【韓国】人工知能(AI),法律サービスにすでに登場

image_printPrint

人工知能(AI),法律サービスにすでに登場
米法律諮問会社、IBMの’ワトソン’基盤で商用化段階
チャン・ヘジン記者core@lawtimes.co.kr 入力:2016-03-17午後2:05:33

20160319_003215

グーグル ディップマインドが開発した人工知能(AI)囲碁プログラムであるアルファ碁とイ・セドル9段の世紀の囲碁対決を契機に人工知能に対する関心が高まっているなかで国内外法曹界で変化の風が激しく吹いている。

法律情報をリサーチするプログラムと判決予測システム、ビッグデータ処理マシンなど人工知能が結ばれたシステムがすでに開発されて使われていたり開発が進行している。
このような技術を集大成した’人工知能法曹人’誕生が可能だという観測も出てくる。

15日法曹界などによれば国内外法律サービス市場に最近人工知能を利用した多様な新しい形態のサービスが導入されて活用されている。
アメリカではディスカバリー(discovery、証拠開始)分野などでローファーム ジュニア弁護士が主に遂行する文書レビューをコンピュータが代るソフトウェアおよびサービス売り上げが持続的に増加している。

訴状や申請書を自動で作成するオンライン サービスレベルで注目するほどの成長の勢いを見せて実用性を立証している。
代表的にアメリカの知能型法律諮問会社であるロスインテリジェンスはIBMの人工知能’ワトソン(watson)’を基盤で対話形法律業務を提供している。
このサービスは単純にキーワード探索結果を羅列する水準の既存法律情報検索システムと違い利用者が日常の対話体で質問をすれば質問と関連性が高い法律的返事と共に判例など根拠資料を提供する。

ブラックストン ディスカバリーは人工知能とピクテイト技法を利用したヒューリスティックサーチ技術をサービスしている。
2012年広がったサムスンとアップルの世紀の特許訴訟でもこの技術が使われた。

法律分析器業ピスカルノートはアメリカ議会と政府データに人工知能技術を接木させて立法と法令関連情報を企業の政府政策担当者にリアルタイムで提供する。
連邦政府と州政府のすべての法案と規制はもちろん上下院議員の影響力情報まで知ることが出来て、上程された法案の議会通過の可能性まで予測した正確度が94%に達すると伝えられている。

アメリカ大ローファームと保険会社相当数がこのシステムの顧客だ。
国内でも人工知能を組み合わせた法律サービス開発が真っ最中だ。
インテレコン メタ研究所(代表イム・ヨンイク弁護士)が代表的だ。

この研究所は2011年現職弁護士と人工知能専門家たちで研究チームを設けて昨年末知能型法律情報システムである’アイリス(i-LIS)’を開発するのに成功した。
来年にベータサービスが実施される。
だが、このような人工知能の急速な発達は憂慮もかもし出している。

人間の専有物だった法律専門職域が人工知能によって足早く代替される可能性を排除しにくいためだ。
特に個別事件に既存法理や判例を検索・適用して諮問する典型的な法律業務から人工知能による代替が起きて弁護士職域が一番最初に人工知能開発の影響力を受けることと観測される。

総合法律情報サイト ロエンビの代表を過ごしたアン・キスン(46・司法研修院27期)弁護士は”人工知能技術がしばらくは弁護士がより効果的に業務を遂行するように助ける補助の役割に留まるだろうが、遠からず部分的に弁護士を代えることになること”としながら”法律分野は業務の主な手段でテキストになった文書を使うという点でかえって他の分野に比べて人工知能技術が導入されることに容易な側面がある”と話した。

彼は”文書に対する人工知能技術の活用は文書で意味ある情報を抽出したり要約する能力、望む文書を捜し出す能力、文書を自動で作成する能力など大きく三つに分かれるのにこれと直間接的に関連した法律家の役割と業務から最も大きく変わっていくだろう”と展望した。

実際に英国オックスフォード大が2013年発表した研究(Frey and Osborne,The Future of Employment)によれば、人工知能の発達にともなうコンピュータ利用オートメーションによって消える確率は法律事務職が94%、裁判所速記士が50%で非常に高いと調査された。
裁判研究官は41%、判事も40%も高く占われた。

イム・ヨンイク(46・41期)インテレコン代表は”職業がなくなるという概念よりは再構成されて進化すること”としながら”フォークレーンができれば既存労働者は働き口を失うがフォークレーンに関連した新しいマーケットが生じて流通構造から全部変わって新しい働き口に拡大再創出されるのと同じこと”と説明した。

法曹人が人工知能に対してより深い関心を持って活用技術を備えるのも新しい競争力になることができるという助言も出てくる。

IT専門家であるチェ・ソンホ(36・42期)ビット代表弁護士は”証券業界ではコンピュータが人よりましだという前提下に株式を売り買いする時コンピュータが直接諮問をする’ロボオドゥバイジョ’サービスを活用している”として”弁護士業界でも近い将来人工知能活用能力が弁護士の力量を判断する定規になるだろう”とした。

【出典】韓国/法律新聞
https://www.lawtimes.co.kr/Legal-News/Legal-News-View?Serial=99241&kind=AE

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す