【韓国】”免許証(法務士の登録)の登録免許税”加算税制度のご案内

image_printPrint

 

“免許証(法務士の登録)の登録免許税”加算税制度のご案内
2013.1.31
 “免許の登録免許税”加算税制度施行のご案内。hwp

「免許の登録免許税」加算税制度施行のご案内
“免許証(法務士の登録)の登録免許税”加算税制度のご案内

1。登録免許税の加算税のご案内

   法務士は、免許証書(法務士登録証)が発行される前に、必ず消費税を納付するものとし、納付義務を果たさない場合、2013。1。1から地方税法第35条の規定による加算税が賦課さをお知らせいたします(申告不誠実加算税:20〜40%、納付不誠実加算税:1日0.03%)。

 

2。登録免許税

 가。納付対象

   (1)新たに免許(法務士の登録)を受けたり、その免許証を変更(法務士合同事務所の設置と法務士合同法人設立またはその解散)を受ける者

       (地方税法施行令別表に列挙された免許証に限る)

   (2)登録免許税を賦課する免許の種類と種別(地方税法施行令別表)

       – 第3種:法務士合同事務所の設置と法務士合同法人設立

      – 第4種:法務士事務所の設置

  나。免許税率(2013年1月現在)

区分 第1種 第2種 第3種 第4種 第5種
人口50万以上の市 45,000W 36,000W 27,000W 18,000W 12,000W
その他の市 30,000W 22,500W 15,000W 10,000W 5,000W
18,000W 12,000W 8,000W 6,000W 3,000W

다。納付方法

     – 納税地管轄自治体の税務部門での請求書を発行されてから、金融機関に納付

      – 上記のタックスインターネット届け。支払いサービス利用

          → http://www.wetax.go.kr アクセス

             インターネット申告納付>電子申告納付>登録免許税(免許分)

【出典:大韓法務士協会ホームページ】http://www.kjaa.or.kr/public_html/news/news.asp?div=VIEW&Number=1149&gubun=gong

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

1 thought on “【韓国】”免許証(法務士の登録)の登録免許税”加算税制度のご案内

  1. hwpファイルは、専用のソフトを導入しなければ閲覧できないと思います。
    アンドロイドスマホでは、表示できます。

    なお、PDFファイルに変換したものを添付しておきます。

コメントを残す