【韓国】大邱慶北法務士会、第2回韓国・日本学術交流会

image_printPrint

[ 2014-07-10]
大邱(テグ)慶北(キョンブク)法務士会、第2回韓国・日本学術交流会

20140710_134119
大邱(テグ)慶北(キョンブク)地方法務士会(会長キムマンチュル)と日本、広島司法書士会(会長末廣浩一郎)は4日大邱(テグ)グランドホテル タイノスティホルで両会会員50人余りが参加した中で‘第2回韓国・日本学術交流会’を開いた(写真)。

チェ・ジンテ大韓法務士協会監査が‘法務士が弁護士法違反で処罰される場合の法理的論評’、イ・グンベ大邱(テグ)慶北(キョンブク)法務士会理事が‘印鑑証明書廃止が法務士業務に及ぼした影響’を主題で発表した。

高尾昌二副会長など2人が‘司法書士事務員の指導監督権’等について発表した。
クォン・ヨンハ韓国成年後見支援本部大邱(テグ)慶北(キョンブク)支部長など4人が討論を行った。

Copyright (c) The LawTimes All rights reserved.

【出典】韓国/法律新聞
https://www.lawtimes.co.kr/LawNews/News/NewsContents.aspx?serial=85881&kind=AE

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す