【韓国】法務部、来年に’人工知能(AI)対話形生活法律知識サービス’

image_printPrint

法務部、来年に’人工知能(AI)対話形生活法律知識サービス’
パク・ミヨン記者mypark@lawtimes.co.kr 入力:2016-07-22午前10:45:04

20160724_215803

来年から国民誰でもパーソナルコンピュータ(PC)とスマートフォン等で人工知能(AI)を基盤とする双方向対話形生活法律知識サービスを受けることになる。

法務部は今年の年末までAI基盤対話形生活法律知識サービス インフラを構築して来年から対国民サービスに出る計画だと21日明らかにした。
日常生活にAI技術を適用する政府の創造ビタミン プロジェクトの一環だ。

AI基盤対話形生活法律知識サービスは大法院判例と大韓法律救助公団相談事例、法制処生活法令情報など各種法律情報を収集してデータベース(DB)を作った後,このDBをベースに生活法律相談などを提供する。

ビッグデーター解析で国民が関心を持っている生活法律の類型と頻度を分類した後利用者の優先順位によりカテゴリーを分けて運営する方式だ。
法務部は国民生活と密接で法律サービス要求が高い△不動産賃貸のため△賃金△解雇分野を優先的に選別して初めてのサービスを提供して次第に領域を広めていく予定だ。
既存の法律情報サービスが検索などで一方的な情報伝達だけが可能だったとすれば,このサービスは双方向式コミュニケーションで利用者により正確で速かに情報を提供することが特徴だ。

利用者はAIと相談など対話を通じて必要な法律情報を得る。
PCとスマートパッド、スマートフォンなどを活用して文字などで相談が可能だ。

法務部は事前に多様な質問形態をAIに入力しておいて、国民が理解し難い法律用語と生活法律教育資料はカードニュースなどマルチメディア コンテンツを活用する計画だ。
法務部はこのような対話形生活法律知識自動返事サービスの他にも民間サービスと連係したウェブサイトを構築する一方民間ソーシャルネットワークサービス(SNS)との連係も推進する。
サービス提供チャネルの多角化でアクセシビリティを高めるということだ。

民間法律サービス活性化のために開放型アプリケーションプログラミングインターフェース(API,Application Program Interface)も提供する計画だ。
対話形生活法律DBとマルチメディア生活法律教育コンテンツDBなども民間に公開する。

法務部関係者は”サービスが開通すれば国民がいつどこでも容易で便利にPCとスマートフォンを利用して法律情報を得ることができること”としながら”公共法律サービス拡大で不必要な法律紛争を減少させて国民生活の安定性が高まることを期待する”と話した。

【出典】韓国/法律新聞
https://www.lawtimes.co.kr/Legal-News/Legal-News-View?serial=102067&kind=AD

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す