【韓国】不動産登記簿公示機能の強化、不動産詐欺消えるのか?

image_printPrint

不動産登記簿公示機能の強化、不動産詐欺消えるのか?
入力:2016.05.16 17:08:01修正:2016.05.16 17:08:02
【出典】韓国/京郷新聞
http://news.khan.co.kr/kh_news/khan_art_view.html?artid=201605161708018&code=940100

“不動産物権の得失変更前過程に対する透明性を高めて、情報非対称にともなう国民の不安を解消して各種不動産関連事故と紛争を予防して社会的費用減少に寄与するだろう。
最近大法院行政処が来年から‘不動産安全取引統合支援システム’の施行予告にともなう不動産法律専門家の見解だ。
‘不動産安全取引統合支援システム’施行以後に予想される不動産取引業者の注意点などを法務法人ポスン釜山(プサン)事務所のペ・ギョンミン弁護士に聞いた。

20160517_101758

Q.
不動産買主の立場で変わるシステムを通じて得ることができる利点は何か

ペ・ギョンミン弁護士:現在のシステムでは専門家でない限り一つの不動産情報を確認するような場合が多かった。
今回のサービスの基盤が構築されれば不動産買主も登記だけで所有権・担保・仮登記など権利設定、登記中・取引情報、確定日付・転入世帯、税金滞納など債務事項、権利者身分および権限など必要な多くの情報を簡単に得ることができる。

Q.
不動産詐欺および二重売買というのは

ペ弁護士:まず、最もありふれているように見ることができる不動産詐欺は市価をだまして高額の相場差益を得る行為、不動産に設定されて仮登記・抵当権などを隠して取引したり実所有権者と登記簿上所有権者が違う場合などがある。
この中で取引の相手方が最も難しいと考える問題が正に不動産二重売買だ。
二重売買というのは不動産所有者が売買・贈与などを理由として第1買主と契約を締結した後に第2買主と新しく契約を締結して登記移転まで終えた場合を意味する。

Q.
不動産二重売買にまきこまれた第1買主が保護されることができる方向はないか。

ペ弁護士:不動産二重売買で第2買主が第1売買を知っていて第2売買を誘導するなど積極的に加担したという例外的理由がないならば原則的に第2買主との契約と所有権移転登記は有効だ。
それゆえ第1買主は売主に代位して第2買主に登記抹消を請求できなくて売主に債務不履行による契約の解除と損害賠償の責任だけを求めることができる。
もし例外的に第2売買が無効になるならば売主は第2買主に所有権移転登記抹消請求権を行使することができる。
それで第1買主はこれを代位して第2買主に登記の抹消を手に入れることができて、売主名義に登記が回復すれば第1買主はこれを再び受け継ぐことができる。

Q.
今後不動産取引時の留意事項は?

ペ弁護士:先立って政府が明らかにした‘各種不動産関連事故および紛争を予防する’という抱負とは違ってシステムが改善されても相変らず不動産二重売買などの問題は発生するものと見られる。
登記簿上必須情報確認が容易になっても相変らず大多数の国民は登記簿だけで権利変動関係を正確に知ることが難しいので関連分野の法律専門家を通じて不動産必須情報を確認することが二重売買などの紛争を防止できる方法だ。
特に高額の不動産は二重売買や欺瞞的な憂慮が大きくて契約前後の時期に別途の債権関係がなかったのか、所有権移転・担保物権が設定されはしなかったのかなどを綿密に検討して適正相場、滞納情報を几帳面に確認するほどの法律専門家の助言を受けるのを推奨する。

<助言:法務法人ポスン釜山(プサン)事務所ペ・ギョンミン弁護士>

【出典】韓国/京郷新聞
http://news.khan.co.kr/kh_news/khan_art_view.html?artid=201605161708018&code=940100

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す