【韓国】裁判遅延など特別理由なければ民事証拠幅広く採択

image_printPrint

[ 2014-12-29]
裁判遅延など特別理由なければ民事証拠幅広く採択
大法院、’適正証拠採否実務運営方案’実施

20150105_122942

裁判を過度に遅延させたり相手方または、第三者の権利を侵害する場合でない限り法院が今後民事裁判で原則的に当事者が申請した証拠を幅広く採択することにした。
民事裁判で証拠採否を巡る不満が相当部分しだいになくなるものと見られる。

大法院は29日このように民事裁判で証拠採否に関するガイドラインを入れた’適正証拠採否実務運営方案’を全国一線裁判所に配布した。
配布された実務運営方案は去る7月全国民事法官フォーラムで草案形態として発表されて以後、各級法院の法官と弁護士、民事訴訟法学者などの意見を反映して修正・補完された最終案だ。

実務運営方案は当事者の証拠申請権保障と尊重を前提に、過度な手続き遅延や相手方・第三者の権利侵害など例外的な理由がない限り原則的に申請された証拠を幅広く採択することを提案している。
当事者が証拠申請時法院の証拠採否に対する実質的審査のために証明する事実と趣旨を明らかにすれば、証拠調べの必要性を審査する過程で該当証拠の信憑性が低く見えるという理由だけで必要性を否定しないようにした。

すでに形成された心証と違った内容の主張事実を証明しようとする証拠申請も調査必要性がないことを理由に排斥しないようにした。
ただし控訴審では控訴理由書に新しく申請された証拠と立証趣旨、1審で提出できない理由を記載しなければ手続き遅延の要素をより積極的に考慮して申請された証拠を採択することができないことがあるようにした。

もちろん証拠調べの必要性が手続き遅延や裁判進行阻害程度よりもっと大きければ証拠を採択する。
ここに控訴審での唯一の証拠ならば手続き遅延の要素は考慮しないようにした。
また、再鑑定の場合には既存鑑定の信頼性に疑いがあるならば鑑定人尋問等の解明措置をまず考慮するものの解明措置を通じても疑うほどの理由が残っている時には再鑑定を採択するようにした。

大法院は配布された方案を各級法院の法官が活用することができるように勧告して、来年2月中実務的用参考資料として’的確証拠採否実務運営のための実務便覧’も発刊する予定だ。
また、2015年法官研修科目にも関連内容を含ませて今回のガイドラインが実務に定着できるようにする計画だ。

オンラインニュースチーム
Copyright (c) The LawTimes All rights reserved.

【出典】韓国/法律新聞
https://www.lawtimes.co.kr/LawNews/News/NewsContents.aspx?serial=89868&kind=AA&page=1

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す