【韓国】法院、弁護士相手電子訴訟特講

image_printPrint

法院、弁護士相手電子訴訟特講
民事裁判利用率70%…申請事件は30%水準
ホン・セミ記者sayme@lawtimes.co.kr
入力:2015-03-26午後1:48:01

20150327_103352
ファン・ギョンス ソウル中央地方法院事務官が24日ソウル、瑞草洞(ソチョドン)弁護士会館で弁護士400人余りを相手に電子訴訟利用法を説明している。
<写真=ペク・ソンヒョン記者>

ソウル中央地方法院が電子訴訟使用を増やすために弁護士を相手に初めての特講をした。

2010年電子訴訟を導入して5年ぶりに全体民事事件のうち10件中7件を電子受け付けをしているけれど利用率を一層高めようとする意図からだ。

ソウル中央地方法院(院長イ・ソンホ)は23日午後瑞草洞(ソチョドン)弁護士会館でソウル会所属弁護士400人余りが参加した中で’民事本案・保全処分電子訴訟’を主題で’訪問法院特講’を開いた。

法院が管轄地方弁護士会を直接訪問して電子訴訟特講を開いたことは今回が初めてだ。

電子訴訟を利用するための使用者登録方法と訴訟費用納付方法など基礎案内事項から変更箇所などを講義した。

この日講義にはコンピュータ使用が習熟していない中壮年層弁護士がたくさん参加した。

法院は去る2010年4月特許事件に電子訴訟サービスを導入した以後5年間段階別に民事・家事・行政事件に電子訴訟システムを導入した。
以後回生・破産事件にも導入してシステムを着実に拡大してきた。

ソウル中央地方法院が最近発表した資料によれば法院に提起される民事合議裁判中76.1%、民事単独裁判の71.7%が電子訴訟で受け取られている。

だが、相変らずコンピュータ使用や電子訴訟手続きになじむことが出来なかった弁護士の不適応現象が解消されないという指摘があった。

特に申請事件の場合には電子的に受け取られる事件が30.9%に過ぎなかった。
法院は今回の特講のために教材500冊を無料で配布した。

法院関係者は”今回の特講が弁護士に電子訴訟手続き進行にあってなじみと適応力を付与して今後電子訴訟利用活性化および業務効率性向上に大きい役割を果たすことを期待する”と話した。

【出典】韓国/法律新聞
https://www.lawtimes.co.kr/Legal-News/Legal-News-View?Serial=91922&kind=AA

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す