【韓国】必須弁護士弁論主義導入‘民事訴訟法改正法律案’公聴会開催

image_printPrint

必須弁護士弁論主義導入‘民事訴訟法改正法律案’公聴会開催
弁護士強制主義、誰のための制度か?
法務士大挙出席、’違憲的発想積極的に反対…経実連、裁判所-弁護士協会癒着提起して反対の立場!
20150122_225353
去る12月19日(金)午前10時、国会議員会館第2セミナー室で大韓弁護士協会(協会長ウィ・チョルファン、以下‘弁協’)とセヌリ党ユン・サンヒョン国会議員室の共同主催で‘民事訴訟法改正案’公聴会(上の写真)が開催された。

「民事訴訟法」改正案はユン・サンヒョン議員が代表発議したもので、民事上告審で弁護士選任を強制する‘弁護士強制主義’の導入を骨子としている。
法案の具体的な内容を調べれば、大法院に上告を提起した上告人は弁護士を訴訟代理人に選任しなければ訴訟行為をすることができなくて、弁護士を選任しなかった場合、裁判長が弁護士選任を命令し、これに対し従わなければ上告状を却下するようになっている。

万一、上告人が弁護士を選任する資力がない場合には、刑事事件と同じように国庫で報酬が支給される国選代理人選任を大法院に申し込み、または「法律救助法」による法律救助法人に公選代理人選任を申し込めるようにした。

この日公聴会は弁護士だけでなく、法務士と弁理士および市民団体など多くの傍聴客が関心を持って参加した中で、パク・キオク弁護士協会事業理事の司会でキム・ヨンフン弁護士協会事務総長の主題発表に続きチェ・ウジン法院行政処司法支援審議官、キム・サムス経済正義実践市民連合政治司法チーム長、チョン・ビョンソ中央大学校法学専門大学院教授、オ・スンヨン弁護士協会法律救助財団事務次長がそれぞれ賛否討論を行った。

大韓法務士協会(協会長イム・ジェホン)ではこの間法制研究所傘下関連T/Fチームで研究してきた結果に基づいて制度導入に積極的な反対意思を表明する印刷物と反駁文を準備、公聴会に参加した人々を対象に配布した。

法務士は民事訴訟に関与する主要な法律資格者である法務士を公聴会で排除するのは不当だとし抗議、主催側から発言権を勝ち取り、法制研究委員であるファン・ジョンス法務士が代表発言者に出て弁護士強制主義導入の不当性に対していちいち論駁することによって多くの傍聴客から拍手喝采を受けたりもした。

大韓弁理士会でもジン・フンテ事務総長が出席、“現行改正案によれば弁護士強制主義導入で審決の取消し訴訟など弁理士が代理した事件が上告審で弁護士に変わるべきなのに、この時、発生する混乱に対しては悩んだのか?”と尋ねるなど弁護士強制主義を取り巻く法曹職域間の相異なった立場の違いと異見が存在することを見せた。

一方、主催側はこの日討論結果を総合して再び一度討論の場を用意すると宣言して公聴会を終了しようとしたが、“なぜ予定されたフロアー討論を進めないか“や発言機会をくれという傍聴客の荒々しい抗議に直面するなど、今後弁護士強制主義導入を取り巻く職域間摩擦が簡単に収まらないと予想される。(編集部)

【出典】大韓法務士協会「法務士」2015年1月号
[仮訳者注:以下全文はダウンロード(Free)できます。]

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す