【韓国】大韓地籍公社、’韓国国土情報公社’に生まれ変わる

image_printPrint

大韓地籍公社、’韓国国土情報公社’に生まれ変わる

20140603_142232
[LX大韓地籍公社が社名を韓国国土情報公社に変える。/提供=LX大韓地籍公社]

[スポーツソウルドットコムlソン・ヒョングン記者] LX大韓地籍公社が韓国国土情報公社に社名を変更する。
一緒に関連事業分野を改編して測量・地籍等関連分野の公的機能を強化する。
27日国土交通部は国家空間情報基本法、空間情報産業振興法、空間情報構築および管理等に関する法律等3個の改正案が閣僚会議で最終議決されたと明らかにした。

今回の改正案は新しい成長動力で重要なことは空間情報産業を創造経済の核心産業で育成するために用意された。
空間情報分野は2008年に行政安全部の地籍業務と海洋水産部の水路調査業務が当時国土海洋部に移管されて一つに統合された。
だが、測量・地籍業務領域に対する関連主体間利害対立等の問題があった。

これに対し昨年4月から測量協会、地籍協会、地籍公社、地方自治体、学会、研究機関などの関係者でタスクフォース(TF)を構成して測量・地籍の根本的融合を通した空間情報産業発展方案を用意してきたしその結実で今回の発表が出てきたとのことが国土部の説明だ。

まず国家空間情報政策基本計画の樹立と国家空間情報政策を審議・調整する国家空間情報委員会の構成・運営に関する事項を規定する’国家空間情報に関する法律’を’国家空間情報基本法’と変更する。

地籍公社が遂行する地籍測量業務中民間が遂行できる分野(数値測量)は段階的に業務を減らしていって技術開発、標準化、海外進出支援等公的機能を強化する予定だ。

地籍公社の設置根拠も従来’測量・水路調査および地籍に関する法律’を’国家空間情報基本法’に移管する。
国家空間情報を誰でも簡単に活用して新しいビジネスを創り出せるように支援するために設立した’空間情報産業振興院’を法定機関に切り替える。

これと共に測量協会と地籍協会を統合して’空間情報産業協会’に変える。
既存’測量・水路調査および地籍に関する法律’は測量と水路調査の基準・手続きと地籍公簿の管理等に関する内容を定めるものであるから名称を’空間情報の構築および管理等に関する法律’に変更する。

測量業者の資本金、経営実態、業務遂行実績等測量業情報に対する総合管理体系を構築・運営できることになった。

国土部関係者は”今回の法律改正で地籍工事の公的機能が拡大して空間情報分野関連主導者が融合のシナジーを発揮することによって空間情報産業の競争力が高まって成長動力が一層強化されるだろう”と明らかにした。

shg@sportsseouli.com
ビズフォーカスbizfocus@sportsseouli.com

【出典】韓国/ビズフォーカス
http://news.sportsseouli.com/read/economy/1372991.htm

こちらの記事もどうぞ:

    None Found

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す