【韓国】’外国ローファーム協会’浮かび上がった…韓国法律市場に及ぼす影響は

image_printPrint

[ 2014-06-19]
‘外国ローファーム協会’浮かび上がった…韓国法律市場に及ぼす影響は
‘外国法自問法律事務所協会’公式スタート

英国とアメリカのグローバル ローファームが大挙参加する‘外国法諮問法律事務所協会’が公式スタートした。
2年余り先に迫った韓国法律市場最終開放と関連した核心の争点に対して強い影響を吹き込むと見られて成り行きが注目される。

外国法諮問法律事務所協会は去る13日ソウル、中区(チュング)、獎忠洞(チャンチュンドン)、ソウルクラブで創立総会を開いた。
総会には我が国に進出した英・米大型ローファーム19社の中で参加意思を明らかにしなかったベーカーアンドマッケンジー(Baker & McKenzie)を除いた18社韓国事務所代表弁護士が参加した。

20140622_232232
我が国に進出した英・米グローバル ローファーム大多数が参加した外国法諮問法律事務所協会がスタートした。
今後法律市場最終開放など外国ローファーム共通の利害関係がかかった事案に対して少なくない影響力を行使するものと見られる。
写真は去る13日開かれた外国法自問法律事務所協会創立総会の姿.
前列左側からイ・ウォンジョ会長、パク・ジンウォン顧問、キム・ビョンス副会長.

世界最大ローファームである英国ローファーム DLA Piperのイ・ウォンジョ代表が会長を、Sheppard,Mullin,Richter & Hampton(アメリカ)のキム・ビョンス代表が副会長を引き受けた。
O’Melveny & Myers(アメリカ)のパク・ジンウォン代表とMcDermott Will & Emery(アメリカ)のイ・インヨン代表が顧問に選任された。

外国ローファームは2016年7月英国を含んだヨーロッパ連合(EU)と2017年3月アメリカにそれぞれ予定された韓国法律市場最終開放を控えて共通の利害関係がかかった問題に対して同じ声を出すために水面下作業を繰り広げた。
これに伴い、外国法諮問法律事務所協会は3段階最終開放の核心の争点に浮び上がった国内ローファームと外国ローファームの合作事業体(ジョイントベンチャーJoint Venture)の持分率など懸案に対する外国ローファーム間の内部意見を調整してその結果が法務部などわが政府の政策に実質的に反映されるように圧迫すると展望される。

韓国進出19個のローファーム中18個のローファーム参加
法律市場最終開放控えて影響力予告
会長に英国DLA Piperのイ・ウォンジョ代表

イ会長は“2012年英・米ローファームが公式に韓国に始めて着手を踏み出したのもすでに2年になる”として“共同体としての親睦企画とともに外国ローファームの共同関心事に対する議論を活性化するために協会を作った”と話した。

引き続き“法律市場開放主務部署である法務部はもちろん大韓弁護士協会など韓国弁護士団体らと外国ローファームが意見を調整したり議論する内容が多いが疎通の窓口が単一化されなくて不便が多いという声もあった”として“協会がすぐにこのような問題を解決する窓口になるだろう”と強調した。
だが、協会の初めての歩みは多少意外であった。

協会はこの日創立総会で初めての事業で‘社会貢献委員会(CSR Committee)’を組織して委員長にClifford Chanceのキム・ヒョンソク代表を任命した。
法律市場開放懸案より韓国国民のための奉仕に注意を置いたのだ。
協会が巨大外国ローファームの韓国法律市場攻略のための代弁者または、外国ローファームだけのための強力な利益団体で機能するという負担になる視線を避けるためのものと見られる。

イ会長は“外国ローファームといえば無条件色眼鏡で見る方々が相変らず多い”として“私たちも大韓民国社会の一員として韓国クライアントの利益のために最善を尽くしている”と話した。

それと共に“先立って法律市場を開放した日本を見れば外国弁護士(外国法事務弁護士)が東京弁護士会などに会員に加入して現地弁護士らと同じように各種行事に参加して日本法曹界に協力している”としながら“私たちも外国法諮問士で大韓弁協に全部登録されているが日本のように名実共に協力関係を構築していけばという風”といった。
協会は現在の外国ローファーム3~4社が韓国進出のために法務部で審査を受けていて近い将来会員会社が20社以上に増えると見通している。

キム・ジェホン記者nov@lawtimes.co.kr

【出典】韓国/法律新聞
https://www.lawtimes.co.kr/LawNews/News/NewsContents.aspx?serial=85271&kind=AE&page=1

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す