【韓国】未来部、法務部・国土部・統計庁ICT解決に乗り出す

image_printPrint

未来部、法務部・国土部・統計庁ICT解決に乗り出す
(ソウル=ニュース1)キム・ヒョンア記者| 2014.05.21 02:59:41送稿

未来創造科学部は2014年国家情報化コンサルティング課題として法務部、国土交通部、統計庁などの3個の課題を選定して本格的な支援に出ると21日明らかにした。

国家情報化コンサルティング事業は政府各部署が情報化事業を推進する過程で発生する情報通信新技術適用方案、具体的な事業計画樹立など要求事項に対してオーダーメード型技術支援を行う事業だ。

未来部は専門知識、事業経験、他部署との連係、情報保護など高度な専門性が要求される情報化事業と関連して各部署の困難を解決しようと毎年国家情報化コンサルティング事業を展開して各部署を支援している。

今回選ばれた3個の課題は法務部の犯罪兆候事前通知システム開発方案樹立、国土部の不動産取引統合支援システム構築のための実行方案樹立、統計庁の国民体感型統計生産システム構築方案樹立などだ。

法務部の犯罪兆候事前通知システムは電子足輪対象者の過去犯罪手法などを現在の生活パターンとリアルタイムで比較して犯罪を先制的に予防するシステムだ。
未来部はこれと関連して先進事例研究および技術分析、犯罪パターン解析アルゴリズム提示、詳細な構築ロードマップ樹立などの課題を遂行する予定だ。

売買、決済、納税、登記など不動産取引のすべての過程をワンストップで処理する’不動産取引統合支援システム’に対しては不動産取引関連現行システム調査・分析、不動産取引統合支援システム実現可能性解析および推進ロードマップ樹立などを支援する。

統計庁はオンライン取引など国民生活と密接なリアルタイム情報を活用して国民体感型統計生産システムを構築する予定だ。
未来部は国家情報化コンサルティング事業を通じて国家承認統計のうち国民体感度を高めることができる統計対象選定、国民が体感する統計生産システム構築方案樹立および法・制度改善法案用意などの課題を助ける。

これらの課題は社会各領域に及ぼす波及効果が大きいだけに今後部署協議を経て創造ビタミン プロジェクトで管理される計画だ。

【出典】韓国/KOREA NEWS1
http://news1.kr/articles/?1685454

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す