空間情報の構築及び管理等に関する法律[施行2015.7.1.] [法律第11943号、2013.7.17.,一部改正]

image_printPrint

空間情報の構築及び管理等に関する法律
[施行2015.7.1.] [法律第11943号、2013.7.17.,一部改正]
【制・改正理由】
[一部改正]
◇改正理由
国民が不動産に関する行政サービスを総合的に利用することができるようにするために不動産総合公簿の管理・運営根拠を用意して、地籍関連政策力量を強化するために中央地籍委員会の機能を拡大して、国民の財産権と密接な関連がある地上境界点登録簿作成の法的根拠を用意する一方、測量技術者に測量技術資格取得者の他に地籍、地図製作、図画等多様な分野の技術資格取得者が含まれているという点を考慮して現行測量協会を測量協会と地籍協会で明確に区分しようとするということだ。
◇主要内容
가.土地台帳、林野台帳、地籍図、建築物台帳等現行不動産に関連した18の種類の公的公簿を一つの公簿に統合した不動産総合公簿を管理・運営できる根拠を用意する((案)第2条第19号の3及び第76条の2から第76条の5まで新設、(案)付則第5条)。
나.地籍測量適否審査に限定された中央地籍委員会の機能を地籍関連政策開発及び業務改善に関する事項、地籍技術者に対する制裁処分等に拡大する((案)第28条第1項)。
다.測量技術者と測量業者は測量協会を、地籍技術者と地籍測量業者は地籍協会を設立することができるようにして、協会を設立するために必要な発起人の数を定めるなど協会設立手続きを明確に規定する((案)第56条)。
라.地籍所管庁は土地の移動により地上境界を新しく定めた場合、土地の所在、地番、境界点座標等を登録した地上境界点登録簿を作成・管理するようにする((案)第65条新設)。
<法制処提供>

【出典】韓国/国家法令情報センター
http://law.go.kr/main.html

こちらの記事もどうぞ:

    None Found

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す