不動産登記ミニセミナー(ご案内)観光日程確定

image_printPrint

不動産登記ミニセミナー開催(ご案内)

20150511_132507

☆趣旨:
日本の登記制度、今後の物権法改正を考える上で役立つと考える韓国の登記制度(韓国は効力要件主義をとっています)について、韓国の法院公務員教育院長クヨンモ教授を迎えて、ミニセミナーを開催します。
なお、来年1月開催の日韓学術交流は同教授を迎えてのセミナーを計画しており、7月はその入門編となります。

クヨンモ教授の紹介:
ソウル大学校法学科、同大学院法学博士
ソウル中央地方裁判所登記課長
裁判所行政処司法登記局事務官、課長、審議官
法院公務員教育院不動産登記実務担当教授
現、法院公務員教育院長
[著書]
「不動産登記の眞正性保障研究」
2014.4.發行、372頁、景仁文化社刊

上記書を紹介いただいた金佑鍾法務士の推薦の言葉:
「韓国登記実務家として不動産登記実務第1冊、第2冊、第3冊を著述するなど、実務と民法の物権法理論を兼ね備えた学者であり実務家として、韓国では一番じゃないかと思います。上本は韓国の物権法理論と不動産登記実務を連結しています。同時に日本の不動産登記制度とも連結をさせています。」

上記書の「はじめに、目次」部分の仮訳版をダウンロードいただけます。
Download

☆セミナー日程:

2015(平成27)年7月18日(土)
14:00 移動及び教授表敬訪問、ミニセミナー
17:00 移動及び夕食会(参加者:日本側参加者、韓国法務士、クヨンモ教授も出席いただけるようです。)

☆集合:
2015(平成27)年7月18日(土)
14:00 世宗(セジョン)ホテル(韓国、ソウル特別市、明洞(ミョンドン))のロビー集合

☆セミナー参加費:無料
共益費:金5万円(設営、通訳、お土産等費用、なお18日夕食代は含みません)-観光は含まれません。
保険:セミナー、観光を含めすべて保険は各自必要に応じてご準備願います。主催者側では準備いたしません。

☆観光:自由参加
19日(日)
今回は、半島西側を南へ下り(貸し切りバス予定)、昔の百済の都である「扶余(プヨ)」泊 「光州」泊
(2015.5.12修正)
ホテルは、詳細が決まればご案内します。予約は各自願います。
扶余と公州の観光
水原で夕食
ソウルへ戻る日帰りツアーです。(確定)

旅行社からの案内

扶余と公州観光+水原で焼肉
*商品名 : 自由自在ツ アー
*参加日 : 7月19日(日)
*参加人数 : 8人
*ご利用の車 : コンビ (乗車人数12人まで)
*時間 : 14時間 (07:00~21:00)
*料金 : 1,480,000ウォン(利用時間が短くなっても14時間料金が適用されますのでご了承ください。) 一人頭20万ウォン徴収(参加者によって増減あり)
*コース : ホテル→扶余と公州の観光→水原で夕食→ソウルホテルにて解散

20日(月)
釜山へ移動(鉄道、高速バス等利用)
釜山から各自帰国———————-> 今回は釜山からの帰国になります、ご注意下さい。
光州観光後、金浦へ移動(国内便を利用)(2015.5.12修正)
金浦から各自帰国(2015.5.12修正)
観光については、詳細をお待ち願います。(2015.5.12修正)
観光費用:詳細が決まればご案内します。(2015.5.12修正)

自由行動、各自空港に移動して帰国

☆全体申込方法:

不動産登記ミニセミナー(2015.7.18、ソウル)参加申込
1.氏名(漢字)
2.氏名(ローマ字)
3.所属(司法書士の方は所属会、大学、会社等、そのまま参加者名簿に記載します)
4.名簿掲載用のメールアドレス(送信されたメールアドレスと同じ場合は記入不要)
5.観光 参加・不参加 の別

以上を長谷川(asiken@e-profession.net)まで、メールでお送り下さい。

☆申込締切日:2015(平成27)年6月28日(日)必着

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す