【韓国】電子訴訟の長所積極的に活用しよう

image_printPrint

電子訴訟の長所積極的に活用しよう
入力:2015-03-26午前10:18:15

大法院は2010年4月特許事件に対する電子訴訟サービスを開始して以来5年の間民事、家事・行政、申請、回生・破産事件まで電子訴訟供給区域をずっと拡大したし、2015年3月23日民事執行・非訟事件にまで電子訴訟サービスを導入することによって刑事事件を除いた全訴訟関連分野の電子訴訟サービス体制を完成させた。

電子訴訟は当事者が訴状、準備書面、証拠書類などを電子書類で提出して、法院も判決文や決定文を電子書類で送達して、電子的に期日などを通知できる電算システムを利用した訴訟手続きをいう。

紙基盤訴訟手続によれば、法定期限が差し迫った場合、郵便提出が困難で、当事者が管轄法院まで直接訪ねてきて訴訟書類を提出しなければならなかったし、訴訟関係人が記録閲覧・謄写申請をした場合、法院が該当記録を検討しているところならば閲覧・謄写のために相当な時間を待機しなければならなかった。

訴訟記録を紙で作る代わりに電子記録化が成り立てば電子送達、電子的閲覧が可能で複数の主体が同時に記録閲覧、検討、管理が可能になる。

紙基盤の訴訟手続に内在した場所的・時間的制約を克服して、訴訟記録の閲覧・謄写など記録確認の便宜性を増大させた電子訴訟は現在の拡散一路にあるという。

2014年を基準として全体民事本案法院のうち87%相当が電子訴訟業務を担当していて、民事本案事件の電子訴訟提訴比率は53.5%を占めている現実がこのような傾向を反映している。

我が国は世界銀行事業環境評価(The World Bank? Doing Business)中法的紛争解決(Enforcing Contracts)分野で2012年から2014年まで3年連続2位をしたが、特に電子訴訟は世界的に認められた効率的な司法システムの原動力として評価されている。

裁判を受ける当事者および裁く法院に全部便利で効率的な司法システムである電子訴訟はまた、事実審充実化の原動力になると期待する。

電子法廷で電子記録を共有して争点と証拠を現出して裁判進行および実質的な口頭弁論を活性化するならば法廷中心の充実した事実審理を実現することができるだろう。

交通事故関連事件で事故現場を現場検証しなくても該当場所に対する人工衛星撮影写真(航空ビュー)、距離を撮影したポータブルサービス写真資料(ロードビューなど)等を活用して事故現場の場所的特性を把握するなど核心的な証拠に対する電子的共有およびマルチメディア機器活用を通した証拠調べ活性化は実質的な証拠調べを実現して事実審裁判の満足度を高められるはずだ。

電子訴訟の導入を越えてその長所を最大化できる多様な付加的司法システム開発に積極的に取り組まなければならない時点だ。

【出典】韓国/法律新聞
https://www.lawtimes.co.kr/Legal-Opinion/Legal-Opinion-View.aspx?serial=91966&kind=BA01

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す