するローファームなどをずっと探していて業務協約を希望する法人はいつでも参加することができる”と付け加えた。

A法務法人関係者も”以前から登記業務を主に遂行してきたので国土部の電子登記に関心を持った”として”業務協約を結ぼうとする業者を探すという話を聞いて国土部に先に協約提案をしたことであるだけで独占特典はなかった”と明らかにした。
引き続き”今後希望企業等と追加で協約を結ぶことができると聞いたので物理的にも独占や専管特典はありえない”と強調した。

電子契約システムは不動産統合データベース(DB)で売渡人と 買受人などが売物件情報を得て合意を結ぶのはもちろん残金納付、不動産取引契約申告、検認、転入届、確定日時、各種税金納付など関連業務皆をオンラインで処理できる制度だ。

不動産取引のために大法院、国税庁、金融決済院、国土部などを経なければならなかった手続きが一つで統合されるものだ。
利用者は公認証明書と携帯電話本人確認手順を踏んでスマートフォンまたは、タブレットPCを利用して電子書類形態ですべての業務を処理することができる。

【出典】韓国/法律新聞
https://www.lawtimes.co.kr/Legal-News/Legal-News-View?serial=102241&kind=AE&key=

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す