【韓国】6396個の協同組合

image_printPrint

6396個の協同組合
オ・ヨンナ法務士(全国女性法務士会副会長)
入力:2015-02-16午後2:29:42

20150216_211020
2012年12月に協同組合基本法が施行された以後2015年1月末まで我が国で作られた協同組合は6396個に達する。
2年余りの期間に起こった驚くべき成長に全世界が韓国の協同組合を注目している。

200年余りの協同組合の歴史を持つ英国も今まで作られた協同組合は2千個余り程度であるので我が国の協同組合の熱気がどれくらい熱いことかを察することができる。
このような協同組合に対する熱烈な呼応はどこに起因するのか。

私たちの社会の切迫するということにその答えを探すことができる。
階層間格差が深刻化されて中産層が崩れて自営業が崖っぷちに追い込まれている現実で多くの人々が協同組合を突破口と感じることになったのだ。
しかしこのように作られた協同組合の運営が順調なものだけではない。

協同組合には葛藤が基本という話まで生じている、1人1票による民主主義を実現するという民主的な組織の活動経験を持つ人が私たちの社会にどれ程になるのか?学生時代に、軍隊で、職場で正しくなされた民主主義を経験するのはよくあることであったか?このような社会的土壌で”協同組合はあなた方の組織だから民主的に運営してみてください”といった時試行錯誤を体験するだろうというものはある程度予見されたことだった。

筆者はソウル市協同組合相談支援センターの諮問委員で活動して協同組合の運営に対する多くの質問に接することになった。
各単位の役割を定めること、細部手続きなど組織を実際に運営しようとすれば基本的なことから行き詰まる場合が多かったしこのような困難が法務諮問につながったのだ。

ソウル市協同組合相談支援センターでは協同組合運営で法務支援が重要だという事実を悟って全国女性法務士会と業務協約を締結して法務支援団を構成して法務支援需要に対処している。

協同組合の原理に合う民主的運営には手続法の専門家であり実務家である法務士が多くの役割を果たすことができる。
私たちの社会経済的代案に浮上している協同組合が法務士の助力に力づけられていて硬い成長をしていくことができることを願う。

【出典】韓国/法律新聞
https://www.lawtimes.co.kr/Legal-Opinion/Legal-Opinion-View?Serial=91171&kind=BA02

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す