日本、法曹年3000人削減目標放棄

image_printPrint

20130318_105722
[ 2013-03-18 ]
日本、法曹年3000人削減目標放棄

日本が年間司法試験合格者数を3000人に引き上げ法曹を大量排出するという目標を事実上廃棄した。
17日現地メディアによると、日本の”法曹養成制度検討会議”は、近い将来”司法試験合格者数を年間3000人に拡大する目標は現実的ではなくあきらめなければならない”という意見を政府に提出する予定だ。また、今後は具体的な数値目標を設定しない計画だ。

日本政府は、2000年”法曹人を大挙養成し、社会のあちこちに法律サービスの手が及ぶようにしたい”としながら、2010年までに司法試験合格者数を年間3000人程度に引き上げるという目標を立てた。以後、韓国より5年前、2004年ロースクール制度を導入した。 しかし、70校以上のロースクールが乱立し、ロースクール卒業生の司法試験合格率が昨年は25.1%まで下落した。

ここに法律市場の不況まで重なり、ロースクール志願者が急減して危機を迎えている。このため、統廃合したり、閉鎖するロースクールも増えている。昨年には、有名大学である明治学院大が2013年からロースクール新入生募集を停止することを決定した。2011年には姫路獨協大が新入生募集を停止しており、桐蔭横浜大と大宮法科大学院大学が統合した。2012年ロースクール志願者は1万8446人で、2004年ロースクール発足当時の4分の1に過ぎなかった。 一方、ロースクールの本山である米国でも今年9月に新学期を控えて36年ぶりに志願者数最低を記録してよろめいている。名門であるノースウェスタン大ロースクールは、志願者の減少に定員を縮小するまでした。

オンラインニュースチーム

【出典】韓国/法律新聞
http://www.lawtimes.co.kr/LawNews/News/NewsContents.aspx?serial=73301&kind=AH&page=1

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す