【韓国】性暴行被害者人的事項分からなくても供託することができるように

image_printPrint

性暴行被害者人的事項分からなくても供託することができるように
大法院、供託規則改正案立法予告
“被害者私生活保護・被告人利益調和するように反映”
名前・住所記載の代わりに事件番号だけ分かれば可能なように
供託金利子は既存0.5%から0.1%に引き下げ推進
シン・ソヨン記者ssy@lawtimes.co.kr
入力:2015-02-26午後4:14:24

20150226_220551

犯罪の加害者である被告人に住所や電話番号など被害者の具体的な人的事項を教えなくても事件番号だけ分かれば供託ができるように供託規則が改正される。

今までは被告人が被害者の名前と住所などを確認した後に供託をするようにしたがそのために性暴行被害などに対する報復犯罪とプライバシーの侵害が広がるという指摘が絶えなかった。

裁判所供託金は民事・刑事事件で当事者間に望む賠償金や示談金金額に差があって債権者または被害者が直ちに金を受け取るのを断る場合、事件が解決されて金額が確定する時まで裁判所にまかせるお金だ。

大法院は去る13日供託規則一部改正案を立法予告して3月27日まで意見を取りまとめた後、大法院判事会議で規則を改正して7月6日から施行する予定だと明らかにした。

改正案は第80条に’刑事供託’を新設した。
刑事供託は訴訟継続中である刑事裁判の被告人または、その代理人が被害者の氏名・住所・住民登録番号など人的事項が公開されなくてこれを過失なしで知らない場合に被供託者の人的事項を具体的に特定しないで被害者を被供託者として供託することをいう。

刑事供託には第20条の供託で記載事項の例外を認定、被供託者の氏名・住所・住民登録番号などを記載しなくても良いようにした。
代わりにこのような被供託者の人的事項の他に該当刑事事件が係属中である法院と事件番号、控訴状に記載されている被害者を特定できる名称を記載できるようにした。

また、供託原因事実は被害発生時点と債務の性質だけを特定して記載するようにして、被供託者の住所を釈明する添付書面は刑事裁判が係属中であることを証明する書面と控訴状写本で代る。

また、供託書を受けた供託官は被供託者に供託通知書を発送する時被供託者の名誉や私生活の秘密を侵害する恐れがある内容は削除することができる。
被供託者の人的事項と名誉、私生活の秘密を侵害する恐れがある内容は被供託者の同意がない限り閲覧もできなくなる。

大法院は”刑事裁判で被害者の私生活保護および被害回復と被告人の利益を調和するように反映するために被害者の人的情報を知らなくても供託ができるように規則を改正することにした”と明らかにした。

一方大法院は供託金の利子に関する規則を一部改正して供託金利子を既存0.5%から0.1%に下げる方案を立法予告した。
3月14日まで意見を受けて大法院判事会議を経て来る4月1日から施行する予定だ。

【出典】韓国/法律新聞
https://www.lawtimes.co.kr/Legal-News/Legal-News-View?Serial=91294&kind=AA01

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す