【韓国】法律第11732号後見登記に関する法律(2013.4.5.制定、2013.7.1.施行)

法律第11732号後見登記に関する法律(2013.4.5.制定、2013.7.1.施行)
image_printPrint

法律第11732号後見登記に関する法律(2013.4.5.制定、2013.7.1.施行)
法律第11732号後見登記に関する法律(2013.4.5.制定、2013.7.1.施行)

法律第11732号後見登記に関する法律(2013.4.5.制定、2013.7.1.施行)
2013-04-05
法律第11732.pdf
法律第11732号後見登記に関する法律(韓国語)

国会で議決された後見登記に関する法律をこれに対し公布する。
大統領パク・クネ(印)
2013年4月5日
国務総理チョン・ホンウォン
国務委員法務部長官 ファン・ギョウアン
◎法律第11732号
後見登記に関する法律
[本文省略]
付則
この法は2013年7月1日から施行する。
◇制定理由
現行禁治産・限定治産制度を成年後見制に拡大・改編する内容で「民法」が改正(法律第10429号、2011.3.7.公布、2013.7.1.施行)されることにより後見と関連した代理権、同意権および取消権などの範囲がより詳細に決まると予想される。
これに伴い、本人または、後見人が法律行為をする時後見開始審判で決まった各権限の範囲を証明することができるようにして本人または、後見人と取引する相手方がその内容を正確に知ることが出来るように成年後見などに関する新しい公示方法で後見登記制度を導入してその登記事項と登記手続きなどを規定しようとするということだ。
◇主要内容
가.
後見登記の管轄(案第4条)
後見登記事務の効率性と専門性を確保するために後見の開始、後見人選任・解任など後見に関する審判業務を管轄している家庭法院が後見審判業務と密接な関連がある後見登記事務まで管轄するようにする。
나.
後見登記事務の処理(案第8条)
1)管轄家庭法院に勤める後見登記官にとって電算情報処理組織を利用して後見登記事務を処理するようにして、後見登記官が電算情報処理組織によって登記事務を処理した時には後見登記官の識別符号を記録するようにする一方、後見登記官などはその職務遂行中知るようになった後見登記に関する秘密を漏洩できないようにする。
2)電算情報処理を通じて登記事務の迅速性と効率性を期して、識別符号を通じて責任所在が明確になると同時に、身分情報の不当な利用禁止を通じて後見登記事務の公正性を確保することができると期待される。
다.
後見登記簿(案第11条)
1)後見登記簿は被成年後見人などの各個人別に区分して作成するようにして、大法院規則に決める場所に保管・管理するようにする。
2)登記簿編成の基本単位に関する原則で後見登記簿を人別に作成する人的編成主義を採択することによって登録番号付与など実務上の必要に応じると同時に取引安全保護にも尽くすと期待される。
라.
登記事項証明書の発行および登記申請書などの閲覧(案第15条から第17条まで)
1)登記事項証明書の発行または、登記申請書などの閲覧を請求できる者を被成年後見人などとその配偶者または、成年後見人などに限定して、私生活の秘密侵害など不当な目的によったことが明らかな場合、発行を拒否することができるようにする。
2)後見登記記録に対する接近を許容するものの、発行請求権者などを厳格に制限することによって取引安全の保護と被成年後見人などの私生活保護間の調和を企てる。
마.
成年後見などに関する記録事項(案第25条および第26条)
1)改正「民法」においては法院が成年後見人などの代理権や同意権などの行事範囲を具体的に決めるようにするなど本人と成年後見人等間の関係を具体的に規律しているので、現在の家族関係登録簿に記載される事項のように後見が開始されたという程度の簡単な情報だけでは新しい後見制度にともなう公示の役割を期待することに困る。
2)後見登記簿に記録する事項を成年後見などの場合と後見契約の場合で分けて詳しく並べて後見に関する全般的な事項を公示させることで被成年後見人などの保護と取引安全の保護間の調和を企てる。
바.
登記電算情報資料の利用等(案第41条)
後見登記簿に記録された事項に関する電算情報資料を利用しようとする者は関係中央行政機関の長の審査を経て法院行政処長の承認を受けるようにするなど登記電算情報資料の利用に関する手続要件を厳格に規定して、登記電算情報資料を承認を受けた目的以外の用途で使うのを禁止する。
사.
罰則(案第42条)
後見登記官等が後見登記に関する秘密を漏洩する行為、偽りなど不正な方法で登記事項証明書を発給を受ける行為および提供された登記電算情報資料を承認を受けた目的以外の用途で使う行為などを処罰するようにする。
<法制処提供>
※改正文(門)本文は付けることのPDF資料を参考にして下さい。

【出典】大韓法務士協会ホームページ
http://www.kjaa.or.kr/home/sub.asp?m_id=3&s_id=3&div=VIEW&Number=725

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す