【韓国】不動産登記制度の改善方案に関する研究

image_printPrint

【韓国】不動産登記制度の改善方案に関する研究

表記研究論文が、韓国/大法院/司法政策研究院のホームページで公開されています。

20150823_153150

紹介文は以下のとおりです。

『不動産登記制度の改善方案に関する研究』報告書では登記に関する新しい制度導入を模索するよりは、不動産取引の安全性を高めるために取引当事者間の情報非対称問題を解消する方案を検討しました。

情報非対称問題を解消して不動産取引の安全を高めるためにこの間判例で認める説明明示義務で一歩進んで不動産登記業務を担当する法院が不動産取引をしようとする者にあらかじめ不動産権利関係等に関する情報を提供する方案を提案しました。

また、所有権移転登記を終える時まで不安定な地位にある買主を保護するために、当事者の申請で売買契約に関する情報を受付・管理して対外的に売買契約締結事実を知らせる情報提供方案を提案しました(これと共に既存仮登記制度を活用する改善方案も提示しました)。

そして不実登記に対して責任所在を明確にして真実の登記申請が担保されるように、登記原因証書を電子的に永久保管することも提案しました。

急変して莫大な情報が蓄積される現代の知識情報社会で効率的不動産権利情報の管理・提供を通じて国民便宜により一層符合するように多様な意見を提案しました。

※詳しい事項は添付ファイルを参考にしてください。
※既発刊された研究報告書パンフレットの受領を希望される方は研究報告書の題名、受けられる方の氏名と住所、連絡先を書いて送れば着払いで配送します。
(司法政策研究員電話:031-920-3586,Eメール:jpriga100@scourt.go.kr、ファックス:031-920-3584)
—- 紹介文はここまで

なお、アジア法制度研究会では、本研究論文を全文仮訳をしました。
今後研究会等で利用していきます。

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す