【韓国】不動産電子契約システム開発にともなう協会の立場

image_printPrint

2015-06-25
不動産電子契約システム開発にともなう協会の立場

(出典:韓国公認仲介士協会ホームページ http://www.kar.or.kr/pnews/noticeview.asp?notice=1389)

国土交通部は6月24日付報道資料を通じて既存の紙契約の代わりにオンラインなどで契約を締結する形態などの「不動産取引統合支援システム構築事業」(1段階電子契約システム)開発に着手し、来年1月瑞草(ソチョ)地域試験運営および2017年からは全国的に施行に入る計画だと明らかにしました。

また、国土交通部が推進中の不動産電子契約システム(不動産取引統合支援システム構築)と関連して多くの会員たちが仲介事務所に訪問なくともいつ・どこででも電子的(公認認証またはタブレットPCによるデジタル署名方式)で契約が締結されるという内容の言論報道が相次いで不動産仲介業系の業権侵害およびさらに仲介事務所存廃危機まで憂慮する嘆願が発生しています。

協会は不動産取引電子契約システムと関連して3月31日と6月19日国土交通部に送った公文書では
△電子契約書の運営主体協会移管
△不動産関連情報(相場等)の情報提供主体協会移管
△電子契約書の開業公認仲介士専用システムで明文化要望
△協会取引情報網K-RENとの連係などを要請したことがあります。

今後協会は不動産電子契約書システムと関連して進行される事項は会員皆さんに透明に公開する計画であり、会員皆さんが憂慮する業権侵害など会員被害が発生しないように強力に対応する計画であることをお知らせします。

一方一部では協会会務に対する確認されなかった内容を基に協会と会員葛藤を助長する無分別な内容が流布していて会員たちがたくさん問い合わせする内容を中心に協会の立場をお知らせします。

□言論記事などを見れば今後仲介事務所を(全く)訪問しなくても不動産取引が可能なように推進されるのではないのかに対する憂慮

-現在の国土部が推進中の不動産電子契約システムは不動産取引の安全およびシステムの安定的定着のために開業公認仲介士を通した仲介取引時にだけ電子契約システムを使われて、義務的に使わなければならないのではない(国土部報道資料(15.6.24) 9ページ参照)。

-また、不動産の安全な取引のために不動産専門家である開業公認仲介士が仲介して契約を締結する事案に対しても取引事故が発生している状況ですべての取引手続きが非対面でオンライン上だけで契約がなされるようにするのは非現実的であり取引事故などに対する十分な検討が先行しなければならない事案である(付け加えて言論の報道内容と題名が読者と視聴者の関心を引いて、電子契約で便宜が増大するということにだけ焦点が合わされた多少刺激的な語彙を選択して記事が作成されて一部混乱をそそのかしている)。

□まず開業公認仲介士を通じて運営した後2~3年間運営結果電子契約システムが安定的に定着すれば当事者間直取引にも利用することができるように推進中ならば、結局直取引が陽性化されるのではないのかに対する憂慮

-協会は不動産取引電子契約システムと関連して3月31日と6月19日国土交通部に送った公文書をはじめとして何回も関係者面談等を通して電子契約書の開業公認仲介士専用システムで明文化することなどを繰り返し促したことがある。
今後直取引を可能にするシステム開発に対しては業権侵害が発生しないように強力に対応する計画である。

-また、国土部が推進している不動産電子契約システムは開業公認仲介士の協力なしでは活性化することができないこと開業公認仲介士が中心となったシステムが構築されるように国土交通部に強力に要求する計画である。

□国土部報道資料内容中仲介士協会・瑞草(ソチョ)区庁がモデル事業に参加することに合意(3.17)したという報道内容に対して

-協会は3月16日不動産電子契約書構築のためのテスト地域選定会議に推進状況と内容を把握するために参加したことがあるが参加することで合意したというのは事実と違う

-また、協会は3月31日国土交通部に送った公文書で電子契約書の開業公認仲介士専用システムで明文化することなどを要請したことがあって、協会の要請事項が反映されない場合ソウル、瑞草区(ソチョグ)モデル事業などに対して協力が難しいという立場を伝達したことがある。

□法務士協会の深刻な反発で電子登記制度はなかったことに決めたと理解しているという主張に対して

-国土交通部は不動産電子契約を基に、2017年司法府(法院)登記システムと連係する計画であって、‘法務士協会の反発で電子登記制度はなかったことに決めたと理解している’という主張は事実と違う。
(国土部報道資料(15.6.24) 7ページ参照)。

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す