【韓国】法院’確定日時’オンラインで受ける

image_printPrint

法院’確定日時’オンラインで受ける
ホン・セミ記者sayme@lawtimes.co.kr入力:2015-09-14午後1:27:08

20150918_224601

今後住宅賃貸借伝貰・家賃保証金確定日時をインターネットで簡単に受けることができるようになった。
大法院は14日から大法院インターネット登記所(http://www.iros.go.kr)を通じてオンライン確定日時付与サービスを提供すると明らかにした。

確定日時というのは法院と洞役場で実際の契約日付けに完全な法的効力を付与する法律上の日をいう。
賃借人が住宅賃貸借保護法の保護を受けるためには転入届、実際の居住、確定日時が必要だ。
転入届は政府民願ポータル嘆願24(www.minwon.go.kr)でも可能だが確定日時を受けるためには賃貸借契約書を持参して該当洞役場に直接訪問しなければならない煩わしさがあった。

今後住宅賃借人は法院や登記所を訪問する必要なくインターネット登記所に接続して紙文書をスキャンして提出すればオンラインで確定日時を与えられることになる。
オンライン確定日時は受付当日付与が原則で、退勤時間以後や週末に受け取られた場合には次の営業日に付与される。
申請人は携帯電話文字メッセージやEメールを通じて処理結果を通知されることができる。

オンライン確定日時が付与された賃貸借契約書は大法院インターネット登記所に電子的に保管されていつでも確認することができる。
賃借人・賃貸人はもちろん弁護士、法務士、公認仲介士も利用することができる。
利用料は訪問申請より100ウォン 安価で500ウォンで携帯電話・クレジットカード決済も可能だ。

大法院関係者は”登記記録と確定日付簿を一度に管理することによって不動産取引安全にも役に立つ”と話した。

【出典】韓国/法律新聞
https://www.lawtimes.co.kr/Legal-News/Legal-News-View?Serial=95500&kind=AA

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

コメントを残す