【韓国】法務士法一部改正法律案国会本会議通過!

image_printPrint

以下は、大韓法務士協会ホームページに掲載の内容です。

法務士法一部改正法律案国会本会議通過!

1.私たちの協会は法務士の専門性向上と業務の改善など競争力強化を通じて国民の多様な法律需要を充足して良質の法律サービスを提供することができるように法務士制度を改善しようと法務士法の全般的な改正を大法院に建議したことがあります。

2.これに対し大法院は法務士法の一部改正法律案を用意して法務部に送付し、2015.11.10.国会に提出(議案番号第1917663号)されました。
その後私たちの協会は関連機関と緊密に協議して上の改正法律案の国会通過のために会員皆さんと共に心血を注いできて、ついに2016.1.8.国会本会議を通過(施行日:公布後6ヶ月経過した日から施行)することになりました。

3.私たちの協会は上のように国会で通過した「法務士法」改正法律案に関する内容(添付参照)を協会ホームページ公示事項に掲載するので参考にしてください。
(※今後上の改正された法務士法に関して解説書などを配付する予定です。)

上の改正法律案主要内容

-法務士の業務に付随する事務の処理根拠規定新設
-法務士合同事務所設置要件緩和
-法務士の損害賠償の責任保障措置強化
-法務士合同法人の名称変更および設立要件緩和、法務士法人(有限)制度導入
-法務士報酬超過および報酬他名目の金品受領に対する刑事処罰規定削除
-その他の内容は添付参照
(※上の改正法律案は国会ホームページ議案情報システムでも確認できます。)

添付:法務士法一部改正法律(案)(議案番号1917663号) [仮訳者注:省略しています。]

【出典】韓国/法律新聞
大韓法務士協会ホームページ
http://www.kjaa.or.kr/home/

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す