【韓国】受託料もクレジットカード時代…法務士86%加盟’最高’

image_printPrint

受託料もクレジットカード時代…法務士86%加盟’最高’
法曹など専門職域で最高加盟率…弁護士も82.8%
建築会社・鑑定評価士は50%未満…国税庁、脱税など監視強化
オンラインニュースチーム入力:2015-02-23午後3:47:15

20150225_160742

法曹界を含んで各分野専門職従事者の中でクレジットカード加盟率が最も高い職域は法務士であることが分かった。

23日オ・ジェセ新しい政治民主連合議員(企画財政委・忠北(チュンブク)、清州(チョンジュ)興徳(フンドク)区)が国税庁から受けた資料によれば法務士の86.4%がクレジットカード加盟店に加入したと調査された。

法務士10人中9人に肉迫する大多数が顧客が各種登記手数料と報酬など受託料をクレジットカードで決済することができるように便宜を提供しているわけだ。

法務士のクレジットカード加盟店加入率は調査対象専門職従事者の平均値である68.2%より18.2%ポイントが高い数値だ。

弁護士も10人の中で8人を越える82.8%がクレジットカード加盟店に加入していて二番目に高い加盟率を見せた。
引き続き税理士77.5%、会計士73.6%、弁理士71.6%順だった。
建築会社と鑑定評価士はそれぞれ43.5%と35.9%の低調な加盟率を見せて相反した姿を見せた。

一方専門職従事者のクレジットカード加盟店加入率は去る2008年74.6%を記録した以後着実に下落して2012年初めて70%線が崩れて69%を記録した。
今年も昨年68.4%に比べて0.2%ポイントが落ちたと調査された。

国税庁は専門職従事者のクレジットカード加盟店加入拡大のために事業者と関連団体などを対象に個別案内と行政指導を通じて加盟店加入を積極的に誘導する方針だ。
また、正当な事由なしに加盟店に加入しなかった事業者に対しては脱税の有無などに対する監視活動を強化する計画だ。

【出典】韓国/法律新聞
https://www.lawtimes.co.kr/Legal-News/Legal-News-View?Serial=91249&kind=AE

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す